対戦格闘ゲームの祭典“ARC REVOLUTION CUP 2015”(あーくれぼ2015)が東京都の品川インターシティホールで開催された。トッププレイヤーが激突した『ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド』の闘いをリポート。

●アークシステムワークスが贈る対戦格闘ゲームの祭典

 2015年8月15日、アークシステムワークスの対戦格闘ゲームの祭典“ARC REVOLUTION CUP 2015”(あーくれぼ2015)が東京都の品川インターシティホールで開催された。本稿では、『ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド』の模様を会場の様子とともにリポートする。

●あーくれぼ2015とは?

 あーくれぼ2015は、今年で3回目を迎える対戦格闘ゲームの全国大会。今回は家庭用ゲームタイトルをメインにした賞金制の大会となっている。メイントーナメントとしてプレイステーション4用ソフト『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』(以下、『GGXrd』)と『ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド』(以下、『BBCPEX』)、サイドトーナメントとしてアーケード版『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』(以下、『P4U2』)と『アンダーナイト インヴァース エクセレイトエスト』(以下、『UNI』)の計4タイトルで競われた。
 大会形式は、『GGXrd』と『BBCPEX』、『P4U2』が3ON3のチーム戦、『UNI』がシングル戦で行われた。今回は予選を行わず出場希望者の中から抽選で参加者を選出。そのためか、さまざまな地域の混合チームも多く見受けられた。

メイン会場の入り口。
進行は格闘ゲームイベントでおなじみのコーリー氏。
メイントーナメントの実況・解説などは、かみちゃん、石田さんのほか、パチ氏を始めとしたアークシステムワークススタッフが担当した。
サイドトーナメントはメイン会場の外で行われた。
メイントーナメント2タイトルはプレイステーション4を用いて行われた。
フリードリンクコーナーでは、森氏、石渡氏みずからがドリンクを配る場面も。
関連グッズが販売される物販コーナー。
なつかしの旧作から新作までが遊べる試遊コーナー。
メイン会場入り口には自由に描き込めるイラストコーナーが設置。ちなみに、ロゴしたのふたつは森氏と石渡氏によるイラスト。
左がイベント冒頭で、右がイベント終盤。たくさんのイラストが描き込まれていました。