2015年2月13、14日、千葉・幕張メッセで開催された“ジャパン アミューズメント エキスポ 2015”’(JAEPO 2015)。ここでは14日の一般開放日にセガブース内で行われた『新甲虫王者ムシキング』のイベントステージの模様をお届けする。

●クマムシ&カブトムシゆかりが『ムシキング』復活を全力応援!

 2015年2月13、14日、千葉・幕張メッセで開催された“ジャパン アミューズメント エキスポ 2015”’(JAEPO 2015)。ここでは14日の一般開放日にセガブース内で行われた『新甲虫王者ムシキング』のイベントステージの模様をお届けする。

 カブトムシやクワガタといった“甲虫”のカードを登録し、ゲーム内で戦わせるというコンセプトで多くの子供の心をわしづかみ、一世を風靡した『甲虫王者ムシキング』の復活ということで注目を集めていた『新甲虫王者ムシキング』。ステージイベントにはそんなビッグタイトルにふさわしいゲスト、お笑いコンビのクマムシやマドモアゼル、芸能界随一の昆虫愛を持つカブトムシゆかりさんたちが駆けつけた。

▲クマムシの佐藤大樹さん(写真左)、長谷川俊輔さん(写真右)
▲カブトムシゆかりさん
▲マドモアゼルの平山洋祐さん(写真左)と坪倉良太さん(写真右)。芸歴1年目ということで(?)今回のイベントではゲームのプレイはできず。イベント開始直前の前説とクマムシ&カブトムシゆかりさんの応援という、場を暖める係を担当。
▲クマムシのふたりは登場するやいなや流行語大賞にもなった「あったかいんだからぁ♪」を交えたトークで畳みかけ、JAEPO2015の来場客を一気にセガブースへと引き寄せていた。

 ゲストが全員出そろい、各々の自己紹介が終わると、まずは『新甲虫王者ムシキング』の魅力を凝縮したPVを鑑賞。虫好きのカブトムシゆかりさんはゲームに登場する虫のグラフィックのリアルさに、クマムシとマドモアゼルの4人は、本作から排出される虫型変形アイテム“Vガジェ”に興奮。とくにテンションが上がっていた。

 『新甲虫王者ムシキング』のゲーム内容については、こちらのプレイリポートを参照していただきたい。

▲Vガジェは筐体にセットすることで甲虫がパワーアップ。筐体がLED演出で光りだしたり、ゲーム画面では専用演出が発生するなど、能力値アップ以外のメリットも盛りこまれている。

 PV鑑賞後は、ゲストのみなさんひと通りゲーム内容を理解したということで、実際に対戦プレイを行なう流れに。ゲームをプレイするクマムシのふたりとカブトムシゆかりさんにはクワガタやカブトムシといった甲虫に加え、本作から導入されたサポートユニット、“昆虫カード”とVガジェも手渡された。

▲『新甲虫王者ムシキング』では、メインで戦う甲虫カードをサポートする昆虫カードを最大3枚まで登録が可能だ。
▲対決はクマムシが先手を取るものの、必殺技を狙いすぎて出す手がグーに偏っていることをカブトムシゆかりさんが読んで勝利。

 対戦が終わると、イベントも終了の時間となり、各ゲストの締めのひと言に。カブトムシゆかりさんはバトルに勝ったこともあってか「ジャンケンバトルなので大人も子供もいっしょに楽しめるのがいいと思います。昔の『ムシキング』が流行っていたときは思春期で、並ぶのがちょっと恥かしかったんですけど、今回は堂々と並んでいっぱい遊びたいです」とご満悦。ゲームをプレイできなかったマドモアゼルは「次は絶対に売れて、Vガジェを(筐体に)はめます!」と決意宣言(?)。クマムシは「セガさんには必殺技で「あったかいんだからぁ♪」を作ってほしいですね。あとクマムシのカードをぜひ出してください!」とリクエスト。それには、マドモアゼルから「クマムシって微生物やから! 指でつぶせるから!」というツッコミが入るなど、終始笑いの絶えないイベントだった。