カプコンの平林良章プロデューサーにより、サバイバルホラー『バイオハザード2』のリメイク版開発が正式決定したことが発表された。

●レオンとクレアのサバイバルが再び

 1998年にカプコンからプレイステーション向けに発売され、その後さまざまなゲームハードに移植されて楽しまれた、サバイバルホラー『バイオハザード2』(英題:Resident Evil 2)。そのリメイク版の開発が正式決定したことが発表された。

 発表を行ったのは、カプコン第一開発部の平林良章プロデューサー。Facebook公式コミュニティなどを通じて社内に同作の“新規再生計画”を提案していることなどを明かしていたが、今回それが実った形だ。
 YouTubeのResident Evil公式チャンネルで公開された映像では、「皆さんの声も聞きながら、最高のゲームプレイ体験をお届けできるように頑張って行きたいと思っています」とコメント。現在のところ対象プラットフォームや発売時期などは不明だが、続報を期待して待とう。