あの伝説の絵師が降臨!! 『ナイトガンダム カードダスクエスト』発売直前 横井画伯スペシャルインタビュー

2015年9月18日(金)にカードダスの新アイテム『ナイトガンダム カードダスクエスト 第1弾 ラクロアの勇者』が発売。これに合わせて、SDガンダムのキャラクターデザイン、イラストを手掛ける横井孝二氏にインタビューを敢行!

●誰もがその絵を目にしたことがある、横井画伯を直撃!

 2015年9月18日(金)発売予定のカードダスの新アイテム『ナイトガンダム カードダスクエスト 第1弾 ラクロアの勇者』(初報の記事はコチラ)。この商品は、1989年に発売され、当時の少年たちの心を鷲づかみにした超ヒットアイテム『SDガンダム外伝』シリーズの復刻版となるが、なんと言っても最大の魅力は、モビルスーツがデフォルメされたキャラクターイラストだ。SDガンダムの代表的なデザイナーといえば、“横井画伯”こと横井孝二氏。ファミ通.comでは、『ナイトガンダム カードダスクエスト』の発売直前に横井画伯へのインタビューを実施。以下では、その模様をお届けしよう!

●ナイトガンダム誕生秘話

▲ファンにとっては“伝説の絵師”と言っても過言ではない、横井画伯。

――SDガンダムのキャラクター造形で知られる横井画伯ですが、改めていままでの活動についてお話しいただけますか。

横井孝ニ氏(以下、横井) 30数年前にバンダイさんが発行していた雑誌『模型情報』に読者としてイラストを投稿したことがきっかけです。そこでバンダイさんに気に入っていただいて。いろいろと絵のお仕事をいただく中で、SDガンダムの企画に携わることになりまして、以来、約30年間にわたって携わらせていただいております。

――個人的には、ちょうどSDガンダムが出始めのころに小学生だったので、ガシャポンやBB戦士、カードダスを集めていたド真中の世代なんですよ。その絵師の方を前にすると、感動しますね(笑)。

横井 当時は本当にお世話になりました(笑)。いまだにSDガンダムの仕事を続けられているのは、そのころの子どもたちにいっぱい買っていただいたおかげなので、とにかく感謝しています。

――そもそも最初にガンダムをデフォルメしたSDガンダムというものをイメージされたのは、どういうきっかけだったのでしょうか。

横井 80年代後半というのは、丸っこいフォルムが流行していたんですよね。なので、自分としては特別不思議な気はしなかったのですけれども。描いているうちにどんどん丸くなっちゃったというか。それと、これはいろいろな場所で言っているのですが、鳥山明先生の影響が多分にあります。そんな中でバンダイさんから「もうちょっと縮めたもので出せないか」というオーダーがあって。そこから出てきたのが、デフォルメよりすごい“スーパーデフォルメ(SD)”なんですね。

――なるほど。ナイトガンダムはそのSDガンダムの“外伝”扱いのシリーズですが、また、ずいぶん大胆な飛躍を(笑)。

横井 当時、少年向けマンガ雑誌『コミックボンボン』の連載の中に、ガンプラをネタにした『プラモ狂四郎』という作品がありまして。

――バーチャル空間に入り込んで、自分が作ったプラモを操縦してバトルができるという、夢のような設定でしたよね。

横井 ええ。そのマンガの中で、“武者ガンダム”という、ガンダムに鎧を着せた機体が登場したのですが、ものすごく人気が出たんです。

――あれはカッコよくて、インパクトがありましたからね。

横井 そうなんです。SDガンダムで使うノーマルガンダムのキャラクターのネタが尽きてきた時期がありまして。そんなタイミングに、SDガンダムのほうでも武者ガンダムをぜひともキャラクターとして扱おうということになりまして。ガシャポンに入れたら瞬く間に人気が出て、プラモのBB戦士もよく売れたんです。

――確かに、両方ともめちゃくちゃ買っていました(笑)。

横井 そこで、武者ガンダムの盛り上がりを受けてシリーズを整えようという流れの中で、武者ガンダム以外にも、そういう路線のオリジナルのキャラクターをSDガンダムで増やしたい、という話が出てきたと。そこで発案されたのが、武者ガンダムのバージョン違いといいますか、“西洋版”として生まれたのがナイトガンダムでした。

――武者ガンダムからの横展開と考えると、ナイトガンダムが生まれるアイデアの流れがわかりやすいですね。

横井 そのときは本当に、「武者ガンダムシリーズのひとつとして入っていればいいかな」くらいの感じだったんですよ。ところが、ちょうどそのころは、カードダスの立ち上げ時期でもありまして、バンダイの企画担当者がオリジナル作品でRPG形式のカード商品が作れないか、アイデアを考えていて。「何か、主役にふさわしいキャラクターはないか?」と探しているなかで、白羽の矢が立ったのがナイトガンダムだったというわけです。

――まさにRPG形式に打ってつけのキャラクターが(笑)! 当時はファミコンなど家庭用ゲーム機でも中世風ファンタジーRPGの大ブームでしたが、いろいろなタイミングが奇跡的に合致したわけですね。