多彩なアニメ作品が一堂に会した“TBSアニメフェスタ2015”リポート【TBSアニメフェスタ2015】

2015年8月8日(土)、東京・文京シビックホールにて“TBSアニメフェスタ2015”が開催された。そのリポートを掲載。

●人気アニメが目白押し

 2015年8月8日(土)、東京・文京シビックホールにて“TBSアニメフェスタ2015”が開催された。同イベントでは、TBSアナウンサー・向井政生氏の司会のもと、放送中のアニメから、放送前の最新アニメの情報まで、さまざまなアニメの情報が公開された。また、各タイトルごとに多彩なキャストが登場し、会場のアニメファンをアツく燃え上がらせた。

■青春×機関銃

 アニメ『青春×機関銃』のステージでは、小松未可子さん(立花蛍役)、前野智昭さん(松岡正宗役)、松岡禎丞さん(雪村透役)が登壇。サバイバルゲーム(以下、サバゲー)を題材にした作品ということで、3人は迷彩柄の衣装で登場し、会場のファンを沸かせた。また、サバゲー用語に関する基礎知識をクイズ形式で答えていくコーナーも実施。“◯◯◯◯◯◯ベスト”の◯を埋めよという問いには、小松さんが“ハーベスト”と答え、前野さんと松岡さんは“タクティカルベスト”と正解。ひとりだけ不正解だった小松さんは恥ずかしさのあまり「裏切り者ーーー!」と頬を染めながらクレームを入れていた。また、“◯◯ショット・◯◯キル”という問題では、“ヨイショット・キルラキル”と答えた小松さんと、“ワンショット・イカキル”と答えた松岡さんの回答に注目が集まる。なお、松岡さんはイカがインクでフィールドを塗って競い合うゲームにハマっているという理由からの回答だった。さらに、会場では小松さんの歌うエンディング曲『群青サバイバル』も披露され、会場に集まったファンを魅了した。

■城下町のダンデライオン

 『城下町のダンデライオン』ステージには、花澤香菜さん(櫻田茜役)、茅野愛衣さん(櫻田葵役)、石原夏織さん(櫻田奏役)、村瀬 歩さん(櫻田遥役)、松井恵理子さん(櫻田岬役)、小倉唯さん(櫻田光役)、勝田詩織さん(櫻田輝役)、鈴木愛奈さん(櫻田栞役)、相坂優歌さん(佐藤花役)が登壇。自己紹介で「◯◯です!」とそれぞれがポーズを取っていくというチームワークを見せ、会場を盛り上げた。ステージ上では“サクラダファミリー能力対決 炎の救出バトル”を実施。3チームに分かれて行われたコーナーでは、“アフレコスタジオのエアコンが故障し、暑すぎて作業ができない! どうする!?”というお題に対し、それぞれの演じるキャラクターの持つ能力を駆使して解決策を回答。甲乙つけがたい回答が続いたが、奏を擁するチームの“エアコンを生成する”という直接的な回答が一歩リードし、勝利を得た。また、長男の修役を務める木村良平さんが横浜にいるということで、生中継で木村さんに出演してもらうなど、飛び道具を駆使して会場を沸かせた。さらに、最後にはゆいかおりのふたりによるオープニング曲『Ring Ring Rainbow!!』の披露と、小倉さんによるエンディング曲『Honey※Come!!』(※はハートマーク)を披露するミニライブも行われた。

■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続

 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』のステージには、江口拓也さん(比企谷八幡役)、早見沙織さん(雪ノ下雪乃役)、東山奈央さん(由比ヶ浜結衣役)の3人が登場。イベント当日が江口さんの演じる八幡の誕生日ということで、“ウルトラスーパー八幡クイズ!”というコーナーを実施。4種類のアホ毛を見て八幡がどれか選ぶ問題や、あだ名の多い八幡が“呼ばれたことのないアダ名は?”といった問題にキャスト陣が回答。全8問中7問正解した東山さんには、優勝賞品として八幡にちなんだ開運グッズがプレゼントされた。

 TBS公式YouTubeチャンネル『スキイモ』のテーマソング『アニメが好きでもイイですか。』を歌うM・A・Oさんが登場。アニメが好きな女の子の気持ちを描いた楽曲という同曲を、ステージで披露。会場のファンとコール&レスポンスをしながら同曲を歌い上げた。

■To LOVEる-とらぶる- ダークネス 2nd

 『To LOVEる-とらぶる- ダークネス 2nd』ステージの出演者である、福圓美里さん(金色の闇役)、渡辺明乃さん(結城リト役)、井口裕香さん(黒咲芽亜役)、花澤香菜さん(結城美柑役)は、浴衣姿で艶やかに登場。同ステージでは、“『To LOVEる-とらぶる- ダークネス』&『To LOVEる-とらぶる- ダークネス 2nd』私の思い出のシーン”というコーナーで盛り上がる。渡辺さんと井口さんが選んだのは、“ナナがリトに芽亜とケンカしたことについて告白するシーン”を選択。ふたりとも胸が痛い、切なくなる、という理由から同シーンを選択したと語った。“(第5話で)ヤミと美柑がふたりで語り合うシーン”を選択したのは福圓さんと花澤さん。花澤さんは「ウチのヤミちゃんがいちばんかわいいッス」とドヤ顔。しかし、福圓さんは「みんなの思い出のシーンは違うんでしょ?」と観客を煽っていくスタイルを見せつけた。また、えっちぃシーンを演じるときは、芽亜が“性に前向き”という理由から「俄然やる気になります!」と井口さんはアツく語った。そのほか、渡辺さんによるえっちぃシーンでのリトのアドリブがどんどん進化していると出演者一同が大絶賛。渡辺さんは「『ToLOVEる』でしか使えない技術が進化し続けています(笑)」とコメントした。

 そのほかラジオ『ラジオ To LOVEる-とらぶる- ダークネス 2nd』出張版を実施。ラジオの人気コーナー“”にステージ上でチャレンジ。渡辺さんと井口さんチームと、福圓さんと花澤さんチームに分かれて、さまざまなお題に挑戦。“夏はこれを食べなくちゃダメだよね? と思う果物といえば?”というお題や、“避暑にいくならここでしょ! というのはどこ?”といったお題に同時に答えて一致すれば正解という同コーナー。結果は、福圓さん&花澤さんチームが勝利。どちらのチームも手練手管で回答を一致させ、会場を大いに盛り上げた。コーナーの最後にはRayさんが登場。オープニングテーマ『secret arms』を披露した。

■ランス・アンド・マスクス

 『ランス・アンド・マスクス』ステージでは、放送前の第1話を会場で先行上映。上映後には、山下大輝さん(花房葉太郎役)、小澤亜李さん(鬼堂院真緒役)、沼倉愛美さん(朱藤依子役)、三森すずこさん(アリス・クリーヴランド役)に加え、会場で初公開となったキャストとして、諏訪彩花さん(白姫役)、M・A・Oさん(リュウ・ユイファ役)、花守ゆみりさん(五十嵐冴役)がステージに登壇。アフレコを振り返りながら、それぞれの演じるキャラクターの魅力を語った。また、同曲のオープニングテーマを三森すずこさんが歌うことが発表された。タイトルは『Light for Knight』。中世ヨーロッパっぽい音を取り入れたり、三森さんの曲としては初めて男性目線の歌詞になっているとのことだ。

 会場では、続いて『ファンタシースターオンライン2 ジ・アニメーション』のPVを上映。ストーリーが完全オリジナルストーリーになるほか、スタッフ情報&キャスト情報が公開された。詳しくは、こちらの記事をチェックしてほしい。

■普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。

 『普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。』ステージには、伊藤美来さん(宇佐美奈々子役)、三澤紗千香さん(小日向 縁役)、吉岡麻耶さん(三ヶ月ゆい役)、水瀬いのりさん(名都借みらい役)の4人が出演。新作OVAの制作が決定したという同番組のPV映像が、会場で初解禁となった。なお、PVによると新作OVAは冬の物語になるとのこと。いったい、どんな内容になるのか気になるところだが、三澤さんは「OVAなんで、どんな映像になるのか楽しみにしています!」と規制の向こう側への期待感を募らせた。さらに、会場ではライブコーナーを実施。伊藤さんと三澤さんによるオープニング曲『ミライファンファーレ』、さらに魚心くんを加えた3人で『流川ガールズソング』を披露。最後は伊藤さん、三澤さん、吉岡さん、水瀬さんの4人+魚心くんでエンディング曲『未来少女たち』を熱唱。会場もアツく盛り上がった。

■ヤング ブラック・ジャック

 『ヤング ブラック・ジャック』ステージでは、第1話を先行上映。同作は、医学生の間黒男(はざま くろお)が、如何にして闇医者ブラック・ジャックになっていくのかを描いたアニメとなっている。TBSにて2015年10月1日より放送が開始される。この日初公開となったキャスト情報として、間黒男役を務める梅原裕一郎さんがステージに登壇。自身が生まれていない時代の物語で主役を演じることに対し、非常に細かいところまで時代背景を再現して描かれていることに感動したが、いつの時代も変わらないであろう“人を助けたい”という、間黒男のアツい気持ちを大切に演じているとのことだった。そのほかのキャストも発表。岡本舞子役を伊藤静さん、藪役を遊佐浩二さん、ナレーションを大塚明夫さんが担当する。なお、番組オープニング曲『I am Just Feeling Alive』を歌うのはUMI☆KUUN(うみくぅん)。作品世界を彷彿とさせるようなキーワードが散りばめられているとのことなので、歌詞にも注目だ。

■レーカン!

 『レーカン!』ステージには、木戸衣吹さん(天海 響役)、伊藤美来さん(井上成美役)、飯田里穂さん(上原佳菜役)、M・A・Oさん(江角京子役)、山崎エリイさん(小川真琴役)の5名が、キャラクターと同じ制服を身にまとって登場。“アニメ『レーカン!』トーク”でテレビアニメ『レーカン!』を振り返る。伊藤さんは第3話が心に残っていると語る。この回で伊藤さんの演じる成美が完成したと言うほど、感情移入をしてアフレコに挑んだとのことだ。また、2015年9月6日に開催された“秋のレーカン!祭り”というライブイベントの告知も行われた。特別ゲストとしてevery※ing!(※はハートマーク)が参加するほか、キャラソンを披露するライブコーナーやトークコーナー、ゲームコーナーなど、盛りだくさんな内容になっていると、会場に詰めかけたアニメファンにアピールした。

 続いて、サプライズコーナーとして“『レーカン!』5人娘に愛があるのかSP お絵描きドン!”というコーナーを実施。放送が終了している『レーカン!』に対して、5人がまだ愛を持ち続けているかを、“エロ猫”や“代返侍”など、指定されたキャラクターを描いてチェックするというもの。キャスト陣は悪戦苦闘しながらも、それぞれの絵心でキャラクターを描き、溢れる(?)『レーカン!』愛をアピールしてみせた。最後にevery※ing!のふたりによるオープニング曲『カラフルストーリー』、エンディング曲『ケサランパサラン』が披露され、大盛り上がりのなか、イベントは終了。人気作品が一堂に会するイベントは大盛況の中幕を閉じた。