2015年7月9日~12日、アメリカ・サンディエゴのコンベンションセンターにて、Comic-Con International 2015(通称:コミコン)が開催。その二日目となる7月10日、バンダイナムコエンターテインメントのアーケードタイトル『鉄拳7』に関するパネルセッションが行われた。

●初お披露目の新キャラのコンセプトイラスト、コラボイラストが多数!

 2015年7月9日~12日、アメリカ・サンディエゴのコンベンションセンターにて、Comic-Con International 2015(通称:コミコン)が開催。その二日目となる7月10日、バンダイナムコエンターテインメントのアーケードタイトル『鉄拳7』に関するパネルセッションが行われた。

 本パネルに登場したのは、もちろん『鉄拳』シリーズプロデューサー原田勝弘氏。スペシャルゲストには、PCでIllustratorを使用してマウスのみで描く(マウスアート)、アーティストjbstyle氏が参加。jbstyle氏は、ヒルクライムとのコラボPV やXJAPAN hide、相川七瀬などのアートワークのほか、『鉄拳7』お始め、『魔法科高校の劣等生』や『ファイナルファンタジー零式 HD』(スクウェア・エニックス)などのアートワークも手掛ける。今回は、セッション中にjbstyleがマウスアートを完成させるという、ライブパフォーマンスも同時進行された。

▲ご存じ『鉄拳』シリーズプロデューサー原田勝弘氏。
▲jbstyle氏がマウスを使って描くようになったのは、(原田氏の説明によると)お金がない時代にタブレットが購入できず、やむを得ずマウスを使って描いたことがキッカケだったのだとか。
▲jbstyle氏のこれまでのアートワークの一部。原田氏は、今後さらにブレイクするアーティストだと絶賛。
▲パネル観覧者には、jbstyle氏のデザインによる、本来はEVO 2015にエントリーした人しかもらえないTシャツが全員にプレゼント。

 今回のパネルセッションではコミコンらしく、『鉄拳7』のキャラクターのコンセプトスケッチや未公開の作家のイラストなど、貴重な資料が公開された。ちなみに、今回公開されたもののほとんどは、今後、基本的には公開の予定がない貴重なものばかり。

 まずは、『BAYONETTA(ベヨネッタ)』のキャラクターデザインを手掛けた島崎麻里氏による三島一美のコンセプトスケッチが公開。『鉄拳7』では、キャラクターデザインを決める課程で、いくつかのコンセプトスケッチを描いてもらい、そこからデザインを選び、修正しながら進めていく作りかたをしているという。

[関連記事]『鉄拳7』 三島一美がプレイアブルキャラクターとして6月2日より参戦決定!【動画あり】

▲デビル化した一美。「私の妻が怒ったときと非常によく似ています」(原田氏)。
▲実際のゲームデータには入っているが、使用されていないという未公開のイラスト。

 続いて公開されたのは、こちらも島崎麻里氏によるJosieのコンセプトスケッチ。

▲最終形と比べると、けっこう違うJosieの初期コンセプト画。
▲髪型やアクセサリーなども細かく吟味。

 格闘ゲームでは珍しい中東のキャラクターSHAHEEN。デザイナーはNINNIN。

▲SHAHEENも初期からさまざまなバリエーションがあったことがわかる。どのデザインがいいか、FacebookのTEKKENコミュニティでアンケートが取られたことも。

 北米の鉄拳コミュニティであまりウケがよろしくないというLUCKY CHLOE。「私は彼女をアンラッキー・クロエと呼んでいます(笑)」(原田氏)。ラッキー・クロエはダンサーというコンセプトだっため、カジュアルなダンサーっぽいデザインでスタート。

 タイムリリースで登場した風間仁。コザキユースケ氏デザインによる新コスチュームは初期のものからさほど変更なし。

 GIGASは吉村健一郎氏によるもの。こちらは最終形に至るまで、さまざまなバリエーションが描かれた。

▲カラーバリエーションも多数描かれていた。

 タイムリリースで登場した吉光。これまでも変化を遂げてきた吉光は、本作でもデザインが一新され、もはや新キャラクターと言える。「吉光はこういったデザインのバトルスーツを着ているだけで、中身は人間ですので誤解しないでください(笑)」(原田氏)。