『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 ~ジーラの放浪録~ 第1回(通算101回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険します!

●101回目からもがんばります!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 前回のプレイリポートでお伝えしたように、この101回目から記事タイトルを“『DQX』プレイ日記 ~ジーラの放浪録~”に変え、心機一転がんばっていこうかと思います!

 そして、連載100回突破記念として、現在“とある企画”を計画しています。

 その企画とは……『DQX』プロデューサー・“よーすぴ”こと齊藤陽介さんと、ディレクター・“りっきー”こと齋藤力さんに、“冒険者が気になること”を直接いろいろ聞いちゃおう! というものです。

 とはいえ、いまはバージョン2.3前期のアップデートが間近に迫っている大事な時期。ご両名にはそちらに注力していただかないと冒険者全員が困るので(笑)、実際に話を聞きに行くのはアップデート実施後(東京ゲームショウが終わったあと)を予定しています。

 俺自身、『DQX』について聞いてみたいことは山ほどあります。しかし、俺個人の気になることだけを聞いて終わってしまうのは、少々もったいない気もするのです。

 そ・こ・で! 『DQX』を現役で遊んでいる冒険者の皆さんからも、”生の声”を募りたいと思います。質問の受付方法や期間は、次回のプレイ日記(2014年9月12日更新予定)でお知らせしたいと思います。「興味ある!」という方は、よーすぴさんやりっきーさんに聞いてみたいことを考えておいてくださいね。

●バージョン2.3前期アップデートの内容がすごすぎる!

 去る2014年8月27日にニコニコ生放送で配信された“DQXTV”で、バージョン2.3前期アップデートの実施日が2014年9月11日と発表されました。

 番組をご覧になった方はご存じだと思いますが、アップデート内容はとにかく「すごい!」のひと言! 遊べる要素がたくさん増えるだけではなく、いままで以上に遊びやすくなる調整もすばらしい! まだ詳細を知らない人もいると思うので、ここでは俺が気になった内容を、個人的な意見も含めてまとめたいと思います。(※ゲーム画像はすべて“目覚めし冒険者の広場”からの転載です)

■飛竜で天空を駆け抜ける!
 ついにきました! 飛竜!

 これは、飛竜に乗って、レンダーシア上空を飛んで移動できるというもの。番組で映像を見て驚いたのは、パーティを組んでいる場合、パーティメンバーといっしょに空を飛べるらしいところ! 「上空はひとり専用のエリアで、移動目的で使うんだろうな」と思っていたので、これは想定外!

 さらに、新エリアが3つほど公開されましたが、このタイミングを考えると、空から行くことのできるエリアになる可能性もありますね!

▲ちなみに、飛竜はストーリーを進めることで乗れるようになるとのことです。「まだレンダーシアの物語を全部進めてない!」という人は、残り1週間でがんばってみましょう!

■レンダーシアにも“モンスター討伐隊”が追加!
 こちらは“日替わり討伐クエスト”のレンダーシア版ですね。

 五大陸で受ける日替わり討伐と大きく異なるのは、クエストを受注できるのは1週間に1度だけという点。さらに、他人に討伐クエストリストのコピーを配ったりもできないようです。つまり、受けるクエストはあくまで自分のリストの中から選ぶことになります。

 しかし、クリアー時にもらえる討伐ポイントがケタ違いに高い! モンスターの討伐数は10~20匹程度なのに、討伐ポイントは10万以上もらえるものばかり!

▲この討伐ポイントは、経験値か特訓スタンプにしか変えられないようですが、レベル上げや特訓スタンプ稼ぎが格段に楽になることは確実ですね。

■“試練の門”のボスが、強戦士の書から挑戦できるように!
 レンダーシアの各地にある“試練の門”。これまでは、試練の門に登場するボスを討伐しても、1週間に1度復活していたため、門を通るときに改めて倒す必要がありました。しかしバージョン2.3前期以降は、1度倒したボスは復活しなくなるとのこと。

 その代わりに、1度倒したボスは、“強戦士の書”を使うことですぐに再戦可能になるようです。

 また、五大陸の強ボスについては、ストーリーで戦った場所(天魔クァバルナの場合は海底の牢獄など)では戦えなくなるようです。まあ、強戦士の書があれば、わざわざ出現場所まで移動する必要もないですしね。

▲もちろんバージョン2.2までと同じく、試練の門には1週間に1度挑戦できるので、経験値やゴールド稼ぎに活用していた方はご安心あれ。

■新たな転生モンスターやコインボスが追加!
 番組で発表されたのは、ナウマンボーグの転生モンスター“キングエレファント”と、ベビーサタンの転生モンスター“ベビンゴサタン”。

 しかも、キングエレファントのレアドロップは“はくあいのゆびわ”だそうです! ついに、スマイルリザード以外からの入手手段ができましたね。うれしい(ノД`) 俺の“はくあいのゆびわ”はまだ“封印ガード65%”なので、70%が完成するまではお世話になりそうです!

 そして、コインボスでは、バラモスブロス、バラモスゾンビ、キングヒドラが3体同時に出現する“三悪魔のコイン”が追加されるとのこと。『DQ』ファンならご存知の方も多いと思いますが、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』で、大魔王ゾーマとの決戦の前に戦うことになるボス3体ですね。こちらはバージョン2.3前期の途中から追加されるようですが、めちゃくちゃ強そう……。

 また、討伐報酬については、詳しく明かされませんでしたが、東京ゲームショウで発表するとのことでした。いま発表するとヤバイくらいの効果を持つアクセサリーなんでしょうか……?

 あくまで想像ですが、チャージ技関連で“1回目のチャージタイムがゼロになる”みたいな効果のアクセサリーが出たら、現在使いにくい範囲攻撃系のチャージ技は、かなり便利になりそうですね。うーん……、すごい気になる……。

▲こちらがキングエレファントとベビンゴサタン。金ピカです!

▲見るからに禍々しい“伝説の三悪魔”! 一筋縄では勝たせてもらえなさそうです。

■カジノに新ゲーム“ビンゴ”がオープン!
 ポーカー、スロットマシン、ルーレットに続く、4種類目のゲームですね。こちらは、カジノコインではなく、1週間に1度配布される“ビンゴ券”を使って楽しむことができるようです。つまり、ゴールドでコインを買う必要はないので、タダで遊べるうえに、運がよければカジノコインが増えていく、という感じなんでしょうね。

▲タダで遊べるということで、これまで以上にカジノが賑やかになるのでは!

■合成屋リーネが、またパワーアップ!
 合成効果がすでに3つ付いているアクセサリーに重ねて合成を行った場合、最後に付いた合成効果を見てから、どの効果を消すかを選べるようになるようです。これは純粋にうれしい変更点ですね!

 これまでは、最初に合成効果を消してから、再び合成を行っていました。なので、「消した効果より悪い効果が付いちゃった……」なんてことも多々ありましたよね。そのため、俺の場合、ある程度いい効果が3つ付いたアクセサリーは、失敗したとき用に20個くらい集めてから合成していました。「仮にいい効果が付かなくても、20個もあれば合成チャレンジ前と同じくらいの状態には戻せるかも」という保険のためですね。

 ですが、この変更のおかげで、アクセサリーを1個入手するたびに気軽に合成できるようになります。

▲付加される効果の確率は変わらないはずなので、いわゆる“理論値アクセサリー”を狙う場合は相変わらず膨大な時間とゴールド、そして運を必要とします。でも、保険用アクセサリーで倉庫を圧迫しなくて済む点と、現在の状態よりも絶対に悪くはならない点は、精神的にかなり楽になると思います。

■“職業の証”と“傘アイテム”をひとつにまとめられる!
 バージョン2.3前期で新たに追加される“万能の証”と“カメレオンの傘”。これがすごい!

 “万能の証”は、一度でも入手したことのある“職業の証”の効果を選択できるアイテム。つまり、これさえ持っていれば、そのほかの“職業の証”は捨てちゃってもオーケーなのです!

 “カメレオンの傘”は、一度でも入手したことのある“傘アイテム”に見た目を変えられるようになるアイテムです。証と同じく、そのほかの傘は捨ててしまっても大丈夫!

 上記ふたつのアイテムのおかげで、カバンや倉庫圧迫問題がかなり解消されるのではないでしょうか。

▲気になる入手方法は非常に簡単で、バージョン2.3前期実施後に、娯楽島ラッカランにいる“まとめ屋タバネさん”に話しかければ、無料でもらえるようです。

 それでも「まだカバンや倉庫が足りない!」という方には、有料オプションサービスにはなりますが、2014年9月末ごろから、倉庫拡張とアルバム拡張サービスが開始されるとのことですので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。

■ボスカードや各種香水を交換可能に!
 ボスカードは、強カードをふつうのカードに、ふつうのカードをプチカードにそれぞれ交換できるようになります。ふつうのカードを強カードに交換することはできませんが、「強カードのボスなんてとても倒せない!」という人は、ふつうのカードに交換して挑戦できるようになりますね。

 現在は、“王家の迷宮”でボスカードを頻繁に入手できることもあり、「使わない強カードがどんどん増えていく……」という人も多いと思うので、地味にうれしい要素ですね。

 また、香水については、1時間効果のある各種香水を、半分の30分効果になる“プチ香水”2個と交換できるようになるとのこと。香水は非常に便利なのですが、使用すると「効果が切れるまではやらないともったいない」という気がして、どうしても1時間拘束されがちでした。なので、「いまから1時間プレイするのはきびしいな~」という状況では、なかなか使えなかったんですよね。

▲プチ香水があれば、気軽に転生モンスター討伐などに出かけられるようになります。ちょっとした空き時間や待ち時間に遊ぶこともできるので、使う機会が増えそうですよね。

 とりあえず、俺が気になったのはこんなところでしょうか。もちろん、ほかにもいろいろ追加される新要素や、変更点などがたくさんあります。詳細を知りたい人は、ぜひ“目覚めし冒険者の広場”を覗いてみてくださいね。

 あ、そうそう。ボスカードの話で思い出しましたが、“王家の迷宮”自体にも調整が入るようです。何でも、“うつしよの箱”から、ふくびき券が出る確率が下がり、代わりに“輝石のベルト”が出る確率が上がるとのこと。

 この情報を知ったとき、俺は「アップデートまで“勇気の輝石”を貯めておこう!」と思ったのですが、アップデート後は、新たにやることが増えすぎて、王家の迷宮をプレイする余裕すらなくなりそうな気がしています。

 そこで、「アップデートされるまで、うつしよの箱を開けずに残しておくのがいいかなー」と思っています。アップデート実施後に箱を開ければ、いま開けるよりも“輝石のベルト”を入手しやすくなりますしね。

 バージョン2.3前期のアップデートまで、あと1週間。皆さんも、自分なりに万全の態勢で臨めるように準備しておきましょう!

 それでは、また次回!

●お知らせ

Windows版『ドラゴンクエストX』のベンチマークソフトはこちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”は→こちら

●過去の『DQX』プレイリポート(第1回~第100回)は→こちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は16GB以上のUSBメモリー必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は2014年8月7日発売、4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版とWii版はパッケージ版のみ)●バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』をプレイするには、バージョン1『目覚めし五つの種族』のソフトおよびプレイ用レジストレーションコードが必要です ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●ソフト価格は3800円[税抜](4104円[税込]) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●専用ダウンロード番号、60日間利用券引き換えコード、特典アイテムコード、ポスター、ふくびきカード付き ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2014年9月4日時点のものです。