開発秘話も語られた

 2015年1月31日、千葉・幕張メッセにてゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2015”がついに開幕。同イベントのスクウェア・エニックスブースのステージでは、ニンテンドー3DSで発売中の『ファイナルファンタジーエクスプローラーズ』を使った召喚獣討伐タイムトライアルが実施された。

 このステージに登壇したのは、ゲーム実況配信者のしゃけとりくまごろうさん(以下、しゃけさん)、AYAさん、橋本厚志ディレクター、そして宣伝担当の村上洋平氏。

▲しゃけさん
▲AYAさん
▲橋本厚志ディレクター
▲宣伝担当の村上洋平氏

 ステージ冒頭では、追加コンテンツに関して軽く紹介。今後もクエストの追加配信はやっていくとのこと。新ジョブ、新召喚獣は未定。続いて来場者とニコ生からの質問コーナーでは、導師(白魔道士の上位職)や魔人(黒魔道士の上位職)など、上級職を用意しなかったのはなぜか、という質問が。これについて橋本ディレクターは、「すべてのジョブがフラットになるように、上位ジョブは用意しないというコンセプトで制作しました。パラディンは上位ジョブっぽい、と突っ込まれれば、ぐぬぬって感じなんですが(笑)。導師は白魔道士の、魔人は黒魔道士の明らかな上位ジョブという感じになるので、差別化が難しいということも理由のひとつとしてありました」と回答。また、チョコボが乗れるような機能は実装されないのか、という質問に対しては、「じつは最後まで検討していて、それ用の曲も用意していたのですが、最終的な調整で実装を断念せざるを得ませんでした」(橋本)といった裏話も披露された。

 ステージ後半は、ステージ上の4人がDLCの追加ボスであるギルガメッシュ(400円)、とオメガ(400円)を時間内に討伐するタイムトライアルが実施。パーティー構成は青魔道士(しゃけさん)、ナイト(AYAさん)、白魔道士(橋本氏)、侍(村上氏)。青魔道士と侍は無料DLCとして配信中なので、ぜひ手に入れておこう。

 タイムトライアルは、ギルガメッシュは見事時間内? に討伐できたものの、オメガはステージ時間の都合で討伐時間を短縮されたうえ、オメガの状態異常攻撃に苦戦を強いられたこともあり、時間切れで終了。タイムトライアルの阿鼻叫喚な模様はニコ生のタイムシフト視聴などで楽しんでほしい。

▲ギルガメッシュ戦後、ニコ生視聴者のオメガ討伐予想。討伐できない、という予想のほうが60%以上。見返したいところだったが……。
▲ガチでオメガに挑む4人。健闘むなしく残念な結果に。