大物ゲスト、登壇決定!

 すべてのエンタテインメントの原点を見つめなおし、来るべき未来へのエンタテインメントのあるべき姿をポジティブに考える会“黒川塾”。2013年12月26日に開催される“黒川塾(十伍)”において、ゲストとしてゲームクリエイター、鈴木裕氏の登壇が決定した。開催概要や、その他のゲストについてはこちらの記事をチェックしてほしい。

【ゲスト】プロフィール(敬称略)

■鈴木 裕 (すずき ゆう)

1958年6月10日生まれ。1983年株式会社セガ入社。アーケードゲームとして『ハングオン』『スペースハリアー』『アウトラン』『アフターバーナー』『パワードリフト』『G-LOC』など、ゲームセンターにおいて“体感ゲーム”というジャンルを確立し、数々の歴史に残る大ヒット作品を生み出す。1992年には初の本格3DCG作品『バーチャレーシング』を発表。以降3DCGゲームのパイオニアとして世界的に影響を及ぼす。1993年には社会現象を巻き起こした大ヒット作『バーチャファイター』を発表。同作品はアメリカのスミソニアン博物館粕にビデオゲームとしては初となる永久展示作品となる。マイケル・ジャクソン、スティーブン・スピルバーグ、など海外の著名人が鈴木裕氏をリスペクトしたことはゲーム業界では有名な逸話である。2003年にはAIAS主催サミットにて滴all of Fame(栄誉賞)、2011年にはGDCアワード パイオニア賞を受賞するなど、ゲーム業界代表するクリエイターの一人。2008年11月 株式会社Ys Netを設立し現在同社代表取締役社長。