Steamのウィンターセールが開始。来年1月5日未明まで数千タイトルのPCゲームが大セール!

ValveのPCゲーム配信プラットフォームSteamで恒例のウィンターセールが開始。

●ハッピー・ホリデーズ! 俺が俺にクリスマスプレゼント&お年玉!

 ValveのPCゲーム配信プラットフォーム“Steam”で、年末恒例のウィンターセールが開始。来年の正月明け、日本時間の2016年1月5日午前3時まで、さまざまなPCゲームがセール価格で販売される。

 セール対象となっているのは、各国のアワードを受賞した超大作から、クラシックな名作、キラッと光るインディーゲームまで数千タイトル……もあるので紹介しきれるわけもないのだが、冬休みの間に気になっていたタイトルを買って一気にプレイしたり、「気になるけどちょっと高いからセール待ちかな」と保留していたタイトルを回収したり、オススメ作品を表示してくるディスカバリーキューをチェックしてノリで買ってみたりするといいんじゃないだろうか。ディスカバリーキューをチェックすればSteamトレーディングカードも貰えるし、クリスマスの予定がないとか言ってる場合じゃないんだよ! ゲームを遊んで買って積んで遊べ!


 とはいえ初日に目についたタイトルをピックアップしておくと、大作方面ではまず、先日行われたThe Game Awardsのゲーム・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)ほかさまざまな賞を受賞したファンタジーRPG『ウィッチャー3 ワイルドハント』が半額の3040円(日本語入り)。この際なので大型DLCをゲットできるエクスパンションパス付きを買ってもいいだろう(35%オフの5837円)。
 そのほか『グランド・セフト・オートV』(40%オフの4200円)、『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』(33%オフの5628円)といった辺りが前回のオータムセールに引き続いて割引に。オープンワールドRPG『フォールアウト4』はさすがにまだセール価格にはなっていないが、同じベセスダ印の『The Elder Scrolls V: Skyrim』は恒例のワンコイン価格になっている(75%オフの495円)。

 新し目の大作系タイトルだと、オープンワールドアクション『ジャストコーズ3』が日本正式展開前ながら20%オフの5875円。現状では英語版だが、1月21日に日本語がアップデート配信されるそうなので、ひと足先に爆発いっぱいのバカアクションを楽しんでみてはいかがだろうか。一方でFPSシリーズ最新作『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』は25%オフの6399円。こちらも日本語に字幕対応。

 今年大ヒットしたところで行くと、サッカーとレースゲームを足した馬鹿ゲーぶりがウケて全世界トータルで800万本以上売り上げてしまった『ロケットリーグ』が30%オフの1386円。野良でオンライン対戦に参戦しても十分楽しめるし、4本パック(同じく30%オフの4256円)を買って友達にクリスマスプレゼントとして贈りつけ、ダラダラボイスチャットとかしながら一緒に遊ぶのもまたいい感じ。ちなみに日本語があるほか、PS4版とのクロスプラットフォーム対戦にも対応している。

 友達に贈りつけて遊びたい系のタイトルでは、『テラリア』が単品66%オフの333円で4本パックが同じく66%オフの1013円。協力プレイで犯罪遂行するFPS『PAYDAY 2』が75%オフで単品495円(DLCがいろいろ入ったGOTY Editionは1245円)で、4本パックが1520円。ゾンビにドロップキックするのが楽しいオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『Dying Light』が66%オフで単品2067円の4本パック6201円。

 和ゲーアクションに目を向けてみると、『DmC: Devil May Cry』が70%オフの897円で、『Killer is Dead - Nightmare Edition』が80%オフの396円。『戦国無双4-II』の海外PC版『SAMURAI WARRIORS 4-II』は日本語音声英語テキストの内容で、30%オフの3486円。一方『討鬼伝 極』は英題『Toukiden: Kiwami』で出ているものの正式に日本語対応していて50%オフの3240円。

 もちろんインディーゲームも安い。バカ攻城兵器を作る『Besiege』(30%オフの558円)、恐竜とSF世界が合体した奇妙な世界でサバイバルするサンドボックスアクション『ARK: Survival Evolved』(40%オフの1788円)、すぐぶっ壊れるローポリゴンの橋を作る『Poly Bridge』(20%オフの944円)といった最近の定番をチェックしておくのもいいし、リア充が騒ぐパーティー会場を血祭りにあげる今のシーズンにぴったりのステルスゲーム『Party Hard』(50%オフの644円)や、黙々とクルマを組み立てる整備工の兄貴になる『Car Mechanic Simulator 2015』(55%オフの891円)で冬をじっくりと過ごすのもいいだろう。

 もともと安いインディータイトルもさらに安くなっているので、アクションゲーム『Downwell』(33%オフの199円)や、日本語未対応なものの雰囲気がすさまじくいいRPG風のアドベンチャー『Undertale』(20%オフの784円)といった今年の代表作に挙げられるインディーゲームをまだチェックしていない人は、決済前についでにカートに放り込んでみては? それでは皆様、楽しい年末年始をお過ごしください。ハッピー・ホリデーズ&ハッピーゲーミング。