『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』の配信日が2014年12月17日に決定 寺田克也氏によるイメージイラストも公開に

12月4日、ピグミースタジオが移植開発を手掛けたプレイステーション Vita用2Dアクションゲーム『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』の公式サイトが正式オープンした。それに先がけてファミ通.com編集部に訪れた、ピグミースタジオの"工場長"小清水史氏をはじめ、オリジナル版『LA-MULANA』を開発したインディーゲーム制作チームNIGOROのメンバーからいただいたコメントを先どり紹介。

●テーマは"ロック魂"!!

 PlayStation Storeのダウンロード専売ソフトとして、ピグミースタジオからリリース予定のプレイステーション Vita用ソフト『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』の配信日が2014年12月17日に決定した。価格は1500円[税抜](1620円[税込])。

 本作は、2011年のWiiウェア版を皮切りに、国内向けPC移植版、Steam版とリリースされるごとに着実にファンを増やしてきた2Dアクションゲーム『LA-MULANA』の、初の携帯ゲーム機向けタイトルだ。

 また、配信日の決定に合わせて、寺田克也氏によるイメージイラストも公開された。寺田克也氏と言えば、ゲームファンにもおなじみの絵師。寺田氏が描く『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』の世界に注目!

 さらに、『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』の公式サイトも更新。公式サイトは、寺田克也氏によるビビッドな色彩のイメージイラストが印象的なデザイン。アートディレクションを手掛ける平田真市郎氏は、矢沢永吉などロックな音楽系のグラフィックデザインを多く手がけるグラフィックデザイナーということで、ワイルドなイメージが全面に打ち出されている。サイトでは、『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』発売のタイミングに合わせて、ゲーム実況を行う実況主も紹介しているので、気になる人はチェックしてみよう。ちなみに、海外展開は、ライジングスターゲームズとのスムーズな提携により、2015年1月中旬からのストア配信開始を予定しているとのことだ。

※『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』公式サイト

 今回、『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』の配信日決定にあわせて、発売元であるピグミースタジオの小清水史氏と、オリジナル版の『LA-MULANA』を手掛けたNIGOROの楢村匠氏、鮫島朋龍氏、蛯原隆行氏、仲村尚史氏、そして『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』をサポートするソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)の伊東章成氏がファミ通.com編集部に訪問。コメントをいただいたので掲載する。

▲前列左から鮫島氏、楢村氏、蛯原氏。後列左からNIGOROプロデューサーの仲村氏、小清水氏、伊東氏。

【スタッフからのひとことコメント】

■小清水史氏(ピグミースタジオ工場長)
アナログコントローラーをガシガシ使って遊ぶガチンコアクションとして楽しんでください。NIGOROメンバーは、何かにたいして果敢に戦いを挑んでいるロックな反逆の魂を持った集団だと思っています。新たに「彼らの挑戦状を受け取るぜ!」という方も大歓迎です。NIGOROのロックな反逆魂を受け取ってください。

■楢村匠氏(NIGORO/ディレクター、ゲームデザイナー)
僕たちはすでに『LA-MULANA 2』の制作を本格的に進めています。『EX』に関しては、『LA-MULANA』に手を入れるのはこれが最後というつもりで携わりました。“最終調整版”として、すでにプレイした人も楽しめる要素を入れているつもりなので、『2』が出るまでこれで過ごしてください(笑)。

■鮫島朋龍氏(NIGORO/プログラマー、サウンド)
もう手を加える部分はない……いと言えばウソになるんですけど(笑)、その課題は『2』に持っていきます。『EX』で新しく追加された図鑑の内容は、相当おかしなことになっているので、図鑑を埋めるだけも楽しめると思います!

■蛯原隆行氏(NIGORO/プログラマー)
今回ようやく携帯ゲーム機でできるようになって嬉しいですね。このゲームは、遊んでいると頭に来ることが多いと思いますが、そういうときは布団に入って、いつでもふて寝できる体勢でプレイしてください(笑)。

■仲村尚史氏(NIGORO/プロデューサー)
ピグミースタジオで移植を手掛けたプログラマーさんがすごい優秀な方で、メンバー全員で「よくこれ移植できたね」と感心しました。『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』は 『LA-MULANA』の移植作ではありますが、ピグミースタジオさんの作品として、独自のプロモーション展開をしているのが興味深いです。

■伊東章成氏(SCEJA ブリッシャーリレーション部 ディベロッパーリレーション課 アカウントマネージャー)
NIGOROさんは大手の資本に気軽に乗らず、あくまで“インディー”のスタイルを貫いて高い評価を得ている日本人デベロッパーの第一人者です。世界でも『LA-MULANA』を待っている人々は多いので、この年末年始にかけて盛り上げていきたいと思います。

 いよいよリリースが迫った『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』。しかし、完成までの道のりは決して平たんではなかったという。そのあたりの詳細は、特別ロングインタビュー記事として近日公開するのでお楽しみに。

 最後に、今回の発表に合わせて公開された『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』の画面写真をまるっと紹介! 画面をじっくりと見ながら発売日をいましばらくお待ちあれ。

 『LA-MULANA EX(ラ・ムラーナ EX)』には、モンスターのすべてがわかる図鑑が搭載予定だ。以下に、そのイラストを紹介する。