オープンフィールドに舞台を移し、新たな楽しさを提供する『New みんなのGOLF』のメディアセッションの模様をリポート【TGS2015】

2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。二日目となる18日に、ソニー・コンピュータエンタテインメントによる『New みんなのGOLF』に関するメディアセッションが行われた。

●ナンバリングから脱却した新たな『みんGOL』の楽しさとは

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。二日目となる18日に、ソニー・コンピュータエンタテインメントによる『New みんなのGOLF』に関するセッションが行われた。
 2016年に発売が予定されている国民的ゴルフゲームの最新作である『New みんなのGOLF』がなぜ、ナンバリング作品ではなく“New”なのか。また、新たに用意されている楽しみ方などについて、SCE JAPANスタジオ/ シニアプロデューサーの長井伸樹氏と、プロデューサーである小番芳範氏のふたりが、語ってくれた。


002.JPG

▲据え置き機、携帯機用に、これまで数多くの作品をリリースしてきた『みんなのGOLF』シリーズは、世界累計1400万本を超えるほどのヒット。国民的ゴルフゲームと呼ばれる存在となっている。

●総合コンセプトとして目指したのは“原点回帰”

 初代の『みんなのGOLF』は、比較的ゲームが複雑化していくなかで、シンプルな操作で誰もが楽しめるというコンセプトをもとに開発されたカジュアルタイプのゴルフゲームである。ただし、シリーズを重ねる毎に、ユーザーの満足度を高めるため、よりストイックな方向に進化してきた点も否めない、と長井氏。そこで今回、タイトルが持つ“みんな”の部分をもう一度考え直す意味で原点に立ち直り、老若男女の誰もが楽しめる、なおかつ、いまの時代にあった『みんGOL』にすべく、これまでにない大きな変化をもたらすという意味合いを込めて、『みんなのGOLF 7』ではなく、『New みんなのGOLF』になった……ということだ。


003.JPG

▲これまでの『みんGOL』プレイヤー(=みんGOLファー)も楽しめつつ、新たな層を取り込み、タイトル通りに“みんな”が楽しめる作品を目指すため、原点回帰を目標に掲げていた。

●オープンフィールドで生まれ変わった、新しい楽しさの追求

 『New みんなのGOLF』は、バリエーション豊かなコースや大会といった、従来のアスリート的なゴルフの楽しみかたは当然残しながら、ゴルフ以外の部分の楽しみを、よりフィーチャーしたものとなっている。
 そのために用意されたのが、今作の舞台となる“みんGOLアイランド”だ。これは、シリーズに登場する名物キャラクターのスズキが自宅で練習中、ダフった拍子に湧いて出た油田の収益を惜しみなく注いで作られた、全ゴルファーのためのリゾート施設とのこと。
 過去作のように、ホール毎のマップではなく、現実のゴルフコースのように、全ホールが一体化された広大なコースとなっていることが最大の特徴である。


005_1.JPG 005.JPG

▲新たな『みんGOL』のために掲げられた、3つの重要ポイント。オープンフィールド、個々に楽しめる『みんGOL』ライフ、オンラインで広がる世界。

006_1.JPG 006_2.JPG 006_3.JPG

▲この、海に浮かぶ人工島が今作の舞台となる“みんGOLアイランド”。スズキが資材を投じて作り上げた、巨大なリゾート施設となっている。

●みんゴルファーライフを満喫するためのキャラクタークリエイト

 従来作では、オンライン用にアバターキャラクターという仕組みはあったものの、これは試合をする前のロビーに登場させるためのもので、最低限のコミュニケーションを取るためのチャット用キャラクターという存在であった。実際、コースに出るときは、ゲーム内のキャラクターがプレイしているというように、プレイヤーとゴルファーは、あくまで別キャラクターであった。
 それが今作では、プレイヤー全員が主役となり、“みんゴルファーライフ“を思う存分満喫してもらうため、シリーズ初となるキャラクタークリエイトを用意している。ここで作り出したキャラクター(=自分の分身)を“みんGOLアイランド”に送り込み、自由にやりたいことが出来るのが、『New みんなのGOLF』で提示されている新しい楽しみかたとなっている。


007.JPG

●自分の分身で、自由気ままな“みんゴルファー”ライフを満喫

 先述したとおり、今作は広大なフィールドすべてが舞台となっている。ゴルフプレイをする際に読み込み、ティーグラウンドからショットを開始する……といった従来の設計ではなく、自分の足でティーグラウンドに行き、ショットを開始するという、リアルゴルフのような仕組みが採用されているとのこと。必ずしもティーグランドからショットする必要があるわけでなく、その気になればどこでも好きな場所からプレイを開始する、といったことも可能だという。
 また、全ホールが隣接しているため、従来作ではコース外のOBゾーンだったところが、今作では隣のホールになっていることもある。そのため、隣のホールを利用したショートカットを狙ってみたりと、これまでにない新たな戦術が生み出されるかもしれない。
 ※『みんなのGOLF 5』では、一部のホールが隣接しており、これを利用したショートカットが可能であった。

 さらに、今作を特徴づけているのが、“みんGOLアイランド”での楽しみかたで、ゴルフだけに限られない。この部分に関しては現在、かなりの試行錯誤をしながら、何ができるかを調整中とのことだが、長井氏と小番氏によると、たとえば、コースの池で釣りをしてみたり、落ちているボールを拾い集めてコレクションしたり、カートに乗って走り回ったり、スカイダイビング(!?)をしてみたりと、なんでも自由に楽しめるように考えられている。もちろん、ただのんびりと仲間と会話をするのも、楽しみかたのひとつだ。
 小番氏曰く、「カートがあったら乗ってみたい。池があるなら釣りがしてみたい。ビルの上からコースにダイブしてみたい。そんな、ゴルフ場というシチュエーションのなかで、“こんなことやってみたい”というのが、このさまざまな遊び要素に発展しているポイントになっている」とのこと。


『New みんなのGOLF』 アナウンストレーラー

 先日公開されたアナウンストレーラーには、カートで競い合ったり、釣りやスカイダイビングをするといった、本作の楽しさの一部を垣間見られる内容が含まれている。


 オープンフィールドでの自由と併せて、今回、新たにRPG的なキャラクターのパラメータアップの仕組みが導入されている。これはたとえば、ロングショットを決めればパワーが、アプローチを決めればテクニックが、というように、キャラクターの能力をプレイの方法によって変えていくことができるというもの。このため、大会やライバルに勝てなくても、コツコツとプレイを重ねてパラメーターをあげることで、勝てるようになったり、理想のゴルファー像を目指したプレイができたりと、この面においても誰もが楽しめるような施策が用意されているというわけだ。


009.JPG

●ストイックにゴルフを極めてもよし、カジュアルに楽しんでもよしの、これぞ“みんな”が楽しめる『New みんなのGOLF』

 本作は、誰もが気軽に楽しむことができる“原点回帰”を主題に置き、『みんGOL』シリーズの進化の過程においては、最大の変化を遂げた作品となっている。ストイックにゴルフを楽しむ従来のファンも、新しく始めるプレイヤーも、誰もが同じフィールドで、それぞれの楽しみを見つけ出すことができ、相乗効果によってさらに新たな楽しみが見つかる。今回の『New みんなのGOLF』のセッションは、そんな期待と興奮が感じられるプレゼンテーションであった。


011.JPG

●長井氏と小番氏から、ファンに向けてのメッセージ

 最後に、長井氏と小番氏から、発売を待ちわびているファンに向けてメッセージが告げられ、本セッションは終了となった。


小番氏.JPG

小番氏 私は『みんGOL』をかれこれ10年近く担当してきましたが、いままででいちばん大きく変えようという試みが感じられる作品になりました。その変化について、期待を裏切ることはありませんので、ぜひ手に取っていただいて、楽しんでいただけるとありがたいです。


長井氏.JPG

長井氏 私はこの作品で、『みんGOL』のプロジェクトに関わらせてもらいました。そもそも『みんGOL』自体はすでに完成した作品とも言えます。そんな『みんGOL』が次のステップに進むため、力添えをさせていただいております。従来のファンの期待は絶対に裏切らない作品になります。また、新たに始められる人も、きっと満足していただける内容になっていますので、ぜひ多くのかたに楽しんでいただきたいと思います。



『New みんなのGOLF』
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメント
対応機種 プレイステーション4
発売日 2016年発売予定

(C)2015 Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.
※画面は開発中のものです。