キミの小宇宙を燃やし尽くせ!! 対戦が熱い“プロデューサーさん いらっしゃい! 聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ”イベントレポート【TGS2013】

東京ゲームショウ2013の最終日である9月22日、格闘アクション『聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ』。ファミ通編集部のバサラ佐藤と本作のアシスタントプロデューサー・ジュネ月田さんがガチバトルをくり広げた!

●聖闘士たちが夢のバトルをくり広げる!

 東京ゲームショウ2013の最終日である9月22日、バンダイナムコゲームスブース サブステージにて、イベント“プロデューサーさん いらっしゃい! 聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ”が開催された。
 『聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ』は、10月17日に発売予定のプレイステーション3用格闘アクションゲーム。人気アニメ『聖闘士星矢』のキャラクターが多数登場する、ファンにはたまらない作品だ。
 今回のイベントでは、アシスタントプロデューサーのジュネ月田さんと、週刊ファミ通編集部のバサラ佐藤が本作にて対戦を行うという内容。イベントの司会および実況は、プロデューサーであるカプリコーン三戸氏が担当した。

▲司会および実況を担当した、プロデューサーのカプリコーン三戸氏。

▲アシスタントプロデューサーのジュネ月田さん(左)と、バサラ佐藤(右)。いま、戦いの火ぶたが切って落とされる!!

 注目の第1試合目は、ジュネ月田さんが“星矢”を、バサラ佐藤が“シュラ”をチョイス。ジュネ月田さんが空中コンボを決めるが、バサラ佐藤も負けじと反撃。エクスカリバー、そしてビッグバンアタック(超必殺技)で反撃。最後は投げ技でとどめを刺し、第1ラウンド目を制した。
 第2ラウンド目、バサラ佐藤の苛烈な攻撃を華麗に回避し、裏に回り込むジュネ月田さん。カプリコーン三戸氏は「小宇宙(コスモ)を使い、このように高速ムーブで相手の裏に回り込むこともできるんです」と本作のシステムに言及。これで勢いに乗ったジュネ月田さん、1ラウンド目のお返しといわんばかりにビッグバンアタックを決める。アニメさながらのペガサス流星拳で華麗に決着がつき、決着は第3ラウンドへ。

▲アニメと見まごうばかりの、大迫力のバトルを楽しめる本作。もちろん、原作ファンならニヤリとしてしまう技ばかりだ。

 そろそろお互いの手の内が見えてきたのか、これまでにないほど接戦をくり広げるふたり。なかなか大技を決められず、ジリジリと体力が削られていくなか、ジュネ月田さんが最後の攻撃を当てて勝利をもぎ取ったのだ!

▲その後も試合は続けられ、計3戦行われた。シャカ対ミロという、原作ではあり得ないバトルを楽しめるのもゲームならではだ。

 最後に、バサラ佐藤は「本作ではかなりの数の聖闘士が登場するとのことで、好きな聖闘士も使えそう。発売が楽しみです」とコメント。ジュネ月田さんは「本作はポセイドン編、ハーデス編が収録されていますので、ぜひお楽しみに!」と本作の特徴をアピールした。
 短時間ではあったが、本作の魅力の一部を十二分に楽しめる内容であった。原作ファンは、ぜひとも本作で小宇宙を燃やし尽くしてほしい。

▲ストーリーモードや限定BOXについても軽く紹介された。ファンはいますぐ予約するべし!!

(取材・文:ライター/喫茶板東)