テレビやパソコン、スマートフォンで楽しめる国内最大級の定額制動画配信サービス“dビデオ powered by BeeTV”(以下、dビデオ)が、2015年3月28日より『dビデオスペシャル 仮面ライダー4号』を配信することを発表した。

●飛行機“スカイサイクロン”を駆る、新たな仮面ライダー

 テレビやパソコン、スマートフォンで楽しめる国内最大級の定額制動画配信サービス“dビデオ powered by BeeTV”(以下、dビデオ)が、2015年3月28日より『dビデオスペシャル 仮面ライダー4号』を配信することを発表した。以下、リリースより。


 『仮面ライダー4号』とは、これまで仮面ライダー1号、2号、V3と40年以上続く、仮面ライダーの歴史を塗り替える完全オリジナルの新しい仮面ライダーです。2015年3月21日に公開となる、映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』で、“幻のライダー”と言われる仮面ライダー3号が登場し話題となっておりますが、映画の世界に続き、新たに仮面ライダー4号が誕生いたします。

 東映の白倉伸一郎プロデューサーも、「映画『仮面ライダー3号』をきっかけに、その物語が拡がっていく作品にしたいと思っていました。“仮面ライダー3号”に対して、新たな“仮面ライダー4号”というオリジナルの仮面ライダーが生み出されたことは本当にうれしいです」と語っております。

 物語は、映画『仮面ライダー3号』の後の世界を描いており、ショッカーによって仮面ライダーの歴史が大きく歪み、歴史を正すために、仮面ライダードライブ、ファイズ、ゼロノスらがショッカーに挑んでいく中で、悪の秘密結社・ショッカーによって新たに仮面ライダー4号が誕生いたします。仮面ライダー4号は味方か? それとも敵なのか? 映画では描かれていない、新たな仮面ライダーの歴史がいま、始まります。

 仮面ライダーと言えば、バイクによるアクションがファンの見どころのひとつですが、仮面ライダー4号は、仮面ライダー史上初めて、飛行機“スカイサイクロン”を操ります。その風貌は、軍隊のパイロットを思わせるもので、これまでの仮面ライダーに比べても異彩を放っております。

 また、今作は特別に『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』を劇場で映画をご覧になった方には、『dビデオスペシャル 仮面ライダー4号』の第一話を収録したDVDを、入場者特典として合計100万枚にプレゼントいたします。

 dビデオでは、昭和の『仮面ライダー』から、『仮面ライダー 鎧武』までの映画を始め、テレビ版やミュージックビデオなど仮面ライダー関連の作品を合計100本以上を配信中です。そのほかにも、『海賊戦隊ゴーカイジャー』などのスーパー戦隊シリーズや『宇宙刑事ギャバン』など、人気特撮作品を始め、人気アニメや話題の映画など、約23000タイトル、約10万コンテンツの豊富な作品が月額500円[税抜]ですべて見放題でお楽しみいただけます。現在dビデオに初めて会員登録した方は31日間無料で利用することができ、スマートフォンやパソコンはもちろんテレビの大画面でも視聴可能です。ぜひ、この機会に『仮面ライダー4号』を始め、たくさんの名作をお楽しみください。

<dビデオスペシャル 仮面ライダー4号 概要>
■作品名:dビデオスペシャル 仮面ライダー4号
■配信開始日:2015年3月28日(土)※第1話、第2話同時配信/第3話:4月4日(土)配信
■話数:全3話/土曜更新
■配信尺:1話=約23分
■出演:竹内涼真、半田健人、中村優一 稲葉友 内田理央
■監督:山口恭平(『仮面ライダードライブ』、『仮面ライダー鎧武』演出など)
■脚本:毛利亘宏(『仮面ライダーオーズ/OOO』、『仮面ライダー鎧武』など)
■原作:石ノ森章太郎
■プロデューサー:白倉伸一郎、高橋一浩(東映)三宅裕士、辻村和也(エイベックス・デジタル)
■サイトURL:こちら