ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、2015年8月27日発売予定プレイステーション4用ソフト『Until Dawn(アンティル ドーン) -惨劇の山荘-』について、キャラクターなどの最新情報を公開した。

●海外ホラー映画を彷彿とさせる新たなホラー・アドベンチャー

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、2015年8月27日発売予定プレイステーション4用ソフト『Until Dawn(アンティル ドーン) -惨劇の山荘-』について、キャラクターなどの最新情報を公開した。

 本作は、ハリウッドで活躍するスタッフをメインキャスト、脚本に起用した、ホラー・アドベンチャー。海外ホラー映画を彷彿とさせる本作のグラフィックは、『KILLZONE SHADOW FALL(キルゾーン シャドーフォール)』のエンジンを使用して制作されている。ストーリーは、プレイヤーの選択によってさまざまに分岐。アドベンチャーゲームの没入感と、抜群のリアリティーがもたらすスリルを体験しよう。

●ストーリー

 休暇を楽しむために山荘に集まった10人の若者たち。
 その中の女の子・ハンナは仲間から嫌がらせを受け、雪山に飛び出した。ハンナの双子の姉妹・ベスが後を追うが、ふたりは行方不明となってしまう。

 1年後、双子の兄・ジョッシュの呼びかけでふたたび山荘に集まった8人。閉ざされたはずの山荘で、8人は自分ら以外の何者かの存在に気付き始める。彼らの周りで奇怪な現象が起こり始め、そしてやがては惨劇が始まる――。

●キャラクター紹介

 本作に登場する若者たちは、海外ドラマを彷彿とさせる友情・恋愛・険悪な関係を持っている。キャラクターそれぞれの個性と思惑が交錯する中、生き残りを賭けた一夜のストーリーが展開するのだが……。

◆サム
優しさと正義感を兼ね備えた正統派ヒロイン。自然をこよなく愛し、得意のクライミングでときに活路を切り開く。

◆ジョッシュ
1年前に行方不明となった、ベスとハンナの兄。今回、山荘にふたたび仲間たちを呼び集めた人物。

◆ハンナ/ベス
ジョッシュの双子の姉妹。本作の物語が始まる1年前に同じ仲間たちとこの山荘を訪れたが、ある出来事をきっかけに、ふたりとも行方不明となる。

◆アシュリー
頭脳明晰で真面目な女性。クリスの気持ちに気づいているが、なかなか告白してこない彼にやきもきしている。

◆クリス
アシュリーに恋心を寄せる、雑学と機械が大好きな青年。ジョッシュとは親友の仲で、ベスとハンナを失った彼を気にかけている。

◆マイク
学校の人気者でプレイボーイ。エミリーと付き合っていたが別れ、現在はジェシカと付き合っている。エミリーの現彼氏であるマットとはたびたびぶつかり合う。

◆ジェス
明るくいたずら好きな女性。マイクをめぐって、エミリーと険悪な関係にある。

◆マット
アメリカンフットボールの選手で、献身的な性格の青年。優しさゆえにエミリーからいいように使われ気味。エミリーの元カレであるマイクがいまだにエミリーに親しくすることをよく思っていない。

◆エミリー
ファッションにこだわりを持つ意思の強い女性。ジェスにマイクを奪われたため、現在はあまり好みではないマットと付き合っている。

●“バタフライエフェクトシステム”と仲間の関係値

 “バタフライエフェクト”とは、ある場所での蝶の羽ばたきが遠く離れた場所の気候に影響をおよぼすといった具合に、小さな行動や選択が後に大きな変化をもたらすことを表す用語。プレイヤーは、映画に介入するような形でストーリー中にさまざまな選択を要求される。これらの選択が、まるで蝶の羽ばたきのごとく8人の登場人物の運命に影響していくのが、本作の“バタフライエフェクトシステム”だ。

 本作の重要なシステムであるバタフライシステムシステムは、登場キャラクターどうしの関係値にも大きな影響を与える。仲間同士の会話内での選択はもちろん、仲間の携帯電話を見る・見ない、猟銃で動物を殺す・殺さないといった、会話以外の選択の中でも関係値は変化する。仲間同士の関係性次第で、のちのち協力的に助けあうこともあれば、危機に際して見捨てられることもあるかもしれない。