コーエーテクモゲームスの『金色のコルダ3』シリーズを題材としたイベント“ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 天音学園/星奏学院”が、2014年12月13日~14日、神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催された。ここでは、13日に開催された“Featuring 天音学園”夜の部の模様をピックアップしてお届けする。

●“エア楽団天音”が奇跡の誕生

 コーエーテクモゲームスの『金色のコルダ3』シリーズを題材としたイベント“ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 天音学園/星奏学院”が、2014年12月13日~14日、神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催された。

 これは、『金色のコルダ3』シリーズに登場する高校“天音学園”と“星奏学院”にスポットを当てたイベント。メインキャラクターの声を担当したキャスト陣によるドラマやライブに加え、クラシック音楽の生演奏も行われるなど豪華なステージとなった。ここでは、13日に開催された“Featuring 天音学園”夜の部の模様をピックアップしてお届けしよう。なお、本リポートは多少のネタバレを含むのでご注意を!

※14日開催の“Featuring 星奏学院”昼の部のリポート(こちら)

■出演者
<キャスト>
日野 聡さん(冥加玲士/衛藤桐也役)、宮野真守さん(天宮 静/加地 葵役)、増田ゆきさん(七海宗介/天羽菜美役)、三浦祥朗さん(氷渡貴史役)、福山 潤さん(如月響也/志水桂一役)、KENNさん(ソラ役)、前野智昭さん(トーノ/不動翔麻役)、佐藤 朱さん(ニア/冬海笙子役)、堀内賢雄さん(アレクセイ・ジューコフ役)、大原さやかさん(御影諒子/都築茉莉役)

<アシスタント>
アンフィニ(Soriさん、ユーキさん、Kanさん)

<演奏者>
室屋光一郎さん(ヴァイオリン)、星野智也さん(チェロ)、有田紘平さん(フルート)、三浦コウさん(ピアノ)、平林 龍さん(ピアノ)

■オープニングアクト&オープニングライブ

 ステージに登場したのはアンフィニの3人。『金色のコルダ3 AnotherSky feat.神南』のテーマソング『ROSY ROSA ROSY』をキレのあるダンスとともに歌い上げ、開演間近の会場を盛り上げた。そして、いよいよイベントがスタート! ソラ(KENNさん)、トーノ(前野さん)、ニア(佐藤さん)が、ゲームのテーマソングである『LILA LAVANDULA LILA』を函館天音学園バージョンとして熱唱すると、来場者たちの熱気は一気に上がり、会場は大歓声で包まれた。

■ドラマ“凍てついたドラジェ ~くるみ割り人形~”

 チャイコフスキー『小序曲 ~くるみ割り人形~』の生演奏から始まったドラマ“凍てついたドラジェ ~くるみ割り人形~”は、セミファイナル終了後の物語。アレクセイからクリスマスに横浜天音学園、函館天音学園合同で演奏会を催すことになったと告げられ、天宮は疑惑の目を向ける。一方、ヒロインは、海の見える公園でクリスマス演奏会に思いを馳せ『行進曲 ~くるみ割り人形より~』を弾いていた。そして、通りがかったソラとトーノに演奏会終了後にクリスマスパーティーを開こうと提案するが、突然ソラが怒り出し……という内容だ。

 シリアスなストーリーながらも、さすがは個性の強い天音学園! 何度も何度も冥加に呼びかける天宮(宮野さん)から始まり、ヒロインからのクリスマスパーティーのお誘いに「わぁー! わぁー!」とテンションが上がりまくる七海(増田さん)、そしてなぜか“パーティー”や“ファイナル”など、英語の発音が本格的(!?)な冥加(日野さん)、天宮(宮野さん)、氷渡(三浦さん)と、アドリブ全開で来場者の笑いを誘っていた。

■トークコーナー“響也の『お前らちゃんと答えろよ!』パートII”

 “ネオロマンス”イベントおなじみのトークコーナー。今回は、司会進行を務める福山さん演じる響也の投げかけ(お題)に対して、天音学園のメンバーが語るというもの。“如月響也は天音学園にいるべきだと思う?”の投げかけでは、来場者からの「響也を返せー」という言葉に、「この駄犬はオレのものだ」と返す日野さんのおなじみの“駄犬ネタ”(?)で会場は大きな歓声と拍手が響き渡った。

 そして、“大人になったいまだから思う、子どもに戻れたらやりたい楽器は?”という投げかけで奇跡が起こる……。始めは、エレクトーンをやっていたが「両手で弾けないのでやめました」と子供のころの思い出話をする福山さんや、「ピアノが弾けたらいいですね」と答える宮野さん、“ほら貝”の音マネをさせられる堀内さんと、やりたい楽器についてキャストたちがつぎつぎ語っていたのだが、KENNさんの「やっぱり弦楽器がステキなので、興味津々です」というコメントに、「いまやってみたらどんな感じ?」と福山さんがムチャブリ。困ったKENNさんが堀内さんに助けを求めると、「賢雄さんがほら貝で」と、さらにムチャブリが。しかし、そこは“劇団天音”。ふたりへのムチャブリを忘れ、「僕はピアノ」(宮野さん)、「僕はシンバル」(日野さん)、「私はドラム」(大原さん)と、ほかのメンバーが自分の担当楽器を挙手。全員の担当楽器(楽器じゃない人もいたが)が決まったところで、実際に音マネで『LILA LAVANDULA LILA』を演奏! “劇団天音”ならぬ、“エア楽団天音”が誕生した。

■ドラマ“メリー・クリスマス! ~あなたとのデート・プラン~”

 星奏学院に通うヒロインと魅力的な男子演奏者との物語が展開されるソーシャルゲーム『100万人の金色のコルダ』が題材のドラマ。冬海が美術の授業でクリスマスにちなんだ絵を描くという課題を出され、志水と加地の3人で何をモチーフにするか悩んでいた。そこへ都築がやってきて……というストーリー。ヒロインへのアツい想いを都築(大原さん)に「あなたの愛は重いから」と言われて、泣き出してしまう加地(宮野さん)に会場からはまたもや笑いが……。しかし最後は、冬海(佐藤さん)、志水(福山さん)、加地(宮野さん)が思い描くヒロインとのクリスマスデートプランが語られ、ほんわかした雰囲気で幕を閉じた。

■ミニドラマ“激突! インタビュー対決!? ~横浜天音学園~”

 こちらはその名の通り、冥加とアレクセイがインタビューの受け答えで対決するという内容。雑誌記者風に天宮(宮野さん)が「冥加さん、いま彼女はいらっしゃらないんですか?」と質問すると、ふだんの冥加(日野さん)からは考えられないほどさわやかに回答を披露し、七海(増田さん)と氷渡(三浦さん)は「さすがです」と大興奮! さらに、冥加(日野さん)が「いま恋人はいらっしゃらないんですか?」と質問すると、天宮(宮野さん)は「そういう質問は事務所を通してください」とクールに返答。冥加(日野さん)&天宮(宮野さん)のかっこいいコメントに、七海(増田さん)は「これが天音の3年なんですね」とますます興奮していた。そこへ、アレクセイ(堀内さん)が登場。同じ質問に対し、「私の恋人はこの会場にいる可憐な花……」と甘い言葉で返すが、会場からのクスクスという笑い声に「笑うところじゃないから!」とツッコミを入れる場面もあり、終始笑いっぱなしのミニドラマとなった。

■エンディング&アンコール

 ヴィエニャフスキの『スケルツォ・タランテラ』が流れる中で、キャスト全員が別れの言葉を述べてイベント本編は終了。アンコールでは、キャスト全員で『LILA LAVANDULA LILA』を大合唱。こうして、涙あり笑いありの“劇団天音”旗揚げ公演……ならぬ、“ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring天音学園”は幕を閉じた。最後に、キャスト陣のメッセージとセットリストをまとめて掲載しよう。