2013年10月12日、『ポケットモンスター』シリーズの最新作となる、ニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター X・Y』がついに発売。大賑わいとなった東京・ポケモンセンタートウキョーの模様をリポートしよう。

●待つ日々は終わり、今日から冒険の始まり!

 2013年10月12日、『ポケットモンスター』シリーズの最新作となる、ニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター X・Y』がついに発売。大賑わいとなった東京・ポケモンセンタートウキョーの模様をリポートしよう。

 全世界(一部地域を除く)が待ち望んだ発売日とあって、日本各地でも、いちはやくソフトを手に入れたい人たちが店舗に殺到。ポケモンセンタートウキョーでも、通常の土曜日は午前10時オープンのところを、午前8時オープンに時間を早めて対応していた。それでも、午前7時ごろには、早くも約150人ほどの行列が形成され、オープン時間の午前8時には、200人を軽く越えるほどの人が集まっていた。

▲ニンテンドー3DSで遊んでいる人が目立ったが、なかにはポケモンカードゲームで遊んでいる人たちも。
▲午前7時30分ごろから、入場に向けて列の整理が始まった。人がどんどん増えていく!
▲オープン待ちのあいだには、なんと現在フランス・パリに滞在中のゲームフリーク・増田順一ディレクターがWeb中継で登場。集まったファンたちと会話をかわしていた。

 どんどん行列が伸びていく中、予定の午前8時より少し遅れて、いよいよポケモンセンタートウキョーがオープン。店内には、この日から新登場のデコレーションやグッズが多数用意されており、スタッフも新デザインのユニフォームでお出迎え。入店した人たちは、目を輝かせながら購入するグッズを選んでいた。
※関連記事:【『ポケットモンスター X・Y』新ポケモンのグッズがポケモンセンターに続々とお目見え、11月22日には“ポケモンセンタートウキョーベイ”もオープン

▲いよいよオープン!
▲エントランスでお出迎えするポケモンの中に、ケロマツが新登場。
▲とくに人気が高かったのは、ハリマロン、フォッコ、ケロマツのぬいぐるみ。なかでもフォッコに人気が集まっていたようだ。
▲列の先頭は、午前3時30分ごろから並んでいたというこの方。パイト先が近く、バイト終わりでそのまま並びに来たのだとか。
▲仲よしの女の子ふたり組。物心ついたころから自然と『ポケモン』が好きになったそうで、いまも『ポケモン』は大事な存在、とのこと。
▲お父さんといっしょに来店していた男の子。2バージョンとも買ってもらえるなんて、やさしいパパですね!

 最後に、ポケモンが発表したリリースより、量販店の模様も含めた初日の模様をまとめて紹介。みんなうれしそう!

【ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの様子】

【ポケモンセンタートウキョーの模様(公式画像)】