『Blocks That Matter』傑作パズルアクションのPC版がPLAYISMにて配信開始

アクティブゲーミングメディアが運営するPLAYISM(プレーイズム)は、PC用パズルアクションゲーム『Blocks That Matter』の配信を、本日2015年2月13日より開始した。

●ブロックを壊して集めて、道を作れ!

 アクティブゲーミングメディアが運営するPLAYISM(プレーイズム)は、PC用パズルアクションゲーム『Blocks That Matter』の配信を、本日2015年2月13日より開始した。

Blocks That Matter 日本語トレーラー

 本作は、南フランスに拠点を置くSwing Swing Gamesによるパズルアクションゲーム。2011年にXbox 360インディーズゲームで配信された後、PCで展開され、これまでに20万人以上が遊んだインディーゲームとなっている。

 以下、リリースより。


 株式会社アクティブゲーミングメディアが運営するオリジナリティあふれるPCゲームを厳選し販売する『PLAYISM』は、パズルアクションゲーム『Blocks That Matter』の配信をスタートいたしました。

 プレイヤーは、ドリルを使ってブロックを壊す小さなロボット「テトロボット」となり、道を切り拓いていきます。壊したブロックは集めることができ、さらにそれを4つ使って、新たな地形をステージにつくることができます。砂のブロック、木のブロック、石、鉄、ダイヤ・・・。ブロックの種類は、全部で40種類に及びます。
 それぞれのブロックは、自然の法則に従っています。落下するブロックもあれば、落下しないブロックもあります。時に、思いもしないことが起こるかもしれません。

 よく観察し、頭をフル回転させて、どのように配置すれば効率的に連鎖が生まれるか、考えましょう。

特徴
・パズルとアクションが融合したユニークなゲーム性
・40のステージに20のボーナスステージ
・自分だけのステージをつくり、シェアできるオンライン機能

◆開発:Swing Swing Submarine
◆Win/Mac(STEAMキー付与)
◆ジャンル:パズルアクションゲーム
◆配信日:2015年2月13日
◆価格:498円(税込)



(C) Swing Swing Submarine