プレイステーション4、発売! クリエイターもゲームファンも、みんなでカウントダウンしたロンチイベントをリポート

2014年2月21日夜から2月22日未明にかけて、東京・銀座 ソニービルにて、2014年2月22日に発売を迎えたプレイステーション4のカウントダウンイベントが開催された。

●日本にも、ついにこの時が来た!

PS4ロンチイベント使用/KO5_0034

 2014年2月21日夜から2月22日未明にかけて、東京・銀座 ソニービルにて、2014年2月22日に発売を迎えたプレイステーション4のカウントダウンイベントが開催された。
 このイベントは、先着30人までのプレイステーション4先行購入希望者と、多彩なゲスト、そしてネット中継を見ているすべてのゲームファンといっしょに、プレイステーション4の記念すべき発売日に向けてカウントダウンを行う、というもの。待ちに待った時を控えたお祭り気分が充満する中で、非常に華やかなイベントとなった。

※関連記事:PS4いよいよ明日発売! 銀座ソニービルでの先行販売の購入整理券配布に多くのゲームファンが集結


PS4ロンチイベント使用/KO5_0096 PS4ロンチイベント使用/KO5_0093 PS4ロンチイベント使用/KO5_0110
PS4ロンチイベント使用/KO5_0046 PS4ロンチイベント使用/KO5_0064
PS4ロンチイベント使用/KO5_0101 PS4ロンチイベント使用/KO5_0120

▲イベント開始2時間ほど前から、多数のメディアが集まり始める。

▲21時30分ごろ、東京の各地からカウントダウン画像をプレイステーション公式Twitterに投稿していたコスプレ軍団が、銀座 ソニービルに到着。

PS4ロンチイベント使用/KO5_0155

▲大勢の取材陣に加えて、通りすがりの人たちも加わり、撮影会状態!

PS4ロンチイベント使用/KO5_0219 PS4ロンチイベント使用/KO5_0230

▲整理券をゲットできたイベント参加者には、非売品タオルなどのノベルティが配られた。早くから並んだ甲斐がありましたね!

 22時30分からは、イベントスペースに参加者が集合し、カウントダウンイベントがスタート! まずはソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア プレジデントの河野弘氏とソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイドスタジオ プレジデントの吉田修平氏が登壇した。
 河野氏は、「1年前にニューヨークでプレイステーション4を発表してから、ちょうど1年後。本当にお待たせしてしまいましたが、ようやくお届けできます。SCE社員みんなで、日本のお客様に喜んでもらえるよう、精一杯、この日を目指してがんばってきました」と感慨深げにコメント。
 吉田氏は、「PS4は2008年から開発してきましたが、PS3とは開発アプローチを大きく変え、ワールドワイドスタジオのゲームクリエイターが、ハード開発メンバーとひとつのチームになって開発してきました。そのためとても開発がしやすいハードになり、世界中の大手パブリッシャーからインディースタジオまで、たくさんのゲームが開発されています。もちろんワールドワイドスタジオでも30以上のプロジェクトが進行中です」と、改めてPS4の長所を、ワールドワイドスタジオを統括する立場から説明した。


PS4ロンチイベント使用/KO5_0269 PS4ロンチイベント使用/KO5_0286

▲挨拶を終えた河野氏と吉田氏は、イベント参加者に混じって着席。こんな具合に、この日のゲスト出演者たちは、皆イベント参加者といっしょになって、イベントを楽しんでいた。

PS4ロンチイベント使用/KO5_0296 PS4ロンチイベント使用/KO5_0301 PS4ロンチイベント使用/KO5_0318
PS4ロンチイベント使用/KO5_0325 PS4ロンチイベント使用/KO5_0332

▲続いて、著名人からのお祝いビデオメッセージがつぎつぎと上映された。第1弾では、清水翔太、ダイアナ・ガーネット、フジファブリック、SCANDAL、UVERworldの5組からのメッセージを紹介。

 続いては、ゲストを招き、プレイステーション4ソフトでのエキシビションマッチが行われた。
 第1弾のタイトルは、『KILLZONE SHADOW FALL(キルゾーン シャドーフォール)』。ステージには、本作の日本版プロデューサーの石立大介氏と、プロモーターのトラビス・ハブス氏が登場。すでに全世界での販売本数が210万本を超えるヒットとなっている本作だが、「海外でも好調ですが、体験会などでも、日本のファンからの熱い期待をひしひしと感じています」(トラビス氏)と、日本のゲームファンにも十分にフックするタイトルであることをアピールした。
 そしてエキシビションマッチの対戦相手として登場したゲストは、人気お笑いコンビのバイきんぐと、プレイステーション公式ニコ生番組“PS4 Lab”アシスタントMCを務めたタレントの白河優菜。
 対戦は、石立氏とバイきんぐ西村、トラビス氏と白河がそれぞれコンビとなり、チームデスマッチで激突。大騒ぎしながらのプレイで、会場を大いに盛り上げた。


PS4ロンチイベント使用/KO5_0356 PS4ロンチイベント使用/KO5_0366

▲トラビス氏(写真左)と石立氏(写真右)。

▲しっかり練習してきたとのことで、やる気を漲らせる白河。

PS4ロンチイベント使用/KO5_0367 PS4ロンチイベント使用/KO5_0380

▲小峠は、自分と石立の髪型(?)が類似していることをネタに、爆笑を誘っていた。

▲“PS4 Lab”の“見習い研究員”としてのキャリアを活かし(?)、見事なプレイを見せた白河。景色を楽しむ余裕を見せながら、石立&西村組を下した。

PS4ロンチイベント使用/KO5_0414 PS4ロンチイベント使用/KO5_0412

▲エキシビションマッチ終了後、『KILLZONE SHADOW FALL(キルゾーン シャドーフォール)』の開発元、Guerrilla Gamesの開発陣からのビデオメッセージが紹介された。全員、カタコトの日本語で喜びを表現。会場を、なんとなくほっこりした空気に包んでいた。

PS4ロンチイベント使用/KO5_0433 PS4ロンチイベント使用/KO5_0439 PS4ロンチイベント使用/KO5_0449
PS4ロンチイベント使用/KO5_0453 PS4ロンチイベント使用/KO5_0459

▲続いて著名人からのお祝いメッセージ第2弾が紹介された。ここで紹介されたのは、南明奈、ダイスケ、AMEMIYA、T.M.Revolution、乃木坂46。それぞれにプレイステーションシリーズへの思い入れとPS4への期待感を語っていたが、AMEMIYAが披露した“PS4始めました”の歌がとくに秀逸で、会場は大爆笑!

 エキシビションマッチ第2弾は、『FIFA14 World Class Soccer』。ゲストは、元サッカー日本代表の城彰二氏と、女優・モデルの河北麻友子。このふたりに、『FIFA』のチャンピオンプレイヤーである“ジェンガマン”さんと“マイキー”さんがアシスト役として参加。城氏&マイキーさん、河北&ジェンガマンさんがそれぞれコンビとなり、2対2での対戦プレイを行った。


PS4ロンチイベント使用/KO5_0482 PS4ロンチイベント使用/KO5_0497 PS4ロンチイベント使用/KO5_0504

▲左からジェンガマンさん、河北さん、城氏、マイキーさん。

▲対戦は、元日本代表らしい見事な展開で攻め込んだ城氏が先取点を上げ、河北組を圧倒。最後までマイキーさんの助けを借りることなく、2-1で城組が勝利を挙げた。

 エキシビションマッチの終了後は、トップクリエイターが次々と登場し、お祝いのコメントを述べた。


PS4ロンチイベント使用/KO5_0573

▲最初に、会場には来られなかったカプコンの 小野義徳氏からのビデオメッセージが紹介された。小野氏は、開発中の『deep down』の最新映像をチラ見せしつつ、近日中に最新情報を公開すると予告した。

 最初に登壇したのは、ロンチで『龍が如く 維新!』を送り出す、セガの名越稔洋氏と、横山昌義氏。名越氏は、「PS4発売と同じ日に作品を出すことができて、本当に感激しています」とコメント。横山氏も同様の感想を述べつつ、「PS4に感謝しています。当初、(『龍が如く 維新!』は)PS4で作る計画はなかったのですが、途中で開発することを決めたとき、開発メンバーにそれを告げると、とくに技術畑の人間から、やりたい、やらせてください、という反応だったんです。それくらい、開発陣の好奇心を刺激してくれるハードを出してもらえて、我々もチャレンジできることは、すごく光栄ですし、完成しきったことを誇りに思います」と語った。


PS4ロンチイベント使用/KO5_0588 PS4ロンチイベント使用/KO5_0607

▲名越氏(写真中央)は、『龍が如く 維新!』のコラボ日本酒を手に登場。このお酒は、人気のため、残念ながらすでに完売しているとのこと。

▲ソニーストアのキャンペーン賞品となっている『龍が如く 維新!』使用のHDDベイカバーを装着した状態のPS4も披露。キャンペーン応募期間は3月10日までなので、お見逃しなく。

 続いて登場したのは、スクウェア・エニックスから、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏、『ファイナルファンタジーXV』『キングダム ハーツIII』プロデューサーの橋本真司氏。
 吉田氏は、「PS4は本当にゲーム開発がしやすく、かつ挑戦しがいのあるハード。その成果は、明日(2月22日)17時からPS4版ベータテストが始まりますし、4月14日には製品版が発売されますので、ぜひ注目してください」とコメント。橋本氏は、「この日を待ち焦がれました。皆さんの期待に応えるべく、『FFXV』、『キングダム ハーツIII』は、いま鋭意制作中です。情報公開は近日に……もう少しお待ちいただければと思います」と語った。


PS4ロンチイベント使用/KO5_0619 PS4ロンチイベント使用/KO5_0631

▲PS4の魅力を語った吉田氏。

▲「プレイステーションとは長いお付き合い。これからもがんばります」と感慨深げに語った橋本氏。

 そしてトリで登場したのは、『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』の発売を2014年3月20日に控える、KONAMIの小島秀夫監督だ。小島監督は、「PS3発売から8年、(『メタルギア ソリッド』の)ナンバリングは、『4』から6年。ようやく、ソニーさんが新しいマシンを出してくれて、ようやく『V』が出せます」と、新しいマシンが登場することへの喜びを表現。そして、「『グラウンド ゼロズ』では、PS4という、いままではできなかったことを可能にしてくれるマシンで、3ステップくらい上がろうとしています。クリアーするとか、そういう概念を超えて、何回でも遊べる、ゲームならではのものになっています。ぜひ期待してください」と、『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』の魅力を語った。


PS4ロンチイベント使用/KO5_0637 PS4ロンチイベント使用/KO5_0650
KO3_3462 KO3_3468

▲河野氏との掛け合いの中では、FOX Emblemがレーザー刻印されたオリジナルデザインのPS4とPS4版『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』がセットになった数量限定商品“PlayStation 4 × METAL GEAR SOLID V : GROUND ZEROES FOX EDITION”についての話題も。年末にふたりが会った際に急遽決まった企画なのだそうだが、驚くべきクオリティーに仕上がっているとのこと。ソニーストア限定で、2014年3月下旬より予約受付開始予定。

 最後に、ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長兼グループCEOのアンドリュー・ハウス氏が登壇し、「皆さんとともにこの日を迎えられることを、本当にうれしく思います」と挨拶し、いよいよカウントダウンイベントは大詰めに。河野氏が、日本で最初にプレイステーション4を受け取れる幸運な1名を抽選BOXから選び、受け渡し準備が整ったところで、カウントダウンがスタート!


PS4ロンチイベント使用/KO5_0674 KO3_3506

 そして2014年2月22日0時00分、「プレイステーション4!」のかけ声とともに、プレイステーション4の発売日が到来! 抽選で選ばれた日本購入者第1号“ネコミ”さんに、ハウス氏からプレイステーション4が手渡され、ついに日本でのプレイステーション4販売が解禁となった。


PS4ロンチイベント使用/KO5_0697 PS4ロンチイベント使用/KO5_0705

▲イベント参加者もゲストも、全員が一体になって発売日の到来を祝福!

PS4ロンチイベント使用/KO5_0740 PS4ロンチイベント使用/KO5_0744
PS4ロンチイベント使用/KO5_0786

▲見事第1号の座を射止めた“ネコミ”さんは、「まず実家に報告しないといけませんね(笑)」と喜びを語った。

PS4ロンチイベント使用/KO5_0878 PS4ロンチイベント使用/KO5_0890

▲その後、整理券を持っている先行購入権者が続々とPS4を購入。この後、寝ずに遊び始めている人も多そう?

PS4ロンチイベント使用/KO5_0896

▲囲み取材に応えて、この日を迎えた喜びを語る河野氏。「年度内に500万台という目標はすでに達成したが、予想修正は?」との質問には、「当然、上積みはありますね。数字としては申し上げませんが、手応えはありますよ」と自信に満ちた答えを返していた。

PS4ロンチイベント使用/KO5_0934 PS4ロンチイベント使用/KO5_0943

▲イベント終了とともに、銀座 ソニービル玄関口のカウントダウン表示も“好評発売中”に。

▲整理券入手のために並んだときに、友だちになったという皆さん。こうして新しいゲーム仲間が増えるのも、行列の魅力のひとつなのかもしれない。

●イベント後の吉田修平氏にインタビュー!

PS4ロンチイベント使用/KO5_0932

――発売日を迎えたご感想はいかがですか?

吉田 ホッとしました。日本の皆さんはずっと待っていてくださって、たくさんメッセージもいただきましたし、きちんと届けなければということで、一生懸命準備をしてきました。日本のパブリッシャーの方々も素晴らしいタイトルを、日本発売と同時に用意してくださって、日本の皆さんに、自信を持ってお届けできるようになったかな、と。

――吉田さんはTwitterアカウントも有名で、直接メッセージを送ってくる人も多いようですし、ゲームファンからのプレッシャーはかなりのものだったのではないですか?

吉田 そうですね。昨年、日本での発売日を発表したときには、「どうして日本だけ遅いんだ」とお叱りをたくさんいただきました。
 時間をいただいたのは、我々なりに一生懸命考えて、日本の皆さんがいちばん期待されるようなタイトルが、発売時から続けて出てくるようなタイミングで発売しよう、ということで、その準備をするためです。ただ、そのあいだに、欧米、アジアでの発売を経て、システムやネットワークサーバーなどの調整、改良を積み重ねてきました。ですので、日本発売時では、ゲームタイトルだけではなく、本体やネットワークの安定度なども含めて、すべて万全で、いちばんいい形で導入できたと思っています。そういう面では、自信を持ってロンチできたかな、と思います。

――今日のイベントについての感想もお聞かせください。かつてのゲームイベントとは、かなり趣が変わった印象を受けましたが。


PS4ロンチイベント使用/KO5_0905

吉田 そうですね。いつもですと、お店の前に人が並んでいて……という形でしたが、今回は、きちんとステージを作って、ネットワークを通じて、全国の皆さんといっしょに、同時に祝える。これは、いまの時代を象徴していると思いますし、そうやって楽しみを共有できるというのは、PS4のテーマとも通じることで、いいイベントにできたと思いました。

――タイトルラインアップについて、ロンチでは驚くほどの数が揃いましたね。

吉田 多いですよね(笑)。我々がPS4の開発でいちばん重要視したのは、ゲームクリエイターの方が開発をしやすいように、ということです。それは、「技術よりも、ゲームの楽しさそのものに時間をかけて開発できるように」という思いがあったからなのですが、その効果は非常に幅広くて。インディーの小さなデベロッパーの方々に「PS4でゲームを作ろう」と思っていただくことにまでつながりました。
 タイミング的に幸運なことに、世界でブームになっているインディーゲームが、PS4にどんどん出てくる、という流れを日本にも持ってくることができました。それで、昨年の19タイトルという発表(2013年9月9日のプレスカンファレンス)から、非常にユニークなゲームが続々と追加されるという結果になりました。

――そのロンチタイトルの中から、とくにオススメのものは?

吉田 やはり日本ならではということで、『龍が如く 維新!』は、個人的にも凄く楽しみにしています。また、全世界に先駆けての発売ですから、日本のユーザーさんが、PS4のSHAREを使って全世界に紹介してくださるような、そんな流れが生まれるのではないかと。それを考えると、とてもワクワクしますね。

――ワールドワイドスタジオのタイトルではいかがですか?

吉田 『KILLZONE SHADOW FALL(キルゾーン シャドーフォール)』、『KNACK(ナック)』、『RESOGUN(レゾガン)』は、ぜひ遊んでいただきたいです。とくに『RESOGUN(レゾガン)』は、PlayStation Plusのフリープレイで提供します。また、PS4をお買い上げいただいた方には、PlayStation Plus3ヵ月間のお試し期間をご用意していますので、PS4を購入してくだされば、すべての方が、『RESOGUN(レゾガン)』をダウンロードして、体験していただけます。PS4のグラフィックを使った、もの凄く贅沢な、おもしろいシューティングになっていますので、ぜひ遊んでみてください。

※PS4本体購入者向けPlayStation Plus3ヵ月利用権プレゼントキャンペーンは配信数限定。詳細は→コチラ
※『RESOGUN(レゾガン)』フリープレイ期間は2014年2月22日~2014年4月15日。