『モンスターハンタークロス』ヨドバシカメラ新宿西口本店には、開店前に150人を超えるハンターが集結!【『MHX』発売日リポート】

本日2015年11月28日(土)、ついに発売となったカプコンのニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンタークロス』。本記事では、早朝7時より販売が開始されたヨドバシカメラ 新宿西口本店 ゲーム・ホビー館の模様をお届けする。

●朝早くから、大勢のハンターが集結

 本日2015年11月28日(土)、ついに発売となったカプコンのニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンタークロス』。本記事では、早朝7時より販売が開始されたヨドバシカメラ 新宿西口本店 ゲーム・ホビー館の模様をお届けする。

 ヨドバシカメラ 新宿西口本店 ゲーム・ホビー館では、午前7時より販売を開始した。記者が到着した6時の段階では、30人ほどの列ができていた。ちなみに先頭に並んでいた男性は5時から並んでいるとのことだった。その後も、開店が近づくにつれて、どんどん列は伸びていき、6時30分ごろには約70人、開店直前には150人を超える行列ができていた。

 そして7時になるといよいよ販売開始。店員の誘導のもと、ハンターたち(お客さん)が入店し、ソフトや同時発売の攻略本を買い求めていた。
[関連記事]狩猟解禁! 『モンスターハンタークロス』最速ガイドブックがソフトと同日発売 M.S.S Project出演のオリジナル映像DVDが付属!

▲オリジナルデザインのNewニンテンドー3DS LL本体とソフト(パッケージ版)がセットになった“モンスターハンタークロス スペシャルパック”を購入する方の姿も。

 本作の購入者にシリーズのプレイ歴を聞いてみたところ、初代『モンスターハンター』からプレイして、シリーズ累計プレイ時間が2500時間以上という熱心なファンや、彼氏に誘われて本作で『モンハン』デビューをするという女性までさまざま。『モンスターハンター』シリーズが世代、性別、ゲーム歴など問わず愛されている作品だということを再認識できた。また、本作で楽しみにしていることについては、やはり“狩技”や“狩猟スタイル”といった新アクションや、これまでNPCとして狩りのサポートをしてくれていた“オトモアイルー”を自分で操作できる“ニャンタ―モード”に期待しているという声が多くあった。新要素以外にも「過去シリーズに登場していたモンスターが再登場してくれるのがうれしいです」という意見も多数あり、シリーズファンの心もしっかりと掴んでいる様子。

▲初代『モンスターハンター』からプレイしているという、おふたり。

▲おふたりとも狩猟スタイルと狩技に期待しているそう。使用武器はヘビィボウガン(男性)、狩猟笛(女性)。

▲こちらのご夫婦は、旦那さんが大剣や操虫棍で攻撃を担当し、奥さんが麻痺属性の片手剣でサポートをするというプレイスタイルとのこと。

▲「ガンランスは浪漫!」(左の男性)、「ブシドースタイルが楽しみです。」(右の男性)と熱く語ってくれた男性ふたり組。

 開店後にも、続々とハンターたちが来店し、最終的には200人を超えるほどの大盛況な早朝販売となっていた。

[関連記事]
※『モンスターハンタークロス』新宿ビックロで発売記念イベント開催! 井上聡さん、武井壮さんとファンたちが発売をお祝い
※ビックカメラ池袋本店は200人オーバーの行列で『モンスターハンタークロス』の発売を祝福
※ファンの皆さんはハンター仲間――『モンスターハンタークロス』新宿でのイベントを終えた辻本良三氏&小嶋慎太郎氏にインタビュー
※『モンスターハンタークロス』4大メインモンスターのバルーンが新宿ステーションスクエアに登場! 記念撮影が楽しめる
※『モンスターハンタークロス』小嶋慎太郎氏と一瀬泰範氏が渋谷TSUTAYAの店員になってお出迎え