バンダイナムコエンターテインメントから2015年に発売予定のプレイステーション4・プレイステーション3用ソフト『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』の体験版2ndのプレイインプレッションをお届け。

●オンライン対戦がついに解禁!

 バンダイナムコエンターテインメントから2015年に発売予定のプレイステーション4・プレイステーション3用ソフト『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』。本作の体験版2ndが2015年7月17日より配信される。本作は人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する歴代キャラクターを操作して対戦を繰り広げる対戦アクションゲーム。2対2のタッグを組み、個性豊かなキャラクターたちの“能力”を駆使して広いステージドを立体的に動き回る、戦略的なバトルが楽しめる。今回、配信に先駆けて新しい体験版をプレイする機会を得られたので、システムやキャラクターの紹介を含めたインプレッションをお届けする。


 まず、プレイして最初に感じたのは、前回の体験版とはほとんど別物と言えるほど進化している、ということだ。前回は力の入った演出に驚かされたものの、ゲームスピードやバトルのテンポなど、ゲームとしての快適さや面白さが損なわれていた印象を受けてしまった。が、今回の体験版ではゲームスピードがかなり速くなっていて、キャラクターの動きが軽快でスピーディーなものになり、爽快感が向上。高速で移動するホーミングダッシュや、ステップなど、直感的にバトルのかけ引きを産み出せるシステムも使いやすく調整されたことで、対戦する楽しさも大きく増している。また、それによって演出面での“ジョジョらしさ”が削られている、ということはなく、バトルのテンポと原作愛に満ちた演出のバランスが両立されていると感じた。

▲デュアルヒートアタックなどの特殊演出も対戦の緊張感をそこなうことなく挿入される。

 と、筆者の感想を述べたところで、まずは新しく追加されたり、性能が変更されたりしているシステム面の中から、バトルに大きく影響を与えそうなものについて紹介していこう。

●奥深いかけ引きを産み出してくれる新たなシステムを紹介!

・スタミナゲージ
 体力ゲージの下に表示される特殊ゲージで、“ジャンプ”や、本作の立ち回りの要となる“ホーミングダッシュ”と“ステップ”、一部の“スタイルアクション”やスキルを行う際に消費される。
 “ホーミングダッシュ”はキャラクターが向いている方向へ高速で突進するアクションで、攻撃判定が付いていて、ヒット時は通常攻撃で動作をキャンセルし連続技に繋げられるため、非常に重要で強力な接近手段となっている。ロックオン時は追尾性能があるため、より敵に接近しやすい。
 “ステップ”は名前の通り短い距離を素早く移動するアクションで、相手の攻撃を軸をずらして避けるといった回避手段として用いるほか、通常攻撃や一部のスキルをキャンセルして出すこともできるので、攻撃の隙を消したり、攻撃→ステップ→攻撃と連続させて畳み掛けたりと、幅広い用途のあるアクションだ。これらは使用する際にスタミナゲージを多く消費し、残量が無くなった場合は回復するまでアクションが起こせなくなってしまう。ゲージ管理が重要になってくるシステムだ。

・スキルやコンボフィニッシュを駆使した連続技
 スキルの種類が多彩になり、威力の高いラッシュ系のスキルでダメージを伸ばしたり、相手を吹き飛ばせるスキルでダウンを奪って有利な状況を作るなど、状況に応じて多彩な連続技を組み立てられるようになった。また、通常攻撃を△ボタンでキャンセルして出すフィニッシュ攻撃の中には、相手を上空に打ち上げるものがあり、そこからジャンプで硬直をキャンセルできるため、空中に打ち上げた相手にさらなる追撃を狙う、といった格闘ゲームのような連続技も可能に。爽快感がアップした。

▲今回の体験版ではディオが特に攻撃的なスキルを多く持っていて、相手を凍らせるスキルなどを中継することで、かなり高威力の連続技を叩き込むことができる。

・デュアルコンボ
 前回の体験版から大きく変化が加えられたシステム。発動すると一定時間自チームの2人がパワーアップし、移動速度の上昇や、スキルを別のスキルでキャンセル可能になる恩恵が得られる。そして、効果中に攻撃を相手にヒットさせるたび、デュアルコンボゲージが増加していき、ゲージを満タンまで溜めるとデュアルコンボフィニッシュが発動。ゲージはパートナーと協力してコンボを行うとより早く溜められる。デュアルコンボフィニッシュを成功させると、自チームの体力が回復する。デメリットは無いので、ストックが溜まったら積極的に発動していくことで、戦闘を有利に進められるぞ。

・ゴゴゴフィニッシュ
 パートナーが戦闘不能になっていて、かつデュアルヒートアタックが使用可能な場合に使えるシステム。ダウン中の相手に接近してL1+R1をを押すと、互いに○×△□の4つのボタンから1つを選択する。その時、両者とも同じボタンを選んでいた場合、相手キャラクターを一発KOできる。バクチではあるものの、非常に強力なシステムだが、失敗した場合は自分の体力が削られてしまうリスクもある。また、相手の体力が減少している場合は、選べるボタンの数がその段階に応じて少なくなり、より“賭け”に勝ちやすくなる。

▲今回のネット対戦では、相手の操作キャラクターさえ戦闘不能にすれば勝利が決まる。味方がやられても諦めなければ、一発逆転が狙えるシステムになっているぞ。

●今回の戦いの舞台となる2つのステージを紹介!

 前回の体験版では、第2部の“エア・サプレーナ島”と第7部の“ロッキー山脈麓の村”でのバトルが楽しめたが、今回はステージが一新されて、第1部の“ジョースター邸”と第3部の“カイロ市街屋上”の2つで戦うことになる。それぞれのステージの特徴を紹介していこう。

・ジョースター邸(part1 ファントム・ブラッド)

 広間となっている1階ホールと、階段で上がれる2階廊下で構成されている立体的なステージ。1階は邪魔なギミックが少なく、オーソドックスな戦いが楽しめるステージだが、時間経過により、窓から屍生人(ゾンビ)が手を伸ばしてきたり、近付くと徐々にダメージを受けていく炎が燃え広がったりと特殊性が増えていく。

▲屍生人の出現後は、窓に近付きすぎると拘束されてダメージを受けながら一定時間無防備になってしまう。左スティックを素早く動かして脱出しよう。

・カイロ市街屋上(part3 スターダスト・クルセイダース)

 エジプトまで辿り着いたジョースター一行が、DIOとの最終決戦を繰り広げた場所。ここでは建物の屋上を跳び回るようにして移動する必要があり、屋根の隙間やステージ外に落下すると大ダメージを受けてしまう。ひとつひとつの屋根は狭く、近距離戦を得意とするキャラクターなら一度接近すれば一気に畳み掛けることができる。対して遠距離が得意なキャラクターなら、離れた屋根の上から一方的に攻撃を仕掛けたり、トラップを設置しながら逃げ回ったりと、一工夫ある戦い方ができるステージとなっている。

▲吹っ飛ばされて激突すると落下する看板や、ダメージを与えて壊せる時計塔など、特殊なギミックも満載されている。

・シチュエーションフィニッシュを狙え!

 今回のステージには、ある方法で相手を再起不能にすると発生する、特殊な“シチュエーションフィニッシュ”が搭載されている。ジョースター邸では“慈愛の女神像”が、カイロ市街屋上では“貯水槽”が、それぞれカギを握っているようだ。原作のあのシーンを、自分の手で再現してみる楽しさがある。

 システムとステージの紹介が終わったところで、ここからは今回の体験版で使用可能な6人のキャラクターを紹介していこう。どのキャラクターもスタイルアクションやスキルなど、独特なものがそろっていて、全く違う戦略でバトルが楽しめる性能になっているぞ。