『幻影異聞録♯FE』プレイインプレッション――楽しい&快適、これぞまさに大作RPG!

2015年12月26日発売予定のWii U専用RPG『幻影異聞録♯FE』。本作のプレイインプレッションをお届けします。

●いまどき希少(?)な和製大作RPG、いよいよ登場です!

 任天堂より、2015年12月26日発売予定のWii U専用RPG『幻影異聞録♯FE』。いよいよ発売が間近に迫った本作について、週刊ファミ通の記事担当:阿部ピロシによるプレイインプレッションをお届けします!


●アトラスらしさ+『FE』のエッセンス→?

 おもに現代を舞台にしたRPG作品で絶大な人気を誇るアトラスと、シミュレーションRPGの雄『ファイアーエムブレム』(以下、『FE』)。この2大巨頭がコラボすると聞いて、胸をときめかせないゲームファンはいないでしょう! はたして、どんなゲームになっているのか……?

 最初に、どんなゲームなのか手っ取り早く教えてほしい! という人のために、あえて端的に言うならば、「本作はアトラスらしさ満載の本格RPGです」というのが、わかりやすい回答になるでしょう。主人公の蒼井樹は、現代東京に暮らす平凡な高校生。とあるきっかけで、異世界からの侵入者たちによって世界が危機にさらされていることを知った樹は、異世界からやってきた『ファイアーエムブレム』の英雄たちと力を合わせて、侵入者たちに戦いを挑むことになります。

 現実世界と、異世界“イドラスフィア”を行き来しながら進めていく構造は、『ペルソナ』シリーズなどに近い形。そしてゲームシステム的にも、オーソドックスなコマンドRPGをベースにしているため、RPGが好きな人なら、誰でも違和感なく楽しむことができるはずです。

●現代東京――芸能活動に励む“日常”

 異世界からの侵入者たちは、表現する力“パフォーマ”を奪うことを目的に侵略してくるわけですが、一方でパフォーマは、侵入者たちと戦ううえでの大きな力ともなります。
 そこで主人公たちは、現実世界では芸能活動に励み、パフォーマの力を高めていくのです。作中では、彼らの芸能活動の成果であるところのPV的映像や、テレビ番組やドラマなどのシーンなどがふんだんに登場するので、これらを観ることも、プレイの大きなモチベーションになります。とくに、豪華キャスト陣が歌うオリジナル楽曲の数々を聴いていると、これはキャストの皆さんたいへんだっただろうな……などと、いらぬ心配をしてしまうほど(笑)。

 一方、芸能活動というとちょっと特殊な世界ではありますが、自分の才能に疑念を抱いたり、壁にぶつかって苦悩したり、仲間たちと励まし合ったり……と奮闘する彼らの姿は、まさに等身大の若者そのものです。ここで強調しておきたいのが、登場人物たちは皆、前向きで、一生懸命で……とにかく感じがいいんですよ!(笑)。プレイしているうちに、きっと彼らのことが好きになり、応援したくなるはずです。
 また、ここで効果的なのが、本作独自の“TOPIC”というシステム。これは登場人物たちが持っている連絡を取り合うためのLI○E的なチャットツールで、ここから重要なイベントが進行したりするだけでなく、日常の他愛のないやり取りもあったりして、自然と仲間たちへの愛着が増していくようになっているのです。

【幻影異聞録♯FE】SYSTEMーサイドストーリー

●異世界イドラスフィア――敵と戦いダンジョンを攻略!

 現実世界で芸能活動に励む傍ら、異世界イドラスフィアで侵略者たちと戦うのも、主人公たちの重要な使命。イドラスフィアは本格的なダンジョンとなっており、内部のギミックをうまく利用しながら探索していくことになります。マップはWii U GamePadでつねに確認できますが、なかにはパズル的な手強いギミックがあるダンジョンもあり、なかなかの歯応え。バトルはシンボルエンカウント式で、剣で敵シンボルを斬ることで、敵をダウンさせ、戦闘を回避したり、先制攻撃できる確率がアップしたり……というのも、王道のシステムですね。

【幻影異聞録♯FE】SYSTEMーダンジョン&バトル

 人並み外れたパフォーマの力を持っているとはいえ、普通の人間にすぎない主人公たちを助けてくれるのは、『FE』の英雄たちです。主人公・蒼井樹にはクロムが、織部つばさにはシーダが……という具合に、おなじみの英雄たちが、主人公たちの相棒となり、戦闘では、武器に姿を変えてともに戦ってくれます。

 バトルシステムは、アトラスのRPGらしく、弱点をいかにつくかがカギになります。具体的には、敵の弱点を突く属性のスキルで攻撃すると、それを契機に、味方キャラクターによる追加攻撃“セッション”が発生する仕組み。これが非常にスピーディーで、なんとも爽快! スキルの選択次第で敵に与えるダメージが段違いになるので、工夫のしがいがあります。一方で、敵側もセッションをしてくるので、味方キャラクターの弱点属性も意識することが重要です。敵の特性に合わせてうまくパーティーを編成しないと、ガンガンセッションを喰らって大ピンチ、なんてことにも……!
 ちなみに弱点については、剣>斧>槍>剣……の3すくみや、ペガサスナイトは弓に弱い、という具合に、『ファイアーエムブレム』の知識をそのまま活かせます。武器種や術属性の相性だけではなく、“ホースキラー”、“アーマーキラー”といったスキルも登場し、これらがどんな敵に有効なのかは……言うまでもないですよね。

 また、敵が落とす素材を集めて新たな武器(カルネージ)を作ったり、多彩なスキルを修得したりすることで、キャラクターをどんどん強化していくのも、本作の楽しみのひとつ。スキルの修得の仕方によっては、各キャラクターの能力傾向にはっきりとした差が現れるので、自分なりの理想のパーティーを追求してみるのも楽しそうです。

【幻影異聞録♯FE】SYSTEMーブルームパレス

●こんな真っ当な大作RPGを待っていました!

 遊んでみていちばん強く感じたのは、「これは大作RPGだ!」ということ。華やかなグラフィックや派手なバトルといった目立つ要素はもちろんのこと、快適なメニューまわり、テンポのよいゲーム進行など、細かいところまですべてが快適で、遊んでいてとにかく気持ちがいいんです。これだけ真っ当で丁寧に作られた日本製RPGって、近年はなかなかお目にかかれなくなっているだけに、本当にうれしく、楽しく遊ばせてもらいました。冬休みに腰を据えて遊ぶにはもってこいのタイトルだと、自信を持ってオススメできますよ!

 また、アトラスと『FE』とのコラボということで、「鬼畜な難度なのでは……?」と不安に思っている方がいたとしたら、そこはご安心を(笑)。難度は三段階から選択可能で、中間の“ノーマル”では、わりとサクサク進められました。とはいえ、強いボスが相手だと、しっかり戦力を整え、戦略を練って挑まないと、あっさり全滅したりもするので要注意ですけれどね……!


幻影異聞録♯FE
メーカー 任天堂
対応機種 Wii UWii U
発売日 2015年12月26日発売予定
価格 6700円[税抜](7236円[税込])
ジャンル RPG
備考 開発:アトラス 特別版『幻影異聞録♯FE Fortissimo Edition』(数量限定)は8980円[税抜](9698円[税込])、Wii U本体セット(数量限定)『Wii U 幻影異聞録♯FE Fortissimo Editionセット』は37800円[税抜](40824円[税込])

(C)2015 Nintendo / ATLUS
FIRE EMBRLEM SERIES:(C)Nintendo / (C)INTELLIGENT SYSTEMS
※画面は開発中のものです。