『アンジェリーク ルトゥール』キャストインタビュー ジュリアス役の速水奨さんに聞く「思いっきりときめいてほしい」

『アンジェリーク ルトゥール』にて、ジュリアスを演じる速水奨さんに聞いた。

●気持ちは最初にジュリアスを演じたときといちばん近い

 コーエーテクモゲームスより、2015年10月1日発売予定のプレイステーション Vita、PSP用ソフト『アンジェリーク ルトゥール』。同作は、女性向け恋愛ゲーム『ネオロマンス』シリーズ初の作品として1994年に発売された恋愛シミュレーションゲーム『アンジェリーク』のリメイク作品だ。

 『アンジェリーク』シリーズは、スピンオフも含めこれまでに8作品が発売されており、アニメ化、マンガ化、CD化など、さまざまなメディアミックスも行われており、現在も根強い人気を誇っている人気シリーズ。主人公(プレイヤー)は宇宙を統べる女王の後継者候補に選ばれ、“守護聖”たちとの恋を展開しながら、与えられた大陸の育成を進めことになる。

 20年の時を経て、リメイクされた本作の声を演じるのはすべてオリジナルキャスト! ファミ通.comでは、そんな『アンジェリーク ルトゥール』の出演者たちに思いを聞いていく。今回お話をうかがったのは、ジュリアス役を演じる速水 奨さんだ。

――アフレコを終えての感想をお願いします。
速水 奨氏(以下、速水) 久しぶりにゲームの役柄を演じさせていただきましたが、『アンジェリーク』は、乙女の恋する心に寄り添った作品だなと、改めて感じました。キャラクターのバリエーションが豊富で、この中に好きなキャラは必ずいるだろうなと思いました。非常にツボを押さえていますよね。

――前回演じてから10年くらい経ちましたが、久しぶりに演じてどうでしたか?
速水 今回ゲームを収録するにあたって、「それぞれのキャラクターはこうだ」というしっかりした設定の文章をもらったんです。それによると、「より、昔の演じかたに戻してほしい」、「大事に演じてほしい」という命題がありました。ですので、気持ちは最初にジュリアスを演じたときといちばん近いのかなと思います。

――ジュリアスの魅力を教えてください。
速水 コミックで少年時代のジュリアスのストーリーを読んだのですが、とても共感する部分があって。ジュリアスが物心ついた時からの展開が見ていておもしろかったです。守護聖になるべく育てられて、親の愛情を受けずに、義務や宿命にがんじがらめにされた少年期を過ごしています。友だちと悪ふざけをするようなこともなく、ストイック過ぎる彼が、アンジェリークに思いを寄せるのだけれども、その思いの寄せかたがまた不器用で! 男としては「もう少しなんとかしろよ!」と思うけど、真面目さゆえ、女王を守る守護聖という職務と、アンジェリークへの想いのあいだで悩み苦しむ。そのあたりの展開がおもしろいですね。

――ジュリアスと速水さんとの共通点を教えてください。
速水 ほとんどないですね(笑)。僕も幼いころは優等生でしたが、大人になるにつれて道を外していますし(笑)。ジュリアスを見ていると、自分を律する強さは忘れてはいけないんだなと思います。僕もジュリアスの生きかたから、もう一度背筋を伸ばして生きなければいけないなと勉強しました。

――速水さんが女王候補となった場合、恋と使命どちらを選びますか?
速水 僕は使命を選びます。恋はいつでもできるから。いくつになっても引退しても、何度も恋をすればいいじゃないですか。でも女王はいましかできない。

――新しいデザインの印象についてお聞かせください。
速水 衣装が昭和から平成になったよね。かつては原色が多かったけれども、いまはおしゃれ度が断然増しているし、立体感があって各キャラの動きも出ています。それと服の素材が解るようになった。パリコレっぽい気がします(笑)。

――20年前を思い出しながら演じたことがあれば教えてください。
速水 9人のオリジナルの守護聖たちって、けっこう個性が強い人たちばかりだったんです。その中で僕は少し寡黙で真面目な役だったので、みんなに交じって声を上げて笑ったりしないように繕っていました。役に入り込むために少し孤独を味わいました。

――今回の作品でここはぜひ聴いて欲しいなというところは?
速水 成就する、うまくいく場面って、意外と想像できるじゃない? だから冷たくするところがお勧めかな。プレイヤーの中には、すべての守護聖を落とす人、ジュリアス一筋でプレイをして気に入られようと最高の正解を出そうとする人、ジュリアスに叱られたくて間違ってばかりいて怒られる人と、いろいろな楽しみかたをする人がいると思いますが、とくにすっと表情がなくなって声のトーンが下がった時のジュリアスがお勧めです。

――もしもし速水さんが守護聖になるとしたら、何を司る守護聖になりますか?
速水 人と人が争うのがいちばん嫌なので、平和を司る守護聖ですね。みんながニコニコ、笑顔を司る守護聖でもいいかな。

――今後アンジェリークに新たな展開があるとしたら、どんなことをしてみたいですか?
速水 いろんな時空に飛んでみたい(笑)。あとは楽器を演奏するとか(笑)。守護聖どうしの恋愛はご法度なので、もうすこし女性が増えたらいいかもと思います。(アンジェリークたちの前の)前の女王とか参加してもいいと思う。新しい宇宙の民との恋愛とかね。そこでアンジェリークがやきもちを焼いて、ドロドロ劇に発展とか(笑)、そのくらいあってもいいんじゃないかな。

――いままでの作品や音楽イベントなどで、印象に残っていることを教えてください。
速水 『アンジェリーク』の曲はどれも素晴らしいのですが、とくにジュリアスの曲は必ずカラオケやライブで歌うくらい好きです。この20年間ずっと僕の中にジュリアスという存在が居てくれているので、“このイベント”、“あのとき”と決めるのは難しいですね。

――ファンの方へひと言お願いします。
速水 今回それぞれの守護聖のバックボーンというか、生い立ちなどいろいろなことがもっともっと明らかになってきて、それぞれのキャラクターにより深みと広がりが出てきて、魅力が増していると思います。皆さんぜひプレイして、体感してみてください。新しく生まれ変わった『アンジェリーク』は、きっと皆さんのハートにストライクだと思います。思いっきりときめいて、思いっきり恋に落ちてほしい。男子も楽しんでみてはいかがでしょうか?

【『アンジェリーク ルトゥール』キャストインタビュー】
クラヴィス役の田中秀幸さんに聞く 「まさに“安らぎをもたらす闇の守護聖”」
ランディ役の神奈延年さんに聞く 告白のシーンはやはり必聴です
リュミエール役の飛田展男さんに聞く 「何か新しいと感じてもらえるのでは」
オスカー役の堀内賢雄さんに聞く 喜びいっぱいの収録だった
優希比呂さんに聞く14歳のマルセルを演じるうえでのポイントとは?
ゼフェル役の岩田光央さんに聞く 「やっぱり元祖ツンデレのゼフェルが好きです」
オリヴィエ役の子安武人さんに聞く 「昔といま、両方ともかっこいいです」
ルヴァ役の関俊彦さんに聞く 告白は芝居の中でいちばんエネルギーを使う
ブライアン役の逢坂良太さんに聞く 「歴史の長い作品に参加することがプレッシャーだった」



キャラクターデザイン:ハチロクハチコ
オリジナルキャラクターデザイン:由羅カイリ
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.