『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第48回)  ヤリ特技とムチ特技の宝珠を集めに行ってみた!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第48回(通算148回)。

●アクセサリーの合成レベルが20になりました!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 ついにと言うか、とうとうと言うか……アクセサリーの合成レベルが現在の最大値である20に到達してしまいました。

 レベル20までに稼いだ合成経験値は25600でした。

 そして合成レベルボーナスは、以下のようになりました。
■合成手数料……15%オフ
■ラッキー合成……6%アップ
■会心の合成……1%アップ

 合成経験値25600って、よくよく考えるとかなりの数値の気がします。いつの間にこんなに合成していたかまったく記憶にありませんが、これだけ経験値が貯まるほど合成をくり返していたにもかかわらず、3ヵ所とも最大値、いわゆる“理論値アクセサリー”と呼ばれるものは、まだそれほど種類が揃っておりません(笑)。

 しかし、“さいだいHP+”の効果はともかく、そのほかのステータスは、宝珠が実装されたいまとなっては、合成で付く最大値と準最大値程度の差は、“ごくわずか”と言える範疇になっているのも事実です。

 とはいえステータスは、ほかのプレイヤーから数値として実際によく見られる部分なので、いざ見られたときに「どうよ?(笑)」と、心の中でドヤ顔をするためにも必要なもの(……と俺は思っています。あくまで自己満足ですけどね)。これもオンラインゲームの魅力のひとつではありますよね。

 でも、いくらキャラクターの能力が高くなったからといって、どんな敵にも勝てるわけではありません。俺としては、“強い”ではなく“巧い”プレイヤーになれるよう、アクセサリー合成以上に、いろいろな知識、経験を吸収していくことに力を入れていこうと思います!

 まあ、アクセサリー合成も引き続き必死にやりますけど(笑)。

●バージョン3.1前期の大型アップデート後に気になる職業と宝珠

 いよいよ、2015年8月24日に実施予定のバージョン3.1前期のアップデートまで、残り3日となりました。この記事が掲載されるころには、バージョン3.1前期の詳細が公式に発表されているかもしれませんが、やっぱり俺がイチバン気になっているのが、職業や特技などのバランス調整です。場合によっては、人気の職業がガラっと変わることもあるので、プレイするモチベーションに直結しますよね!

 現在判明している情報の中で、俺が気になっているのはパラディンと盗賊です。

 パラディンは、パラディンガードの効果時間延長や“におうだち”の性能調整などに加えて、ヤリの特技“ジゴスパーク”で雷耐性を低下させられること、さみだれ突きのチャージ時間短縮など、“攻撃しながらピンポイントで仲間を守る”ようなスタイルになると予想しています。

 盗賊はそこまで大きな変更こそないもの、必殺技“お宝ハンター”のダメージアップ&スタン効果が付与。武闘家の“一喝”のような性能になるなんて夢のようです!(コチラは単体ですが)

 もし、これで敵の行動を止められる時間が“一喝”並だったらかなり高性能なのですが、仮にスタンショットくらいの時間でも、おたからスキル150の“サプライズラッシュ”、そしてお宝ハンターという2種類のスタン技のおかげで、盗賊もアタッカー枠として十分候補に入りそう。

 このふたつの職業を存分に楽しむために必要なのが、パラディンはヤリ特技の宝珠、そして盗賊はムチ特技の宝珠! 盗賊はツメでもいいのですが、アタッカー枠として考えるなら、より高いダメージが期待できるムチを主力にしたいところ。

 そんなわけで、これらの武器特技用の宝珠を集めに行ってみました!