『ブレイブルー セントラルフィクション』2016年1月下旬に大型アップデート! 新たなストーリーやゲームモードを実装

アーケードで好評稼動中の『ブレイブルー セントラルフィクション』の大型アップデート情報をお届け。

●ついに大型アップデートの時期が決定!

 アーケードで好評稼動中の対戦格闘ゲーム『ブレイブルー セントラルフィクション』。その大型アップデートが2016年1月下旬に行われることが明らかになった。このアップデートでは、Act2のストーリーが解放されるほか、“スピードスターモード”の実装、スパーリングモードの拡張など、さまざまな要素が進化する予定だ。なお、キャラクター性能の調整は行われないぞ。それでは、おもなアップデート内容を紹介していこう。

追加キャラクターのナインに、いよいよストーリーが実装!

●アーケードモードAct2の一部を先行公開

Act2 ~ Nightmare Memory ~
この世界の“違和感”に徐々に気付き始めた登場人物たち。
終わりない悲劇を繰り返す“元凶”とは?衝撃的な真実を知ることとなる。

境界に落ち世界の真相を知ったナイン。彼女にとって大切な者、大切な世界を守るため、幾度も悲劇を繰り返すこの世界を“終わらせよう”と画策する。

わけあって六英雄“トリニティ”の精神体とともに行動するジン。“秩序の力”である彼が“蒼”を前にした時、どんな願望(ゆめ)を願うのか。

これまで不干渉主義を貫いてきたアマネだったが、“成り行き”で世界へと干渉し始める。真実に近付いたとき、“傍観者”と“資格者”……アマネは果たしてどちらの役割を果たすのだろうか。

●“スピードスターモード”を新たに搭載

 シリーズ初登場の“スピードスターモード”は、ランダムで登場する敵を制限時間内にすべて倒してクリアーを目指すゲームモード。スコアアタックモードとは異なり、プレイヤーは攻撃を受けても体力ゲージが減ることがない“無敵状態”だが、時間がゼロになるとゲームオーバーになる。なお、制限時間は“オーバードライブ発動”、“アクティブフロウ発動”、“コンボダメージが3000を超える”といった特定のアクションによりどんどん加算されるので、そういった要素を駆使しながら効率よく戦おう!

▲コースは全部で3種類。初心者でもクリアーを目指せるものから上級者でもクリアー困難なものまで幅広い難易度が用意されている。

▲特定のアクションを行うことによって制限時間もどんどん加算されていく。

▲ボーナスキャラが登場したらチャンス! 時間加算が跳ね上がるので特定のアクションを発動させ制限時間を稼ごう。

●かゆいところにも手が届く! COM戦用キャラクターが選択可能に

 本バージョンアップ後は、キャラクターごとのオリジナルストーリーが楽しめる“アーケードモード”、トレーニングができる“スパーリングモード”にて、対COM戦用のキャラクターが選択可能になる。この機能を利用すれば、ナインでスパーリングモードをプレイしながら、途中で乱入されたらラグナで応戦するといったことが可能。ちなみに、対人戦用キャラクターは、最初に選択したキャラクターから変更できないぞ。

▲乱入時には自キャラで応戦!

COM戦用キャラクター設定方法
 アーケードモードAct選択画面か、スパーリングモードの選択画面でスタートボタンを押すと対COM戦用のキャラクターを設定可能になる。

▲初期状態はセレクト画面で選択したキャラクターが表示されるが、スタートボタンを押せばCOM戦用キャラクターを変更できる。

▲キャラクターを設定すると自分が選択した対COM戦用キャラが表示される。

●既存モードもさらにパワーアップ!

■スコアアタックモードにコースDが登場
 対戦中に得られるスコアを稼いで高得点を競う“スコアアタックモード”に、新たに“コースD”の追加が決定。ランキングは同じ難易度であれば全コース共有のため、自分が一番高得点を出しやすいコースを選択しよう!

■スパーリングモードが拡張!
 相手キャラクターを選択し、一定時間COMを相手にして練習を行うことができるスパーリングモードに、コマンドリストの表示やリスタートボタンなどが追加。オプションメニュー機能が家庭用さながらに拡張され、練習効率が大幅に向上しているぞ。

【拡張要素の一部を紹介】
■コマンドリストの表示(自分側・相手側設定可)
■リスタートボタン
■DUMMYポージングの変更(立ち・しゃがみ・ジャンプ)



(C) ARC SYSTEM WORKS
※画面は開発中のものです。