2014年10月25日~26日、東京・池袋で開催中の“池袋ハロウィンコスプレフェス2014”。豊島区協力のもと、街全体がコスプレ一色と化したイベントの模様を多数の写真とともにリポート!

●池袋がコスプレに染まる2日間!?

 2014年10月25日~26日、東京・池袋で開催中の“池袋ハロウィンコスプレフェス2014”。豊島区協力のもと、街全体がコスプレ一色と化したイベントの模様を多数の写真とともにリポート!

■豊島区長もコスプレで登場!
 “池袋ハロウィンコスプレフェス2014”はドワンゴおよびニワンゴ、そしてアニメイトが参画する池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員主催にて開催されたコスプレイベント。豊島区やサンシャインシティのもと、池袋がコスプレイヤーの街になる! というわけで、ファミ通.com取材班も秋晴れの池袋へと赴きました。

 イベント開幕前には本イベントの開会の挨拶&囲み取材が実施。多くの報道陣が集まる中、豊島区長および池袋ハロウィンコスプレフェス名誉実行委員長の高野之夫氏、アニメイト代表取締役社長の阪下實氏、豊島区国際アート・カルチャー都市プロデューサーおよびドワンゴ取締役CCOの横澤大輔氏が三者三様のコスプレ(!)で登場しました。

▲『サイボーグ009』の島村ジョーに扮した高野之夫氏。スカーフのたなびきも完全再現!
▲『魔法科高校の劣等生』の十文字克人に扮した阪下實氏。ヘアセットには2時間かかったそう。
▲『鬼灯の冷徹』の鬼灯に扮した横澤大輔氏。いつも「似ている」と言われていたそうで、特殊メイクを施す気合の入りよう!
▲世界コスプレサミットから、グローバルなコスプレイヤーも駆けつけました。

 高野氏はこのイベントを「国際アートカルチャー都市への第一歩」と語り、「皆さんが安心して来ることができる街に、コスプレイヤーの皆さんといっしょにしていきたい」と意気込み十分。ちなみに高野氏にコスプレ初体験の感想を聞くと、「ちょっと恥ずかしかったです(笑)」と笑顔で語っていました。なんとイベントには豊島区職員もコスプレ姿で参加するそう。まさに豊島区全面協力のもと、いよいよイベントがスタートします!

■サンシャイン60通りがコスプレに染まる!
 サンシャイン60通りでは“ニコニコ コスプレギャザリング”と称し、通りのド真ん中にレッドカーペットが出現。“SF・サスペンス系”、“アイドル・魔法系”、“ボカロ・ゲーム系”、“オールジャンル”など、ジャンルごとのコスプレイヤーが集結していました。見慣れたサンシャイン60通りに華やかなコスプレイヤーが集結するとあって、通りすがりの人が記念撮影をする場面も多々。ファミ通.comが激写したコスプレイヤーさんたちの写真をお楽しみください!

▲『ダンガンロンパ』盾子ちゃんコスプレのイタリア人美女、ユリコ・タイガーさんも発見!
▲『ペルソナ』シリーズで集合!
▲こちらのグループは『ガンスリンガー ストラトス』シリーズで統一。
▲池袋といえば……当然いました、『デュラララ!!』キャラクター!
▲『戦国BASARA』石田三成はクールに!
▲こ、これは……ジバニャン(の擬人化)!?
▲『マクロスF』の歌姫たち。
▲『ダンガンロンパ』盾子ちゃんも人気です!
▲『進撃の巨人』レイヤーもたくさん!
▲『ラブライブ!』のスクールアイドルたちが集合!
▲鬼太郎一味。ぬりかべ&ぬらりひょんがいい味出してます。
▲なぜか志々雄様がふたりいる『るろうに剣心』グループ。
▲記者の趣味で『Free!』のレイヤーさんたちも激写。眼福です。
▲もはやおなじみ感すらあるノーモア映画泥棒。
▲道行く人が振り返るクオリティーのジャック・スパロウまで!
▲次元や銭形のとっつぁんも。ディテールのこだわりがスゴい。
▲ひときわ異彩を放つヤクルトスワローズ・由規選手(推定)。
▲世界一有名な配管工の兄弟も!
▲男性参加者もたくさんいましたよ~。
▲サンシャイン60通りがこの通り、コスプレイヤーで埋め尽くされてます。