宮本茂氏も川上量生氏も人気実況者も有野課長が作った『マリオ』に大苦戦! “ゲームセンターCX in ニコニコ超会議2015”をリポート【ニコニコ超会議2015】

ドワンゴ及びニワンゴは、2015年4月25日(土)、26日(日)に幕張メッセで動画サービス“niconico”の超巨大イベント“ニコニコ超会議2015”を開催。ここでは、25日(土)、“超ゲームエリア”で開催された“スーパーマリオ30周年SPステージ ゲームセンターCX in ニコニコ超会議2015”の模様をリポート!

●“マリオ”30周年を祝うべく、豪華なゲストが登場

 ドワンゴ及びニワンゴは、2015年4月25日(土)、26日(日)に幕張メッセで動画サービス“niconico”の超巨大イベント“ニコニコ超会議2015”を開催。ここでは、25日(土)、“超ゲームエリア”で開催された“スーパーマリオ30周年SPステージ ゲームセンターCX in ニコニコ超会議2015”の模様をリポート!

▲ゲームセンターCX・有野課長

 “ゲームセンターCX”の有野晋哉課長が、ニコニコ超会議に初登場したこのステージ。会場には溢れんばかりのファンが詰めかけ、たいへんな熱気の中でイベントがスタートした。ステージの司会は、同番組の構成作家・岐部昌幸氏が担当するほか、影の声は菅剛史プロデューサー、ステージ下には阿部カメラマンらの姿もあり、“ゲームセンターCX”の公開生放送といった雰囲気だったのだ。
 颯爽と登場した有野課長。まずは、黒山の人だかりとなった観客に驚きつつも、いつもの番組通りのペースでイベントはスタートした。

●有野の挑戦 in ニコニコ超会議2015
 生放送でのゲーム挑戦は、2013年11月5日の武道館で行われたイベント“ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館”以来とのことだが、「不安はないですよ。いつも通りのプレイを見せるだけです!」と意気込む有野課長。
※関連記事:“ゲームセンターCX 有野の挑戦in武道館” 7000人のファンといっしょに「ゲームセンターシーエーックス! 課長ON(かちょオーン)!」

 やはり『スーパーマリオ』30周年を祝うこのイベントの名前通り、『スーパーマリオブラザーズ』の“WORLD 1-1”をクリアーするというもの。あまりの簡単なお題目にちょっと拍子抜けする有野課長だったが、当然ふつうのプレイになるはずもなく。今回は、マット型コントローラを使用しての、いわゆる“足マリオ”でプレイすることになったのだ。

▲矢内ADから、マット型コントローラの説明。

▲もちろんスタートは、「ゲームセンターCX、課長オン!」の掛け声で!

▲初体験のマット型コントローラに苦戦する有野課長。

 勝手知ったる“WORLD 1-1”と言えど、いきなりジャンプもできずクリボーに直撃するなど、“足プレイ”に相当苦労する有野課長。少しずつステージを進めるものの、まさかのタイムアップで“ガメオベラ(GAME OVER)”……。「これが、課長クオリティー!」という影の声が会場に響き渡った。
 しかし、ここでステージに強力な助っ人が登場することに! この“足マリオ”でのプレイ動画が人気を集めるP-P氏が登壇し、有野課長にプレイ指南を行うことになったのだ。写真の通り、コミカルな動作も交えつつ、P-P氏からジャンプのタイミングや方向、操作方法のコツなどがアドバイスされた。明らかに上達はしたものの、“課長クオリティー”の凡ミスもあり、なかなかクリアーできず、結局最後はP-P氏がクリアー直前まで進めて、最後に課長がゴールして、なんとか“WORLD 1-1”をクリアーしたのだった。

▲ステージには、一日助っ人ADとしてP-P氏が登場!

▲コミカルながらも、的確なアドバイスを送るP-P氏。ふたりの協力プレイで、なんとかクリアー!