『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』発表、対応ハードはPS4とニンテンドー3DS

2015年7月28日に行われた『ドラゴンクエスト』新作発表会にて、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が発表。

●ふたつのプラットフォームで登場

 2015年7月28日に行われた『ドラゴンクエスト』新作発表会にて、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が発表。対応ハードはプレイステーション4とニンテンドー3DS。オンライン専用ではなくスタンドアローンのタイトルとのこと。
※発表会の最後で、NXでの発売も明らかにされた。

 全体のプロデューサーは齊藤陽介氏。ディレクターは内川毅氏が務める。

 PS4版は岡本北斗氏がプロデューサーを務める。アンリアルエンジン4を採用しており、オルカが開発に協力しているとのこと。一方、ニンテンドー3DS版は横田賢人氏がプロデューサーで、トイロジックが開発に協力しているとのことだ。

 両バージョンのデモプレイも公開。背景もとても美しく描かれているPS4版。ジャンプモーションも確認できた。ニンテンドー3DS版は、なんと上画面には3Dグラフィック、下画面には2Dグラフィックが表示されている。スライドパッドでの操作は上画面、十字ボタンでの操作は下画面に反映されるという。

■PS4版の画面

■ニンテンドー3DS版の画面