沼倉愛美さんや山崎はるかさんなどが出演した“エイベックス・ピクチャーズ スペシャルトークショー”で裏話が続々【マチ★アソビ vol.13】

2014年10月11日〜12日の2日間にわたって、徳島県徳島市で開催される“マチ★アソビ vol.13”クライマックスラン。同11日には東公園ステージで“エイベックス・ピクチャーズ スペシャルトークショー”が実施された。

●制作スタッフや声優陣が出演して作品の裏側を語る

 2014年10月11日〜12日の2日間にわたって、徳島県徳島市で開催される“マチ★アソビ vol.13”クライマックスラン。同11日には東公園ステージで“エイベックス・ピクチャーズ スペシャルトークショー”が実施された。

 同イベントは、エイベックス・ピクチャーズの新作アニメ作品を多数紹介するというもの。まずは『ハナヤマタ』のステージを実施。こちらのステージでは、上田麗奈さん(関谷なる役)、田中美海さん(ハナ・N・フォンテーンスタンド)、沼倉愛美さん(常盤真智役)らが登壇。最終回を迎えたばかりの同作を振り返りながら、作品の魅力を伝えた。また、上田さんはこの日、初めて飛行機に搭乗したということで、その際のエピソードなどで盛り上がった。


avex/avex01_001 avex/avex01_002
avex/avex01_003

 『キャプテン・アース』のステージでは、監督の五十嵐卓哉氏、シリーズ構成・脚本の榎戸洋司氏、BONESのプロデューサー・大藪芳広氏らが登壇。作品を振り返った面々は、同作はキスシーンが印象的だった作品という話題を展開。制作の裏側では、各制作スタッフが推しているキャラクターに“キスをさせたくない”とごねるシーンが多々見られたというエピソードを語り、会場を沸かせた。


avex/avex01_004 avex/avex01_005

 続いては、2014年10月より放送が開始された『トリニティセブン』。同ステージには、監督の錦織博氏、アニメーションプロデューサーの桑原誠氏らが登壇。制作の裏側を語る。本作の制作にあたりストーリーの細かい部分に関して疑問が出ると、原作のサイトウケンジ氏と作画の奈央晃徳氏にアニメ制作スタッフからの質問に答えてもらいアニメに活かすなど、原作者のふたりが非常に協力的に制作に参加していることを明かす。さらに、豪華なキャスト陣についてはオーディションを行い、非常にたくさんの候補の中からキャラクターのイメージに合った方を選んでいるとのこと。すんなり決まる人もいれば、難航した人もいたそうで、とくにヒロインのひとりである浅見リリスは、“同級生でありながら軸のしっかりしたキャラクター”を演じられる人にお願いしたいという制作陣の強い想いから、原由実さんが選ばれたと語られた。また、楽曲に関する裏話として劇判に入っているボイスを『トリニティセブン』のヒロインを演じる7人のキャストが担当しているなど、おもしろい試みが取り入れられていることも明かされた。


avex/avex01_006 avex/avex01_007

 最後のステージは、こちらも2014年10月よりスタートした『異能バトルは日常系のなかで』。本ステージには、総監督・シリーズ構成を務める大塚雅彦氏、山崎はるかさん(神崎灯代役)、山下七海さん(姫木千冬役)、加藤英美里さん(九鬼 円役)、福原香織さん(工藤美玲役)らが登壇。徳島の想い出として各出演者が徳島ラーメンの話題などで盛り上がると、さっそく作品の話題へ。各キャスト陣が演じるキャラクターの紹介やアフレコの裏話などを披露し、作品の魅力を伝えた一同。今後放送される回では、早見沙織さんが演じる櫛川鳩子の活躍する回について言及。同エピソードでは、収録後に拍手が沸いたほどの内容になっているとのことで、総監督の大塚氏も満足している回になっているそう。ぜひ注目したいところだ。


avex/avex01_008 avex/avex01_009
avex/avex01_010