Steam探索セール4日目、一押しは『ボーダーランズ プリシークエル』33%オフ、『テラリア』196円、『CoDゴースト』75%オフなど

ValveのPC向けゲーム配信プラットフォームSteamで開催中の“探索セール”が4日目に突入。

●『7 Days to Die』半額、『フォールアウト ニューベガス』DLC全部入りで495円なども見逃せない

 ValveのPCゲーム配信プラットフォームSteamで開催中の探索セールが4日目に突入。

 いまのところ毎日発表されている“一押し”セレクション(なお値引きは2日間有効)の目玉は、今秋に発売されたばかりの人気FPSシリーズのスピンオフ『ボーダーランズ プリシークエル』が33%オフの4690円。
 2作目のクソ憎たらしい悪役ハンサム・ジャックの手下となって低重力下で戦う(使用キャラとしてクラップトラップも使える)というスピンオフならではの内容で、「PS3/360を片付けちゃったからチェックしてなかったんだよなぁ」という人も、PC版でこの機会に拾っておくというのはいかがだろうか? ちなみにシーズンパスは2980円で、ハンサム・ジャックのドッペルゲンガーでプレイできるDLCは980円。
 さらに蛇足で足しておくと、セリフ選択式のアドベンチャーゲームにした別スピンオフ『Tales from the Borderlands』も配信中。配信されたばかりなので10%オフで2232円という価格で言語も英語のみだが、エピソード1をプレイした感じではバカバカしいブッ飛んだシナリオとセリフの応酬は本作でも健在だ(まぁちょっと英語読むのが大変だけど)。

 また大作系ではミリタリーFPS『Call of duty: Ghost』が75%オフの2052円。またステルスアクションのリブート作『Thief』も75%オフで、日本語パック込みのThief + Japanese Language Pack Bundleでも1749円。そして、オープンワールドRPG『Fallout: New Vegs』も同じく75%オフで本体が245円。DLCがセットになったUltimate Editionでも495円だ。

 そのほか、『Terraria』が80%オフの196円。4本パックの方を買っても596円なので、ラーメン1杯の値段で友達に送りつけて冬休みに開拓しまくれるっていうんだから恐ろしい時代です。
 開拓&サバイバルが好きな人は、ゾンビから生存をはかる一人称視点のサバイバルゲーム『7 Days to Die』もオススメ。こちらは半額の1240円で、2本パックでも1990円。アーリーアクセス中なので足りない要素も多いが、この値段なら躊躇なく手を出せるという人も多いのでは。

 また、ドラマにもなったゾンビ漫画「ウォーキング・デッド」原作のアドベンチャーゲーム『The Walking Dead』シーズン2が66%オフの842円。開発が同じ『Tales from the Borderlands』同様、英語は気合とセール価格で乗り越えられたし。ちなみにシーズン1も同価格で配信中。
 そして、キモかわいいグラフィックで侮ってはいけないローグライクなRPGシューター『The Binding of Isaac: Rebirth』が33%オフの991円(ちなみにトレイラーはキモ怖い)。

 先日も書いたことだが、一押しのセレクション以外にも5000タイトル以上がセール対象になっており、ざっと拾うだけでも、超絶美麗なオープンワールド化した集大成の3作目が待つRPGシリーズ「ウィッチャー」の前作『The Witcher 2: Assassins of Kings Enhanced Edition』(邦題『ウィッチャー2』)が85%オフの297円、刑務所運営ゲーム『Prison Architect』が80%オフの595円から、ローグ系2DアクションRPGに子孫選択の要素が加わった『Rogue Legacy』(個人的に超オススメ)が80%オフの295円といった塩梅。
 狙ってたゲームをゲットしてもいいし、セールなら「通常価格なら見合わないと思うけどこの値段ならアリ」とか、「これちょっと合わない感じがしてたけど試してみるか」といった選択ができるのもいいところ。というわけで年末年始を篭って過ごすためのベストゲーム探索をしてみてはどうだろう。