スクウェア・エニックスから発売される、ニンテンドー3DS用ソフト『ブレイブリーセカンド』。本作のサウンドを手掛けるコンポーザーを、VOCALOID“初音ミク”を使った曲を始め、人気アニメの主題歌などで知られるryo(supercell)氏が担当することが発表された。

●週刊ファミ通では、浅野氏とryo氏のインタビューを掲載!

 スクウェア・エニックスから発売される、ニンテンドー3DS用ソフト『ブレイブリーセカンド』。人気RPG『ブレイブリーデフォルト』の数年後の世界を描く、完全新作の続編だ。

 今回、本作のサウンドを手掛けるコンポーザーを、VOCALOID“初音ミク”を使った曲を始め、人気アニメの主題歌などで知られるryo(supercell)氏が担当することが発表された。

 前作にあたる『ブレイブリーデフォルト』では、Linked HorizonのRevo氏が楽曲を手掛けていたが、今回のryo氏の起用について、『ブレイブリー』シリーズのプロデューサー・浅野智也氏は、週刊ファミ通2014年8月14日号(2014年7月31日発売)のインタビューで経緯を語っている。

 また、インタビューでは、『ブレイブリーセカンド』はryo氏が作る新曲を基本に、前作にも登場した街などでは、Revo氏の楽曲が流れるとも言及。詳しくは、『ブレイブリーセカンド』の新情報に加え、浅野氏とryo氏のインタビューが載っている、週刊ファミ通2014年8月14日号(2014年7月31日発売)をチェックしてほしい。

 4章まで無料で遊べる『ブレイブリーデフォルト たっぷり無料で遊べる版』の配信に加え、『ブレイブリーセカンド』の新情報発表と、どんどん話題が出てくる『ブレイブリー』シリーズ。今後も新情報に期待したい!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)
■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER