自遊空間 BIGBOX 高田馬場店に『ドラゴンクエストX』コンセプトルームが出現!

2013年10月11日、東京・高田馬場に居を構える自遊空間 BIGBOX 高田馬場店にて、『ドラゴンクエストX』コンセプトルームのオープニングセレモニーが行われた。

●『ドラゴンクエストX』の世界をリアルに再現した特別ルーム!

 2013年10月11日、東京・高田馬場に居を構える自遊空間 BIGBOX 高田馬場店にて、『ドラゴンクエストX』コンセプトルームのオープニングセレモニーが行われた。

▲店内は『DQX』の装飾で彩られていた。

セレモニーが始まると、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』(以下、『DQX』)のプロデューサー・齊藤陽介氏、コンセプトルームのプラニングと施工を務めた図書印刷株式会社執行役員・中嶋則雄氏、そして“スペースクリエイト自遊空間”の運営を務める株式会社ランシステム専務取締役・笠間匠氏が登場。それぞれ、コンセプトルームの完成について、関係各位や『DQX』ファンへの感謝を述べた。

▲コンセプトルームの除幕式。写真右側から齊藤氏、中嶋氏、笠間氏。

このコンセプトルームは、『DQX』のゲーム内に登場する“港町レンドア”をイメージして作られており、壁面には新大陸に向けて出港する大型船“グランドタイタス号”も描かれている。また、全6席用意された利用席にはそれぞれ窓が設置されており、そこにはゲーム内に登場する各種族の世界が広がっている。『DQX』の世界に包まれた中で、Windows版『DQX』を思う存分に堪能できるというわけだ。

▲ついにお披露目された、『DQX』コンセプトルーム。ここで遊べば、身も心も『DQX』漬けになれる!?

▲記念すべきひとり目のお客さん(?)として、齊藤氏がWindows版『DQX』をプレイ。「イスの座り心地がよすぎて寝ちゃいそう(笑)」と、プレイ環境のよさにも触れた。

▲スライムキーボードやスライムコントローラなど、周辺機器も『DQ』尽くし。

▲座席間のカーテンを閉めれば、じっくりとプレイに集中できる。

●オフ会がはかどる!? “スライムルーム”もお披露目!

 『DQX』コンセプトルームと同時に、かわいいスライムたちをフォーカスした“スライムルーム”もお披露目された。このスライムルームは、2名以上で利用できる個室のファミリールームとなっており、家族や友だちとゆったりした時間を過ごせる。『DQX』プレイヤーに限らず誰でも利用可能となっているが、もちろん『DQX』もプレイできる。また、室内だけではなく、外壁にも大きくスライムが描かれており、同店舗内でもとくに際立った外観となっていた。

▲インパクト特大な外観! 『DQ』ファンなら一度は中に入ってみたくなるはず!

▲こちらは内観。部屋のいたるところにスライムが散りばめられている。さらに天井を見上げると、モーモンがフワフワ。友だちと『DQ』談義に花が咲くこと間違いなしだ。

▲スライムルームには、大型テレビ1台と、『DQX』プレイ用のデスクトップPCが1台設置されている。複数人で『DQX』を遊びたいという人のために、ノートPCの貸出も行っている(最大4名までプレイ可能)。オフ会のときなどに便利そう!

▲自遊空間 BIGBOX 高田馬場店では、『DQX』コンセプトルーム、またはスライムルームの利用者(先着1000名)に、この限定版“自遊空間会員証 スライムVer.”をプレゼント中。欲しい人は急げ!

 なお、全国の自遊空間では、『DQX』のソフトやアカウントを持っていなくても、店舗利用料金のみで『DQX』をプレイ可能となっている(※一部利用不可な店舗もあります。詳細は【→コチラ】)。試しに遊んでみて、自宅で続きを遊びたいと思った場合は、正式版にキャラクターを引き継ぐこともできる。まだ『DQX』を遊んだことがない人はもちろん、すでにWii・Wii U・Windowsで遊んでいる人も、ぜひ一度足を運んでみてはいかがだろうか。



(c)2012, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.