東京インディーフェス 2015の締めくくりに 優秀タイトルのアワード発表!【TIF 2015】

2015年5月8日~10日、東京・秋葉原UDXにて東京インディーフェス(TIF) 2015が開催。最終日の5月10日には、出展作品のなかから優秀なタイトルが選出されて発表された。そのアワードの授賞式の模様をリポートする。

●5つの部門で優秀タイトルが決定

 2015年5月8日~10日、東京・秋葉原UDXにて東京インディーフェス(TIF) 2015が開催。最終日の5月10日には、イベントの締めくくりとして、出展作品のなかから優秀なタイトルが選出されて発表された。そのアワードの授賞式の模様をリポートする。

 アワードは、“ビジュアル”、“オーディオ”、“ゲームデザイン”、“ナレーティブ”、“テクノロジー”という5つのポイントで評価され、各部門で優秀タイトルが決定した。受賞したタイトルおよび出展メーカーは、以下のとおりだ。

・ベストビジュアル賞
 『ヒストリア:エンバーオブフェイト』(Phonix Studios)
・ベストオーディオ賞
 『THUMPER』(Drool)
・ベストゲームデザイン賞
 『宇宙戦士ガラク-Z』(17-BIT)
・ベストナレーティブ賞
 『バートラム:フィドルの冒険 エピソード1』(Rumpus/コーラス・ワールドワイド)
・ベストテクノロジー賞
 『木造校舎を歩く』(irondrill)

 特設ステージでは、各部門賞ごとにメーカーの代表者が登壇し、トロフィーが贈られた。また授賞式の最後には、主催者代表としてTIFのチーフ・オーガナイザーを務めるアレックス・デ・ジョルジョ氏が登場。「皆さん、いっしょにがんばって、イベントがすごく盛り上がりました! とても楽しかったです。皆さん、疲れていると思いますが……、本当に、お疲れ様でした! そしてありがとうございました。また来年、よろしくお願いします!」と締めくくり、式は拍手のなか終了となった。

▲受賞タイトルの制作チームには、トロフィーが授与された。

▲各メーカーの代表者たち。左からDrool、Rumpus/コーラス・ワールドワイド、17-BIT、irondrill、Phonix Studios。

▲最後は主催者を代表してアレックス氏が登場し、イベントを総括して挨拶した。

ヒストリア:エンバーオブフェイト(Phonix Studios)

▲スマホやタブレット向けの、オンラインタクティクスRPG。キャラクターを3Dの戦場で自由に動かし、戦略的なバトルが楽しめる。ジョブやスキルの選択により、キャラを独自にカスタマイズすることも可能だ。

THUMPER(Drool)
※Drool公式サイトはこちら

▲宇宙空間のような幻想的なコースを疾走するドライブゲームだ。スピード感あふれるサウンドは迫力十分で、光の演出も美しい。

宇宙戦士ガラク-Z(17-BIT)
※17-BIT公式サイトはこちら

▲90年代アニメスタイルの戦闘機で冒険する、宇宙が舞台の2Dシューティング。敵が助け合いながらプレイヤーを追い込むなど、ドキドキのギミックが満載。次世代ハード(PS4)ならではの繊細な操作感と、リアルな物理演算が特長だ。

バートラム:フィドルの冒険 エピソード1(Rumpus/コーラス・ワールドワイド)
※コーラス・ワールドワイド公式サイトはこちら

▲ヴィクトリア朝時代のロンドンが舞台のミステリーアドベンチャー。冒険家バートラム・フィドルとその従者が、連続殺人犯を追って、さまざまな冒険をくり広げる。そのストーリー・シナリオが評価され、ベストナレーティブ賞に輝いた。

木造校舎を歩く(irondrill)
※『木造校舎を歩く』Facebookサイト

▲タイトルどおり、懐かしき香りのする木造校舎を歩き回る、ユニークな感覚のゲーム。最新テクノロジーでヘッドマウントディスプレイとの連動を実現し、プレイヤーは実際に探索しているような感覚を味わえる。