スクウェア・エニックスは、2015年3月19日、『ファイナルファンタジーXI』の今後の展開に関してメディア向け発表会を開催。『FFXI』の“ネイティブアプリプロジェクト”を発表した。

●『FFXI』をモバイル端末で! ネイティブアプリを開発中

 スクウェア・エニックスは、2015年3月19日、『ファイナルファンタジーXI』(以下、『FFXI』)の今後の展開に関してメディア向け発表会を開催。『FFXI』の“ネイティブアプリプロジェクト”を発表した。
 “ネイティブアプリプロジェクト”は、モバイル端末でいつでもどこでも気軽に楽しめる“次世代の『FFXI』”を目指して開発されているもの。説明によると、戦闘もタッチインターフェースに最適化し、ジョブシステムや連携、チェーンなどの基本システムも改良を加え、スピーディーに遊べるように進化させるという。また、パーティ編成も改良し、より気軽に共闘ができる仕組みを導入するほか、ソロプレイが充実する施策など、システム面も強化されるとのこと。そのほか、さまざまな条件によって発生するダイナミックイベントなど、モバイルならではのゲーム性を提供していくという。
 まず日本、韓国でサービスを開始し、以降各リージョンに広げていく予定で、サービス料金に関しては検討中とのこと。

 なおこのネイティブアプリの開発には、モバイル端末でのMMORPG開発、運営の経験が豊富なネクソンがパートナーとして参画。MMOにモバイルのプレイ構想を加えた、“Massive Multiplayer Mobileロールプレイングゲーム”を目指す。