BitSummitが7月11日、12日に開催決定 一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)も設立へ

BitSummitが今年も開催されることが明らかに。2015年7月11日(土)、12日(日)、京都市勧業館みやこめっせ(京都市左京区)にて開催されることになった。

●BitSummitは今年もやります!

 “日本のインディーゲームを世界へと発信していく架け橋になる”ことを目的に、2013年にスタートしたBitSummitが今年も開催されることが明らかに。2015年7月11日(土)、12日(日)、京都市勧業館みやこめっせ(京都市左京区)にて開催されることになった。

 さらに、今回のBitSummit開催にあたって、シーンの更なる活性と発展を目指し、キュー・ゲームス、ピグミースタジオ、ヴィティ、17-Bitが発起人となって、一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)が設立されることもアナウンスされた。

 なお、今回のBitSummitから、アメリカを拠点に、現在世界中のゲームクリエイターやメディア、ゲームファンから注目と信頼を集める“Indie MEGABOOTH”を新たなパートナーとして迎えることも発表。この提携によって、「当初より“BitSummit”がコンセプトとしてきた、日本のコンテンツを海外へという面を、より継続的に支援できるような協力体制を確立することを目指します」(リリースより)とのことだ。

 今後の情報については、“BitSummit”のウェブサイトやSNSより発信されるとのこと。もちろん、ファミ通.comでもフォローしていくのでお楽しみに。

【Indie MEGABOOTHとは】(リリースからの抜粋)

Indie MEGABOOTHとは、2012年のアメリカの大型ゲームイベントのひとつ、PAX East開催時に地元の16のスタジオを中心に結成された団体です。その役割りはアメリカはもとより、ヨーロッパでも、開発コミュニティの核として、またショウやイベントのキュレーターとして機能し、出展サポートやメディアサポートなどを通して多くの開発者から信頼と称賛を集めてきました。 現在ではGDCやE3、gamescomなど世界中のゲームイベントで活躍しています。
いまや、彼らの注目タイトルがトップセールスに名を連ねることも少なくありません。