プロデューサーたちよ、これが765プロだ! “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”大阪公演2日目をリポート

2014年8月2日、3日の2日間、大阪府のインテックス大阪にて、『アイドルマスター』9周年ライブ“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”の大阪公演が開催された。本記事では、2日目の模様をリポートする。

●765プロの底力、ここに見たり

 2014年8月2日、3日の2日間、大阪府のインテックス大阪にて、『アイドルマスター』9周年ライブ“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”の大阪公演が開催された。大阪公演の参加者は、今井麻美さん(如月千早役)、浅倉杏美さん(萩原雪歩役)、釘宮理恵さん(水瀬伊織役)、滝田樹里さん(音無小鳥役)、下田麻美さん(双海亜美・真美役)、沼倉愛美さん(我那覇 響役)の6名。本記事では、1日目の公演からの変更点やトピックを中心に、2日目の公演の模様をリポートする。

※『アイマス』9周年ライブがスタート! “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”大阪公演1日目リポート

 ライブではおなじみとなっている、765プロ高木順二朗社長(声:大塚芳忠さん)による開演前の諸注意。今回は、高木社長と秋月律子(声:若林直美さん)のふたりによる漫才ユニット”メガネプレジデント”が注意を呼びかけた。ボケ倒す高木社長(プレジデント)と、それにツッコむ律子(メガネ)のやり取りは、会場を温めた。

 2日目も、開幕を飾った楽曲は『THE IDOLM@STER』。その後のキャストたちの挨拶では、前日はあまり体調がすぐれなかった釘宮さんが、快復ぶりをアピール。その言葉通り、『ラムネ色 青春』では元気に歌い踊った。続くソロパートは、下田さんの『微笑んだから、気づいたんだ。』、浅倉さんの『Kosmos, Cosmos』、滝田さんの『光』と、セットリストが変更された。浅倉さんは『Kosmos, Cosmos』について、ゲームバージョンは歌ったことがあったものの、フルサイズで歌うのは今回が初めてだったため、歌えるのがうれしい反面、非常に緊張したと語った。また、滝田さんは、小鳥がアイドルではなく事務員というポジションなため、以前はライブなどで孤独感や葛藤を感じることがあったことや、それを乗り越え、いまでは小鳥を14人目のアイドルと思っていることなどを明かした。

▲左から、沼倉さん、下田さん、浅倉さん、今井さん、釘宮さん、滝田さん。

 『光』が終わると、滝田さんがキャスト陣を呼びこむ。トークでは、キャスト陣がやってみたいことをテーマに、銃で撃つマネをすると、撃たれた側が「うわ~」と言って倒れるというお決まりのやり取りや、会場全体を使ってのウェーブ、『おとなのはじまり』のコール&レスポンスなどで盛り上がった。また、前日に引き続き、長谷川明子さん(星井美希役)、仁後真耶子さん(高槻やよい役)、平田宏美さん(菊地真役)、たかはし智秋さん(三浦あずさ役)、若林直美さん(秋月律子役)の5人が出演するスペシャル映像も放映され、ライブに出演している6名をテーマにトークがくり広げられた。最初のお題は、浅倉さんの“おもしろい話”。平田さんによると、浅倉さんは天然なところがあるそうで、胸元に下げたペンを、なくしたと言って探し続けていたという。続く、沼倉さんの“びっくりする話”という話題では、沼倉さんのツンデレぶりが明らかに。たかはしさんによると、沼倉さんと出会ってすぐのころは、「ちょっと冷たい子かな?」と思っていたそうなのだが、仲よくなってみるとそんなことはなく、むしろツンデレっぽいと語っていた。最後のテーマは、下田さんの“いい話”。下田さんとラジオで共演している長谷川さんと仁後さんは、下田さんのいいところを“人を喜ばせようとするところ”だと話し、人のことを自分のことのように喜んでくれると語った。

 続くライブパートは、今回出演していないメンバーの楽曲を歌うコーナー。ここでは前日の内容に加え、釘宮さんの『フラワーガール』が新たに披露された。原由実さん(四条貴音役)が歌うときには、「はらみー(原さんの愛称)が好っき!」とコールが入るが、今回は釘宮さんが歌っているということで、「くぎみーが好っき!」と改変されていた。

 ソロパート後半戦には、沼倉さん、釘宮さん、今井さんが登場。それぞれ、『しあわせのレシピ』、『Sentimental Venus』、『フタリの記憶』、『Fate of the world』と、昨日とは違う楽曲も歌われた。『しあわせのレシピ』では、沼倉さんが楽曲にちなんでお玉を取り出し、ドラムを叩くというパフォーマンス。また、『Fate of the world』はこれからCDが発売される新曲で、劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』の中で、劇中劇『眠り姫』の主題歌として使われていたものだ。

 『M@STERPIECE』の後、キャスト陣が退場すると、スクリーンに中村繪里子さん(天海春香役)と原 由実さん(四条貴音役)の姿が映し出される。ふたりの音頭に合わせてプロデューサーたちがアンコールを叫ぶと、それに応えるように再びキャスト陣が登場し、『ONLY MY NOTE』と『READY!!』の2曲を届けた。

▲ふたりでキスの仕草をする沼倉さんと滝田さん。これには今井さんも驚き。

 また、今回ライブ後に『アイドルマスター』総合プロデューサーである坂上氏からのコメントが公開された。こちらもチェックしてほしい。

■バンダイナムコゲームス・坂上総合プロデューサーからのコメント
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!@大阪”にお越しくださいました、
プロデューサーの皆様。暑い中、全力の応援をありがとうございました! 2014年8月2日(土)の公演は開催時間が大幅に遅れたことで、多くの方にご迷惑をおかけいたしましたが、皆様の暖かい応援により、無事、公演を終らせることができました。制作スタッフ一同、心より感謝いたします。本当に、ありがとうございました。次回の公演は、2014年8月16日、17日に開催される名古屋公演となります。名古屋でも、最高の応援をよろしくお願いしますっ!


 2日目の公演が終わったあと、会場のプロデューサーたちが口々に「すごいものを観た」と語っていた。と同時に「このセットリストは予想できない」とも。300曲以上ある『アイドルマスター』の楽曲から果たして何が歌われるのか。これがプロデューサーたちの興味のひとつだったわけだが、その予想をいい意味で裏切ったようだ。浅倉さんがこの場で初めて『Kosmos, Cosmos』を歌うなど、誰が想像できただろうか。『しあわせのレシピ』、『Fate of the world』などを含め、「これが来るか!」という驚きがライブのインパクトにつなだったのだろう。
 個人的には、1日目でも歌われた『ID:[OL]』に注目したい。この楽曲のCDバージョンは、故・徳丸 完さんが演じていた765プロの前社長、高木順一朗も参加している。『ID:[OL]』を歌ったというのは、“高木順一朗も含めての765プロ”という主張ではないか。徳丸さんの代わりに歌っているのが、アニメ『アイドルマスター』からファミリーの一員になった赤羽根健治さん(プロデューサー役)というのも、なんとも粋に思える。
 ライブはこれから、名古屋、東京と続いていく。キャスト陣はこれらの会場でも、今回のような”765プロらしさ”を感じさせるすばらしいパフォーマンスで、プロデューサーたちの応援に応えてくれるだろう。ファミ通.comでも現地の模様をお届けしていくので、ぜひお楽しみに。

■“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”大阪公演2日目セットリスト(敬称略)
01. THE IDOLM@STER(全員)
02. ラムネ色 青春(今井、釘宮、沼倉)
03. スタ→トスタ→(下田)
04. おとなのはじまり(下田)
05. 微笑んだから、気づいたんだ。(下田)
06. Kosmos, Cosmos(浅倉)
07. ハミングロード(浅倉)
08. ALRIGHT*(浅倉)
09. ID:[OL](滝田)
10. 空(滝田)
11. 光(滝田)
12. マリオネットの心(沼倉)
13. キラメキラリ(下田)
14. 乙女よ大志を抱け!!(浅倉)
15. フラワーガール(釘宮)
16. YES♪(沼倉)
17. いっぱいいっぱい(滝田)
18. 隣に…(今井)
19. 自分REST@RT(全員)
20. 待ち受けプリンス(下田、浅倉、滝田)
21. Brand New Day!(沼倉)
22. しあわせのレシピ(沼倉)
23. Rebelion(沼倉)
24. DIAMOND(釘宮)
25. Sentimental Venus(釘宮)
26. フタリの記憶(釘宮)
27. Fate of the world(今井)
28. 眠り姫(今井)
29. Snow White(今井)
30. M@STERPIECE(全員)

【アンコール】
En01. ONLY MY NOTE
En02. READY!!

(取材:北口徒歩2分)