ガンホー・オンライン・エンターテイメントはPC用MMORPG『エミル・クロニクル・オンライン』において、大型アップデート“絆の試練”を、2015年5月28日に実装する。新コンテンツ“パートナープロテクト”の体験プレイリポートをお届け。

●パートナーが活躍するディフェンスゲームが実装

▲大型アップデート“絆の試練”メインビジュアル(イラスト:雀葵蘭)

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントはPC用ハートフルMMORPG『エミル・クロニクル・オンライン』(以下、ECO)において、大型アップデート“絆の試練”を、2015年5月28日に実装する。

 『ECO』運営チームの寺田美絵氏に内容を質問したところ、「ディフェンスゲームを入れちゃいました」という回答をもらった。ディフェンスゲームといえば、ユニットを配置(ときには操作)して迫りくる敵から拠点を守るゲームジャンルである。

 『ECO』にディフェンスゲーム? どういうことなのか確認するため、ガンホー本社を訪れた。

▲左から、『ECO』運営チームの寺田美絵氏、榊田毅氏、深田將之氏。

●パートナーから守ってもらう新コンテンツ“パートナープロテクト”

 本アップデート最大の目玉コンテンツは“パートナープロテクト”。プレイヤーとともに成長していく“パートナー”は『ECO』にとって非常に大切な要素だ。パートナープロテクトとは、ディフェンスゲーム的な戦闘システムを使ってパートナーから守ってもらうコンテンツだという。

 パートナープロテクトの目的は、フィールド中央の“トルマリンクリスタル”を、四方八方から攻めてくるモンスターから守り切ること。プレイヤーはトルマリンクリスタルに閉じ込められた状態にあり、そこからパートナーに指示を出してモンスターを撃退する。プレイ時間は15分ほどで回数制限もないので、ミニゲーム感覚で楽しめる。

▲イストー岬にいるマスクがおしゃれなNPC“絆の代弁者レウス”に話しかけるとパートナープロテクトロビーに移動できる。しばらくは南アクロニア平原のNPCからイストー岬へ転送してくれるイベントも実施する予定らしい。
▲“受付の女性”からゲームに参加可能なルームリストを確認。2015年5月28日時点のステージはチュートリアルを含む3種類で、チュートリアル以外の2ステージは難易度を3段階から選択できる。

 システムの解説もそこそこに、まずはプレイさせてもらうことに。パートナープロテクトには最大4人で参加できるので、運営チームのお三方もルームに入ってもらった。

 パートナープロテクト中は視点を“プレイヤービュー”、“パートナービュー”、“テクニカルビュー”、“全体ビュー”から自由に切り替えられる。序盤はパートナービュー、モンスターの数が増える中盤以降は俯瞰視点のテクニカルビューや全体ビューだと戦いやすい。

▲こちらが4種の視点。プレイヤービューは視点をフラットな状態に戻すときに便利。

 いざゲームが始まると、パートナーを直接操作して戦う感覚に近かった。パートナーの強さや習得スキルはそのまま反映されるので、十分に育ててからチャレンジしたほうが有利。なお、イリスカード装着による強化は有効なものの、特定の職業が持つパートナー強化スキルの効果は乗らないので要注意だ。

▲各種スキルの効果はロビーのNPCが教えてくれる。

 パートナープロテクトのゲーム性を支えているのが、応援スキルとギミックスキルだ。ステージに現れるモンスターを倒すと入手できるPP(パートナーポイント)を消費して使用し、バリケード設置やトルマリンクリスタルの回復、パートナーの強化などを行える。

 とくに重要なのがギミックスキルの使いかただ。一般的なディフェンスゲームにおけるユニット配置に当たり、大半は動きを阻害する効果を持つ。

 初心者でも使いやすいのは“木の柵”。要はバリケードである。モンスターは直線的にトルマリンクリスタルを目指すので、まずは周囲を囲むように“木の柵”を設置する。壊される前にモンスターを倒してさらにPPを貯めるのが常套手段だ。

▲“木の柵”は設置場所に合わせて形を変えられる。
▲波を発生させて敵を押し戻す“アクアウェーブ結晶”。波の方向は任意で設定可能。
▲ふたつ設置すると2点を瞬間移動できる“ワープマッシーン”。フィールドの端に設置しておくと便利。
▲好戦的な敵を引き付けて爆発する“フェロモンボム”と、混乱効果を与える“パニックフラワー”。

 ギミックは破壊されることもあるため、後半はPPの消費量が増大。範囲攻撃で複数のモンスターを倒せるパートナーなら、一気にPPを稼ぐことができる。ギミックの配置だけでなく、参戦させるパートナーのセレクトも大切なのだ。

 PPに余裕があったら応援スキルでパートナーをサポート。効果を分かりやすく実感できるのが“スピードアップ”だ。モンスターを効率的にさばけるようになるので、なるべく効果を切らさないように使い続けたい。

▲応援スキル“パーフェクトプロテクション”。大きくPPを消費するが、一定時間ステータスが大幅にアップし、しかも無敵状態になる。ここぞというときに使用したい。
▲“サモンオーブ”は輝く球体を召喚して、パートナーの周囲の敵を攻撃する応援スキル。

 見事にトルマリンクリスタルを守り切るとステージクリアとなり、貢献度によってE~Sの6段階で評価される。評価は総合貢献度から算出されるので、多人数のほうが高評価を得やすい。

 報酬はパートナーの信頼度とパートナープロテクトBOX。BOXからはパートナー育成用のアイテムやアクトキューブ(パートナーにスキルを覚えさせたりできるアイテム)、ライドパートナーを入手可能だ。

▲高評価を得るとレア度の高いパートナープロテクトBOXを入手しやすくなる。
▲パートナープロテクトBOXの中身は消費アイテムがメイン。テストプレイ時は運よくアクトキューブをゲットできた。
▲ライドパートナーは植物系モンスターの球根部分がモチーフ。寺田氏「もとのモンスターは、この上にセクシーなお姉さんの上半身がついています。下がほしいというご意見があったので」。

●そのほかのアップデート要素

■EXイリスカード第31弾
 武器や防具に装着して強化するイリスカードの最新版。“パートナー”がテーマのイラストが描かれており、効果もパートナーとの冒険に役立つものが揃っている。

■ダウンタウンに特別なガチャが登場
 ゲーム内のダウンタウンに、10万ゴールドで回せるガチャが登場。飛空庭(ハウジングシステム)に設置できる家具がランダムで手に入るほか、ここでしか出現しないレアなパートナーも。

▲ガチャは10回ぶん一気に回すこともできる。100万ゴールド・・・。
▲レアパートナーの狐紅丸。かっこいい。
▲入手した家具を飛空庭に並べてみた。寺田氏「ここまでトイレトイレしたトイレは初めてです。使うとフタが開くんです」。