故・飯野賢治氏が残したテーマとは!? 謎のティザーサイトがオープン!

2014年2月8日、謎のティザーサイトがオープンした。

●“世界を解け!”というメッセージは何を意味する!?

 2014年2月8日、謎のティザーサイトがオープンした。ティザーサイトには、『KAKEXUN(カケズン)』というロゴと、意味深なメッセージがアップされている。


希代のクリエイター飯野賢治が
私たちに残したテーマ、
それは
世界を解け
世界を解くヒントは、この日明らかにされる。
2014年2月20日(木)
PRESS RELEASE


 果たして、『KAKEXUN(カケズン)』とはいったい何なのか? そして“飯野賢治氏が残したテーマ”とは?2014年2月20日の情報公開に注目しておこう。

飯野賢治(いいの けんじ)氏
1990年代中盤より、自身が設立したゲーム開発会社“ワープ”で『Dの食卓』シリーズや、『リアルサウンド ~風のリグレット~』などの先進的なタイトルをリリースして大きな話題を呼んだ、同時期を代表するクリエイターのひとり。2013年2月20日に高血圧性心不全で急逝した。享年は42歳。