『文字パズル ことだまーる☆』3文字以上の言葉を作っていくアクション文字パズルゲーム

シルバースタージャパンは、ニンテンドー3DSダウンロード用ソフト『文字パズル ことだまーる☆』を、2014年1月29日よりニンテンドーeショップにて配信する。価格は500円[税込]。

●言葉を作ってパズルでバトル

 シルバースタージャパンは、ニンテンドー3DSダウンロード用ソフト『文字パズル ことだまーる☆』を、2014年1月29日よりニンテンドーeショップにて配信する。価格は500円[税込]。

 本作は、文字の描かれた“コトだま”を入れ換えて、3文字以上の言葉を作っていくアクション文字パズルゲーム。コトだまを操って言葉を作ることで発生する魔法“コトダマホー”を使って敵を倒し、最強のコトだま使い“コトダマオー”を目指すことになる。

■ストーリー
コトダマホー……。それは、世界に溢れる魔力を、言葉にのせて操る魔法。いろいろな魔法の基礎となる、とっても大事な魔法だ。そして、人々はコトダマホーで競い合う。つまりそれが、この世界のルールなのだ! いまコトダマホー界の頂点である“コトダマオー”を目指し、少年または少女と、なんだか偉そうな杖の冒険が始まる。

■ゲームシステム
遊びかたはとっても簡単。ぷるんぷるんのコトだまをタッチで入れ換え、言葉を作りコトダマホーで敵を蹴散らしていくだけ。ほかにも“ひっさつ”など、楽しい要素が満載だ。

■メインキャラクター
選べる男女の主人公!

コトマル(声:間宮智明)
主人公のひとり。頭の中が“ジャクニクキョウショク”でいっぱいな、コトネの兄。強い何かに食べられるのがイヤで、最強のコトだま使いを目指している。が、言葉の勉強は苦手。こう見えても料理が上手。

コトネ(声:三角ゆい)
主人公のひとり。お菓子が大好きなコトマルの妹。マホーの杖のバウから聞いた“ジャクニクキョウショク”という野生のオキテにしたがって、最強のお菓子を手に入れるため、最強のコトだま使いを目指している。

バウ(声:佐藤 慧)
コトマルとコトネの育ての親。かつては“赤き魔狼”と呼ばれる恐ろしい魔獣だったが、いろいろなことがあり、杖に封印された。具体的に何があって封印されたのかは、一身上の都合により秘密だ。

■そのほかのキャラクターたち

アルフレッド
(声:佐藤 慧)
金持ち貴族アランの教育係をしている、クールなメガネ男子。むずかしい本を読むのが趣味で、いつも分厚い本を持ち歩いている。おかげで意外と筋肉質。人にものを教えるのは好きだが下手。

アラン
(声:三角ゆい)
金持ち貴族の上にコトダマホーの才能もありまくりのワガママおぼっちゃま。いつもクロネコを頭に乗せているのは、まわりをイカクするためかもしれない。ネコの体重は7キロと太り気味。くわえているアメの味は気分で変える。

アンジェラ
(声:嵩馬美歩)
カワイイものが大好きで、下品なものが大キライな金持ち貴族のおじょうさま。世界中のカワイイものを集めたキューティーランドをつくるのが夢。みずかららの手でかわいいものを生み出すため、マホーも勉強中だが、ちょっと不器用。

エリザベータ
(声:佐藤 慧)
アンジェラが作った用心棒のぬいぐるみ。マホーのチカラで動いたりしゃべったりする。作り手のちょっと不器用なところがいろいろな部分に表れていたりもするが、作った本人がかわいいと思っているし、がんばって作ったのでいいのである。

ピヨノスケ
(声:嵩馬美歩)
心はサムライのヒヨコ男子。サムライかぶれの言動がアランに受け、仲間というか手下になった。
しかし本人は剣の腕が買われたと思い込んでいる。新しい芸人探しが仕事となったいまでも……。

たなかサン
(声:間宮智明)
ゼリー状のナゾの生物。マホーのチカラがよどんでいる場所で、自然に生まれたのかもしれないし、違うのかもしれない。何を考えているかはナゾだが、何も考えていないのかもしれない。

ハナビ
(声:綾瀬マリア)
アンジェラのメイドをしている子鬼。ブルーの姉。明るく勝ち気で勝負が大好き。アンジェラのためにかわいいものを探しながら、誰かれかわまず何かしらの勝負を挑んでいる。

ブルー
(声:綾瀬マリア)
アンジェラのメイドをしている子鬼。かわいい外見をアンジェラに気に入られ、雇われることになった。メイド衣装は趣味ではないが、気が弱くて根が真面目なので、今日も一生懸命に働くのである。



(C)SilverStarJapan
※画面は開発中のものです。