東京・秋葉原のe-sports SQUAREにて、e-sportsアイドルとして“Sun Fairies”がデビュー。発表会の模様をお届けする。

●e-sports SQUARE発アイドル!

 東京・秋葉原のe-sports SQUAREにて、e-sportsアイドルとして“Sun Fairies”がデビュー。2016年1月15日に行われた発表会の模様をお届けする。

 Sun Fairiesは、アイドルやタレントのマネージメント事業を手掛けるケースエンターテイメントと、東京の秋葉原に店舗を構えるe-sports専用施設のe-sports SQUAREによるプロジェクト。アイドルとして活動しつつ、女性e-sportsチームとして本格的に活動していくというものだ。

▲メンバー勢揃い。左から水藤れいか、ももみやあずさ、赤羽結衣、佐々木ささみ、桜木みずも。

 発表会では、e-sports SQUARE店長の本田亮輔氏からSun Fairiesの活動についての説明が行われた。

▲コンセプトは“e-sportsと歌と踊りで世界で熱狂と感動を生み出す”。そのためにも、まずは中国で開催されている女性チーム限定の大会の優勝を目指すという。
▲約15年のあいだe-sports業界に携わってきた本田氏は、「これまで数多くのアイドルゲーマーが成功しないという現実を見てきた」とコメント。Sun Fairiesを「アスリートアイドルとして育てていきたい」と熱く語った。
▲e-sports活動を疎かにすると、写真撮影時の立ち位置や給与などを冷遇すると発表。e-sports活動7:アイドル活動3という評価割合で、活動が見られなかった場合は最悪クビになるという。
▲週間スケジュールを見ると、かなりの練習量。なお、今後は各大会に参加したり、Twitch.TVなどでの配信を予定しているとのこと。

 まずは『League of Legends』(以下、『LoL』)を集中的にプレイさせ、“ゲームを上手くなるコツ”を掴ませたいと本田氏。そのため、当面は『LoL』を集中的に練習するという。ちなみに彼女たちの監督となるのは、『LoL』の国内プロリーグである“LJL”に出場経験のある土井“yunn”優希氏。元プロゲーマーの指導のもと、“ガチのe-sportsアイドル”を育成しようという意気込みが伝わってくる。

●Sun Fairiesの初陣となるエキシビジョンマッチも開催

 発表会では、『LoL』を使ったゲストチームとのエキシビジョンマッチも行われた。Sun Fairiesにとっては、これが初陣だ。

▲エキシビジョンマッチでは、マルチプロゲーミングチームのDetonatioN Gamingに所属するMaa氏が実況を担当。

 昨年末から『LoL』の練習に明け暮れていたというメンバーだったが、やはりまだまだ慣れていない様子で、序盤からゲストチームに押されるという展開に。試合中盤までに大きく差をつけられたものの、そこからの集団戦では、Sun Fairiesのメンバーが上手く連携してスキルを続けざまにヒットさせ、相手を倒すといった場面も見られた。結果こそSun Fairiesの敗北だったが、このままyunn氏の指導のもとで練習を重ねれば、大会でも好成績を残せるのではないだろうか? と思わせる内容だった。

 最後に、彼女たちのデビュー曲『Ugly tHe WorLd/Sun Fairies』が披露され、発表会は終了となった。

 通常のアイドルとは一線を画す活動予定の本気っぷりを見ると、昨今のe-sports人気に乗っかった単なるアイドルというわけではなさそうだ。催されたエキシビジョンマッチを見るかぎりでは、まだまだ発展途上といった感じだが、今後の活動しだいでは、e-sportsの発展に大きく貢献してくれる可能性も。ぜひとも彼女たちの成長に期待したい。

▲最後の挨拶では、エキシビジョンマッチ敗北の悔しさで涙をにじませる姿も。