『マリオ&ソニック AT リオオリンピック -アーケード エディション(仮題)』2016年春にゲームセンターに登場予定

セガ・インタラクティブは、アーケードゲーム『マリオ&ソニック AT リオオリンピック -アーケード エディション(仮題)』を、2016年春に全国のゲームセンターで稼働を予定している。

●誰でも簡単に“走る、投げる、飛ぶ”を体感できる

 セガ・インタラクティブは、2016年にWii Uおよびニンテンドー3DS用ソフトとしての発売が予定されている『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』のアーケードゲーム版『マリオ&ソニック AT リオオリンピック -アーケード エディション(仮題)』を、2016年春に全国のゲームセンターで稼動を予定している。

 以下、リリースより。


マリオとソニックが競演する世界的人気シリーズ最新作
マリオ&ソニック AT リオオリンピック -アーケード エディション(仮称)
2016年春、ゲームセンターに登場予定!

 株式会社セガ・インタラクティブ(本社:東京都、代表取締役社長:杉野行雄、以下セガ・インタラクティブ)は、「マリオ&ソニック」シリーズの最新作で、2016 年に「Wii U」 および「ニンテンドー3DS」での発売が予定されている「マリオ&ソニック AT リオオリンピック」のアーケードゲーム版『マリオ&ソニック AT リオオリンピック-アーケード エディション(仮称)』を全国のゲームセンター向けに販売することを決定しました。

 本製品は、セガ・インタラクティブが、国際オリンピック委員会(IOC)のインタラクティブ・ソフトウェアに関する独占的ライセンシーである International Sports Multimedia(本部:米国ジョージア州、会長兼 CEO:Raymond Goldsmith)の独占的許諾を受け、任天堂株式会社の協力のもとで開発しております。

 ゲームセンター向けの『マリオ&ソニック AT リオオリンピック-アーケード エディション(仮称)』は、マシンに取り付けられている左右のレバーと、足元のフットセンサーで、全身を使って直感的にキャラクター達を操作します。子供から大人まで、誰でも簡単に「走る、投げる、飛ぶ」を体感できることは、アーケードゲームならでは大きな特徴です。
 誰もが知っている「100m走」「やり投」「ハンマー投」や「アーチェリー」をはじめとして、おなじみの競技を多数収録し、最大4人での対戦プレイやチーム協力プレイも楽しめるので、グループやカップル、ファミリーまで、みんなで一緒にワイワイと盛り上がることができます。

 2016年8月にブラジルで開催される「リオデジャネイロ オリンピック」を舞台に、マリオとソニックやその仲間たちが共演する『マリオ&ソニック AT リオオリンピック-アーケード エディション(仮称)』にご期待ください。

【製品仕様】
名称:マリオ&ソニック AT リオオリンピック-アーケード エディション(仮称)
ジャンル:スポーツバラエティ
稼働時期:2016年春稼働予定



TM IOC/RIO2016/USOC 36USC220506. Copyright (C) 2016 International Olympic Committee ("IOC"). All rights reserved. SUPER MARIO characters (C) NINTENDO. Trademarks are property of their respective owners. SONIC THE HEDGEHOG characters (C) SEGA. SEGA, the SEGA logo and Sonic The Hedgehog are either registered trademarks or trademarks of SEGA Holdings Co., Ltd. or its affiliates.