●企画、制作及び運営を主体的に牽引するフラグシップレーベルとして設立

 角川ゲームスは、本日2013年9月26日に開催した“KADOKAWA GAME STUDIO MEDIA BRIEFING 2013 AUTUMN”において、KADOKAWA GAME STUDIOの設立を発表。第一弾タイトルとしてプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『NAtURAL DOCtRINE(ナチュラル ドクトリン)』、第二弾タイトルとしてプレイステーション Vita用ソフト『艦これ改 (仮題)』の制作が進行していることを明らかにした。

以下、リリースより抜粋。

■KADOKAWA GAME STUDIO 設立のご挨拶

角川ゲームスは、本年4月に創業5周年目を迎えることが出来ました。

振り返ってみますと、新しいゲームIP を生み出すという極上のやりがいと手ごたえを実感する5年間でしたが、これもひとえに、ユーザーの皆様や関係者の方々のご支援の賜物であり、スタッフ一同を代表し、心よりお礼申し上げます。今後も、テーマを持つゲーム会社として、いつも前を向いて歩み続けて行きたいと考えております。そのためには、企画、制作及び運営を主体的に牽引するフラグシップの育成が必要である。そんな想いで、今回、KADOKAWA GAME STUDIO を立ち上げました。

今後は、KADOKAWA GAME STUDIO にさまざまな経験知やノウハウを蓄積し、ゲームプロジェクトに取り組んでまいります。一方、制作につきましては、これまで以上に業界内外の俊英たちと力を合わせ、想いのこもった作品をユーザーの皆様にしっかりと届けてまいります。ご期待下さい。

KADOKAWA GAME STUDIO エグゼクティブプロデューサー 安田 善巳

■株式会社角川ゲームスについて
株式会社角川ゲームスでは、角川グループ各社の家庭用ゲームパブリッシング事業を担うとともに、「KADOKAWA GAME STUDIO」にてオリジナルタイトルの企画、制作等に取り組んでいます。グローバル化や多様化が進むゲーム市場への取り組みを強化していくことで、新しいゲーム市場の創造と、今後もユーザーの皆様に、より愛されるゲームをお届けすることを目指しています。

■KADOKAWA GAME STUDIOについて
多様化が加速するゲーム市場において、さまざまな経験知やノウハウを蓄積し、企画、制作及び運営を主体的に牽引するフラグシップレーベルとして設立。第一弾タイトル『NAtURAL DOCtRINE』(PlayStation 4 / PlaySation 3 / PlayStation Vita)、第二弾タイトル『艦これ改 (仮)』(PlayStation Vita)を発表。今後も、新たなるゲームプロジェクトの創造に向け邁進して参ります。