競技性の高いジャンルではキツいかもしれないけど、これはこれでアリな感じ

 Valveが先月末に発表した、ゲームコントローラー“Steam Controller”。そのプロトタイプ版(正式版では中央の4つのボタンがタッチパネルになる)のデモ映像が公開された。

 デモでは、『ポータル2』、『シヴィライゼーション5』、『カウンターストライク:グローバルオフェンシブ』、コントローラー非対応のインディーゲーム『Papers, Please』などをプレイ。アナログスティックの代わりに高解像度のトラックパッドを搭載し、マウスが向いているとされてきたジャンルでも高いパフォーマンスを発揮し、コントローラー非対応のゲームでも快適にプレイできるというSteam Controllerのコンセプトを実証している。
 実際見てみると、『ポータル2』や『カウンターストライク:グローバルオフェンシブ』のエイミング(照準を合わせる動作)はマウス同等のスピードとは言えないものの、これまでのコントローラーよりはそれなりにいい感じにプレイできそう。RTSでのデモなども見てみたいところ!