【パンツ写真あり】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』インプレッション 平和主義的オープンワールドでパンツと女の子を撮りまくる夏の日

いよいよ発売を迎えた『夏色ハイスクル★青春白書(略)』。恋愛がテーマのオープンワールドゲームという、かつてないコンセプトに挑戦した本作の魅力をインプレッションでお届け!

●見つけ次第撮れ! 見るパン必撮! 見るパン必撮だ!

 長すぎるタイトルや、その独特なコンセプトで、発売前から高い注目を集めてきた『夏色ハイスクル★青春白書 ~転校初日の俺が幼馴染と再会したら報道部員にされていて激写少年の日々はスクープ大連発でイガイとモテモテなのに何故かマイメモリーはパンツ写真ばっかりという現実と向き合いながら考えるひと夏の島の学園生活と赤裸々な恋の行方。~』が発売になった。

 本作を語るとき、どこから語り始めるかというのが難しい。なぜなら、ツッコミどころが多すぎるから! オープンワールドの恋愛アドベンチャーというコンセプトは斬新だし、タイトルは長すぎるし、パンツ写真が撮れちゃうし! 書くべきことは山ほどあるけど、まずは率直な感想を。

 いやあ、パンツが撮れるゲームって最高ですね! 

……って、我ながら、率直すぎるという気がしないでもない。しかし、ふつうにプレイしていたはずが、ゲームのタイトルにもなっているように“気がつけばマイメモリーはパンツ写真ばっかり”という状況になっていた。ううむ、なぜだろう。

●オープンワールド×恋愛アドベンチャーゲームという試み

 このゲームについて簡単に説明しておくと、そのタイトルに書かれているとおり、夢ヶ島にある高校に転校してきた主人公が、報道部員のカメラマンとして活動しながら、ひと夏(約90日間)のあいだに個性豊かなヒロインたちと絆を深めていくという恋愛アドベンチャーゲーム。

 舞台となる夢ヶ島がオープンワールドで描かれていたり、常にカメラを携帯している主人公は、操作中ならいつでも写真を撮影できる点が特徴で、恋愛アドベンチャーゲームという本筋はしっかりしていながら、総合的には一風変わった……わかりやすく言えば“バカゲー”に仕上がっている。まあ、タイトルの長さからしてバカっぽさは十分伝わっているのではないだろうか。(念のため言っておきますがこの場合の“バカ”はホメ言葉ですからね!)

●パンツを撮る理由とその必然性とは?

 従来の恋愛アドベンチャーゲームなら、場所を選択するだけで自動的に始まるようなイベントも、オープンワールドで描かれる本作の場合、実際にその場所へキャラクターを動かし、イベントが起きる時間まで待たなければならなかったりと、プレイヤーの自由になる“遊び”の時間が多い。

 さらに、夢ヶ島には主人公の通う高校があり、メインヒロインも、それ以外のノンプレイヤーキャラクターも、島のいたるところでおしゃべりをしていたり、喫茶店でお茶を飲んでいたりする。主人公は、そんな女の子たちにこっそりと忍び寄って、しゃがんだり寝転んだり、ファインダーを構えたままスライディングをしたりして、みんなのパンツ写真を撮影できる。

 ましてや、女の子たちはそれぞれが異なる柄のパンツを履いていて、それも毎日変わる“PHS(パンツ・履き替え・システム)”が搭載されているというこだわりよう。見るたびに、新しいパンツを目にすることができるのだ。

 女の子が(正確にはゲーム制作者が)そこまでこだわっているというのに、パンツ写真を撮らないのは逆に失礼にあたるだろう。だから、女子が履いているパンツを確認して撮影するというのは、これはもう礼儀! 礼儀なんですよ!(※あくまでゲーム内の話です) 

 また、本編以外にも、多彩な衣装でヒロインと撮影会が楽しめる“アバタールーム”や、特定の条件を満たすとプレイ可能になる、キャラクターを自由に配置して撮影できる“フリーモード”があり、ひたすら(パンツ)写真を撮りたいプレイヤーにも嬉しい配慮がなされている。

●夢がいっぱい夢ヶ島の島ライフ

 そんな魅力的な女子たちがたくさんいる夢ヶ島は、自転車で1周するのに現実の時間で10分ほどしかかからない、小さな島。その中には、学校や駅、商店街といったさまざまな施設が詰め込まれている。最近のオープンワールドゲームでは、大陸クラスの広大なマップがウリの作品も多いが、夢ヶ島を自由に行き来していると、オープンワールドゲームとして必要十分な広さを感じられる。

 その理由に、舞台が現代日本で、主人公が高校生であるということが大きく関係している。自分が高校生のころを思い出してみると、当時、移動手段のメインはママチャリで、居場所はおもに学校と部活と家の周辺だった。大人になったいまから思うと小さな世界だったけれど、当時の自分にとっては、その世界は十分に広く、楽しい世界だった。だから、主人公が“日本の高校生”で、世界を救うような冒険ではなく、そこにいる女の子たちとの淡い恋愛がテーマであるこのゲームの場合、舞台はこのくらいでちょうどいいのだ。きっと。

 本作では、そんな島を舞台に、現実の高校生活ではかなわなかった、かわいい女の子との胸キュンな触れ合い(これは上手にできる人もいる)や、女の子のパンツ撮影(これは誰もできない)が、心ゆくまで行える。これだけでも楽しいじゃないか。
 
 そして、プレイを進めるにつれ、だんだんと島の道や街の住人を覚える。最初はつねに地図を確認していたのに、いつの間にか地図を見なくても目的地に行けるようになり、いつどこに誰がいるかもわかるようになって、島になじんでいく。その中で、次第にヒロインたちと心を通わせ、街や人を好きになる。気づけばこの街で、誰かと恋に落ちている。

 そんな、現実世界と同じような感覚で過ごせるというのは、じつはすごいことだと思う。

●果敢なチャレンジとパンツに暖かい拍手を

 ゲーム中には、クエストの発生条件がわからなかったり、探し人が見つけにくいといった荒削りな部分もある。例えば、主人公は報道部員のカメラマンとして活動するわけだが、実際の取材活動イベントで集合写真を撮るときなどに、自分で撮影できず自動で進んで行くのが気になった。そういったときに自分でシャッターを切ることができれば、ゲームへの没入感はより増したのではないだろうか。そのように、主人公がカメラマンであることと、ゲーム本編への関わりが薄く感じられることは少し残念な点だった。

 しかし、そういったさまざまな欠点は、この新しいコンセプトのゲームを作り出すことに挑み、苦闘した証でもあるだろう。ダメなところをあれこれとあげつらうより、まずはその果敢な挑戦に拍手を捧げたい。何より、多少の欠点はパンツを見れば忘れられるから! 


夏色ハイスクル★青春白書 〜転校初日のオレが幼馴染と再会したら報道部員にされていて激写少年の日々はスクープ大連発でイガイとモテモテなのに 何故かマイメモリーはパンツ写真ばっかりという現実と向き合いながら考えるひと夏の島の学園生活と赤裸々な恋の行方〜
メーカー ディースリー・パブリッシャー
対応機種 PS4プレイステーション4 / PS3プレイステーション3
発売日 2015年6月4日発売
価格 プレイステーション4版は7480円[税抜](8078円[税込])、プレイステーション3版は6980円[税抜](7538円[税込])
ジャンル アドベンチャー
備考 プレイステーション4のダウンロード版は6926円[税抜](7480円[税込])、プレイステーション3のダウンロード版は6463円[税抜](6980円[税込])

(C)D3 PUBLISHER