トークにライブにボリュームたっぷりの“大アクアプラス祭 -20th Anniversary-”をリポート

アクアプラスの設立20周年を記念したファン感謝祭イベント“大アクアプラス祭 -20th Anniversary-”が、2015年11月28日(土)~29日(日)の2日間、東京・両国国技館にて開催された。

●4時間を超えるファン感謝祭!!

 アクアプラスの設立20周年を記念したファン感謝祭イベント“大アクアプラス祭 -20th Anniversary-”が、2015年11月28日(土)~29日(日)の2日間、東京・両国国技館にて開催された。

 2009年にディファ有明で開催された“アクアプラスフェスタ2009”以来、約6年ぶりとなる本イベントには、『うたわれるもの』シリーズ、『ToHeart(トゥハート)』シリーズ、『ティアーズ・トゥ・ティアラ』シリーズ、『WHITE ALBUM(ホワイトアルバム)』シリーズを始めとした、数あるアクアプラス作品にゆかりのある豪華声優陣&アーティストが多数参加。両日ともに“トークステージ”と“ライブステージ”の2部構成で行われ、計4時間超えのアツい“祭”となった。ここでは、初日(2015年11月28日)のトークステージの模様を中心に写真多めでリポートしよう。

<出演者>
伊藤 静さん(司会)
佐藤利奈さん(司会)
石井 真さん
小野涼子さん
小暮英麻さん
後藤邑子さん
小山剛志さん
小山力也さん
種田梨沙さん
利根健太朗さん(会場リポート)
生天目仁美さん
平野 綾さん
藤原啓治さん
水樹奈々さん
水島大宙さん
水瀬いのりさん
村田太志さん
柚木涼香さん ※なんと、エルルゥの衣装で登場!
米澤 円さん

●フリーダムなトークステージ

 今回のイベントは映像化 されないということで、出演者のフリーダムな振る舞い&トークに観客の笑いが絶えなかった“トークステージ”。和太鼓による演奏が始まり、まさに“祭”といった雰囲気の中イベントがスタート。司会を務める伊藤さん&佐藤さんの「大アクアプラス祭、開幕ー!」という元気な掛け声とともにひとりずつ出演者が登場し、イベントへの出演が決まったときの心境や意気込みなどを語った。

 最初のコーナーは、利根さんによる場外リポート(VTR)。これは、パンフレット、カレンダー、イベントはっぴなどのグッズや、このみの必殺カレー、アマムニィ、アヴァロンのリンゴ飴などのゲームにちなんだフードが販売されている会場場外に、利根さんみずから足を運んでリポートするというもの。前半のフードリポートでは、アヴァロンのリンゴ飴の大きさを見せるため、自分の顔と比較しながら「僕、顔が大きいのでリンゴ飴が大きく見えないかもしれませんが(笑)」といった軽快なトークを披露。また、アマムニィを自腹で購入させられ、「ふつうにおいしいですね。中のチキンがジューシー!」と、なかなかの食レポを見せてくれた。

 おつぎは、スペシャル生アフレコ“『うたわれるもの 偽りの仮面』DLC”。『うたわれるもの 偽りの仮面』の冒頭と同様に、記憶喪失の青年(ハク)が旅人の少女に助けられ、目を覚ますところから始まるのだが、青年を救ったのはクオンではなく、『ToHeart2(トゥハート2)』シリーズに登場するヒロインのひとり向坂環。自分の名前すら思い出せない青年に、「お姉ちゃんとして、素敵且つかっこいい名前を付けてあげる」ということで、付けた名前は“タカ坊”。「この歳で“坊”はないでしょ」と嫌がる青年に怒った環は、アイアンクローをお見舞い。すると、“GAME OVER”の文字がスクリーンに現れ、青年が目を覚ますところから再び始まった。

 つぎに現れたのは、久寿川ささら(『ToHeart2(トゥハート2)』シリーズ)。「生徒会長ととして、素敵且つかっこいい名前を付けてあげる」とのことで、付けた名前は“貴明”さん。青年=貴明は、前回の経験を活かして名前にツッこまずにいると、新たな展開(ステージ)へ! 旅籠の女将さんに作ってもらったご飯を食べることになるのだが、ささらがいきなり吐血。「もう10年以上前の作品だから、手作り料理を食べられないことを忘れちゃってた」ということで、2度目の“GAME OVER”となった。

 その後、森川由綺&緒方理奈による女どうしの修羅場を一方的に見せつけられたり、北原春希&冬馬かずさのキスシーンが始まるといった怒涛の展開&強制終了(GAME OVER)が続くと、ついにハクオロが登場! 「封印されていてヒマだった」と語るハクオロは、今後の展開をばらそうとしたり、「『うたわれるもの 偽りの仮面』での自分の出番はいつなんだ?」、「どんな風に活躍するんだ?」と、本編では見られないマイペースっぷりを発揮。ハクオロのあまりのマイペースっぷりに、青年はみずから強制終了するのだった。

 川澄綾子さんからのビデオメッセージの後は、“アクアプラス20年を振り返ろう!”のコーナー。村田さん、水島さん、水樹さん、平野さん、生天目さん、小山剛志さん、小暮さん、小野さん、石井さんが参加し、ところどころ伏せられたアクアプラスの年表を穴埋めするというもの。参加者たちの自由な発想(回答)でカオスな年表が完成した。

 完成した年表は以下のとおり。

<年表>※太字が回答
■1994年10月3日、兵庫県伊丹市にゲーム制作会社下川、会社立ち上げるってよ。として設立
■1996年5月、社名をKeyじゃない方へ変更
■1997年、現在の社名「株式会社アクアプラス」へ変更
■1998年10月、東京都豊島区に東京開発室を設立
■2000年6月、本社をどこか大草原へ移転
■2001年11月30日、携帯ゲーム機とにかくおもろいゲーム機発売
■2002年年末、TETSUYA小室を東京都台東区へ移転
■2004年12月28日、「ToHeart2」(PS2)発売
■2006年10月26日、「うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~」(PS2)発売
■2007年4月22日、ディファ有明で「Radio ToHeart2」、「うたわれるものらじお」合同録音イベント「有明海の皆さ~ん!! 公開録音でゆりしー改めメガヘルツであります!!」開催
■2007年12月2日、パシフィコ横浜で「アクアプラスフェスタ2007 IN 横浜」開催
■2008年11月29日、東京厚生年金会館で「AQUAPLUS FESTA&LIVE 2008」開催
■2008年7月17日、「ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地」(PS3)発売
■2009年8月15日、東京ビッグサイトで「アクアプラスちょい フェスタ2009 夏」開催
■2010年6月24日、「ホワイトアルバム -綴られる冬の想い出-」(PS3)発売
■2011年6月22日、「AQUAPAZZA」(PS3)発売
■2012年12月20日、「ホームローン2 幸せの向こう側」(PS3)発売
■2013年10月31日、「ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔」(PS3)発売
■2015年9月24日、「うたわれるもの 偽りの仮面」(PS4/PS3/PS VIta)発売
■2015年11月28日・29日、両国国技館で「大海物語祭」開催

 続いて、利根さんによる場外リポート(VTR)再び。今回は、オシュトルの仮面を装着して物販コーナーを紹介。ポケットマネーで物販コーナーにあるカプセルトイに挑戦するのだが、カプセルが出てこないというハプニングに見舞われて会場は大爆笑! ステージに戻ろうとする利根さんが警備員に止められるというオチもあり、終始笑いの絶えないリポートとなった。

 『うたわれるもの』シリーズに出演しているキャスト陣によるトークコーナー“うたわれるもの 新旧よもやま話”。参加者は、小山力也さん、柚木さん、小山剛志さん、藤原さん、種田さん、水瀬さん、米澤さんの7名。自身が演じるキャラクターについて、無精髭があるキャラクターの役だと安心するという藤原さんは、「ハクの話をいただいたときに、こんなに若い顔のキャラクターなのに自分でいいのかな? と思い、無精髭を足してほしいと頼んだのですが、却下されました」とコメント。ハクの保護者代わりでもあるクオンを演じる種田さんは、自分が思っていたクオンの印象と、実際に演じたときの最初の印象が違ったという。また、「ハクとクオンの関係性についてどう思いますか?」という質問に、ハクオロ役の小山さんとエルルゥ役の柚木さんは、『偽りの仮面』に出演していないので、さっぱりわかりませんときっぱり回答。一度しゃべり出すと、話がすぐ脱線してしまう小山さんと柚木さんのやりとりに、会場は大盛り上がりだった。そして、最後に『うたわれるもの 二人の白皇(ハクオロ)』(記事はこちら)が発表されると、ファンたちは大きな歓声と拍手で応えた。

 “歴代男性キャラクター選抜 キング決定戦!!”では、Webで実施されていたアクアプラス作品に登場する男性キャラクター人気投票の結果が発表された。みごと1位に輝いたキャラクターには、“初代アクアプラスキング”の称号が与えられるほか、オリジナル記念グッズ化されるという。TOP10は以下の通り。

1位:ハクオロ
2位:ハク
3位:オシュトル
4位:アロウン
5位:飯塚武也
6位:ベナウィ
7位:北原春希
8位:ウコン
9位:ココポ(※性別不明)
10位:オボロ

 1位を獲得したハクオロを演じる小山力也さんは、「前作の発売からこんなに時間が経つ中で、皆さんに投票していただけたのがうれしいです。また、出るチャンスがあれば出たいと思っておりますので、そのときはまたよろしくお願いします。」と感謝の気持ちを述べた。ちなみに、イベント2日目の2015年11月29日には、“歴代女性キャラクター選抜 クイーン決定戦!!”が実施。女性キャラクターのTOP10はこのような結果となっている。

1位:冬馬かずさ
2位:小木曽雪菜
3位:緒方理奈
4位:神岸あかり
5位:クオン
6位:森川由綺
7位:エルルゥ
8位:小牧郁乃
9位:向坂環
10位:小牧愛佳

 松岡禎丞さんからのビデオメッセージの後は、スペシャル生アフレコ“まーりゃんの生徒会会長 不在ラジオ”。まーりゃん先輩と草壁優季が、アクアプラス作品のさまざまなキャラクターのお悩みに答えるという内容。「皆にラップを望まれる。どうしたらいいんだ」という悩みを抱えるアルサルに、まーりゃん先輩は「ラップをやらないと呼んでもらえないよ。やるしかないじゃん」とラップを強要。突然のフリにアルサルはみごとなラップを披露した。続いてのゲストはクロウ。「オレもラップやるっす」と、アルサルに負けないラップで会場を沸かせた。おつぎは、フリード。「オレはラップはやらない」と宣言したものの、まーりゃん先輩のムチャブリにラップを初お披露目。会場は笑いの渦に包まれた。