2015年2月13・14日、千葉・幕張メッセで開催中の“ジャパン アミューズメント エキスポ 2015”(JAEPO 2015)でプレイアブル展示されていた『ルイージマンションアーケード』(カプコン)のプレイリポートをお届け!

●“オバキューム”を手に取ってオバケを驚かす! 吸い込む!

 2015年2月13・14日、千葉・幕張メッセで開催中の“ジャパン アミューズメント エキスポ 2015”(JAEPO 2015)。セガのブースでは、カプコンの大型アーケードゲーム『ルイージマンションアーケード』がプレイアブル展示されていた。

 このゲームは、タイトルからもお察しいただけるように、ニンテンドー3DSで人気のゲーム『ルイージマンション2』をベースにした、新感覚のアトラクション型ビデオゲーム。不気味な洋館に乗り込み、掃除機風の吸引メカ“オバキューム”でオバケをたくさん捕まえていくという内容だ。本作では、ガンシューティングの仕組みをベースに、オバケを捕まえる、コインを探すといった遊びを楽しむものとなっている。

 ニンテンドー3DSでのボタン、スライドパッドに代わる本作の操作デバイスは、両手で抱える“オバキューム”コントローラー。原作のメカをリアルに再現した形状で、画面に向かって構えることで狙いを定める。この“オバキューム”コントローラーはやや大きい印象だったが、軽くて取り回しはラクだった。ゲームでルイージになりきるうえでこの形、大きさは欠かせないもの……と、実際持ってみて感じた。

 さっそくゲームに挑戦。まずは筐体内部に入る。出入口は暗幕で仕切られており、本作のホラーチックなムードをいっそう高めてくれる仕掛けになっている。ゲームはオバケ退治の方法(=オバキュームの基本的な使いかた)を知るチュートリアルから始まり、オバケ退治は、以下の3つのプロセスからなる。

【驚かす】
 まずは、動きまわるオバケに目掛けてオバキューム上部の“ストロボ”ボタンを押して、光を当てる。こうすることでオバケは驚いて動きを止める。

【吸い込み開始】
 こうしてひるませた後は、オバケを吸い込むアクションに移る。オバキューム下側の“吸い込みレバー”のトリガーを引くとオバケを吸い込み始める。ただし、この段階ではまだ捕獲の途中。オバケはしぶとく動いて吸引から逃れようとする。

【引っ張る】
 吸い込みを続けながら、オバケが逃げる向きと反対方向にオバキュームを動かすことで、オバケを引っ張ることができる。こうして足を止めれば、うまく吸い込めるのだ。

 以上の流れで、つぎつぎ現れるオバケを捕獲していく。ガンシューティングの感覚からすると、やることは多いように思えるが、要は「驚かせて動きを止める。そして吸い込む」ということを覚えれば、難しさは感じない。ステージで多数のオバケを相手にしているときは、“退治をしている”感が得られるのがおもしろい。
 道中にはコインがあり、吸い込むことで獲得できる。何でもない家具や絵画を狙うと、隠れたコインが得られることも。ステージの気になるところを吸い込みまくるのもいいかも!

 一般的なガンシューティングと同様に、(レールに乗るように)自動的にシーンが移動する形式でゲームは進行する。洋館の部屋をつぎつぎに訪問していくのだが、部屋によってさまざまな種類のオバケが潜んでいるようだ。また、不気味な洋館だけあって、宝箱が隠れていたり、不思議な現象が起こる仕掛けも満載。プレイ冒頭の解説によると、ストロボを当てると現れる隠し扉もあるようだ。また、今回プレイしたステージでは途中にルート分岐のポイントも出現も確認したぞ。
 

 おなじみのルイージが主役とあって、どこかコミカルな世界観で、"ワクワク”感と“ゾクゾク”感が同時に楽しめるのが魅力。オバケを吸い込むときに手もとに伝わるリアルな振動も、そのムードをいっそう高めてくれる。稼働は2015年夏予定。大型アーケードゲームならではの迫力のオバケ退治を楽しもう!