2013年8月30日に行われた初音ミクの複合型イベント“初音ミク「マジカルミライ2013」”のリポートをお届け。

●初音ミクのこれまで、そして未来を感じられる一大イベント!

 2013年8月30日、神奈川県の横浜アリーナにて、初音ミクの複合型イベント“初音ミク「マジカルミライ2013」”が開催。初音ミクのイベントとしては過去最大規模の催しで、約15000人のファンが訪れた。

 このイベントのテーマは、“本気(マジ)なコンサートと初音ミクの文化(カルチャー)とこれまでと未来(ミライ)”。 会場は“マジ・エリア”、“カル・エリア”、“ミライ・エリア”の3つのエリアに分けられ、各エリアでさまざまな催しが行われた。

▲クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之代表取締役社長。“初音ミク「マジカルミライ2013」”が、来場者が“創作”に参加するきっかけとなることを願って企画したことを語った。

●ミライ・エリア

 ミライ・エリアには、物販コーナーのほか、セガやソニーグループ、グッドスマイルカンパニー、ファミリーマートなど、初音ミクに縁のある企業のブースが設けられた。

 このエリアでは、ニンテンドー3DS『初音ミク Project mirai 2』(2013年11月28日発売予定)、『初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone』(今冬稼働予定)、『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- F 2nd』(2014年春発売予定)など、期待の新作ゲームがプレイ可能で、各コーナーには長い行列ができていた。なお、これらのゲームのプレイリポートは、後ほど掲載する予定なので、お楽しみに。

●カル・エリア

 カル・エリアでは、初音ミクのこれまでの歴史や、著名イラストレーターによるイラスト、フィギュアやグッズの数々が展示されていた。また、来場者が参加できるワークショップも開催。“創作”のおもしろさを伝える、作曲講座や塗り絵講座などが行われた。

▲CHAN×COさんデザイン おおきい!フィギュア。ルカは今回初登場。

●マジ・エリア

 マジ・エリアで行われたのは、セガが手掛けるコンサート。18歳以下優先の昼公演(3900人)と、夜公演(10000人)の二度にわたって行われた。ここでは、昼公演の模様をお届けする。

 以下のリポートには、ミクの衣装やセットリストなど、多くのネタバレが含まれるため、なお、2013年8月31日(土)に行われるワールドワイド・ライブビューイングに参加する予定の人は、注意してほしい。
※ライブビューイングの詳細は→こちら

 公演は、「Sweet Devil」からスタート。ミクの衣装は『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- f/F』で登場した“ハニーウィップ”だ。この後、「二次元ドリームフィーバー」、「キャットフード」、「からくりピエロ」、「ありふれたせかいせいふく」、「どうぶつ占い」、「深海少女」と歌が続き、この間、ミクは曲ごとにお着替え。中には、今回が初披露となる衣装もあった。

▲「Sweet Devil」
▲「二次元ドリームフィーバー」
▲「キャットフード」
▲“初音ミク「マジカルミライ2013」”メインビジュアルの衣装をきたミクがステッキを振ると、衣装が変わる……という演出も。
▲「からくりピエロ」。今回のコンサートでは、このようにメインステージの上部に3つのスクリーンが並び、曲の世界観を表現する映像が流れた。また、ステージ左右にはふたつのスクリーンが用意され、歌うミクの姿が映し出された。
▲「ありふれたせかいせいふく」
▲「どうぶつ占い」

 ここで、ステージに当たるライトの色がピンクに切り替わり、ルカが舞台袖から登場。ファンはピンクのサイリュームでルカを迎えた。ルカが「Hello, Worker」を披露すると、つぎはステージのライトが青と黄色に。KAITOとレンが登場し、「erase or zero」でファンを魅了。会場は青と黄色のサイリュームで埋め尽くされた。ふたりが去ると、今度はMEIKOの出番。会場は赤一色になり、MEIKOは大人の魅力たっぷりに「ピアノ×フォルテ×スキャンダル」を歌った。

 MEIKOの退場後、ステージに沈黙が下りたが、ファンはまだ登場していないリンの歌を期待し、「リンちゃーん!」と呼びかけ。すると、期待に応えてリンが登場! レンも再び現れ、デュエット曲「スキキライ」を歌い、会場は明るい黄色で包まれた。この歌の後、ふたりにミクが合流し、トリオ曲「shake it!」がスタート。「oh yeah!」のかけ声で、会場は一体となった。なお、この曲の冒頭でレンが華麗なバク転を披露するシーンがあり、記者は思わず見入ってしまった。

▲「erase or zero」
▲「ピアノ×フォルテ×スキャンダル」
▲「スキキライ」

 曲が終わると、リンとレンは退場。ひとり残ったミクは、「Last Night, Good Night(Re:Dialed)」をしっとりと歌い上げた。

 この後は、ルカが「Leia」、リンが「東京テディベア」、ミクが「アンハッピーリフレイン」を、ギターを片手に熱唱。クールな姿で魅せてくれた。

▲「Leia」
▲「東京テディベア」
▲「アンハッピーリフレイン」

 続いて、ミクが「glow」を歌い、コンサートはいよいよクライマックスへ。Google ChromeのCM曲としておなじみの「Tell Your World」、ミクの生誕5周年を祝って作られた「39」と、2012年に生まれた名曲が続く。最後を飾るのは、やはり2012年に生まれた『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- f/F』のテーマソング「ODDS & ENDS」。全身を使ってこの曲を歌い上げるミクに、ファンは大きな声援を送った。

 そして迎えたアンコールでは、ミクがマジカルミライTシャツを着て登場。アンコール曲は『初音ミク Project mirai』のテーマソングである「ゆめゆめ」。会場は歓声で包まれ、昼公演は幕を閉じた。

■昼公演セットリスト
「Sweet Devil」八王子P
「二次元ドリームフィーバー」PolyphonicBranch
「キャットフード」doriko
「からくりピエロ」40mP
「ありふれたせかいせいふく」ピノキオP
「どうぶつ占い」すこっぷ
「深海少女」ゆうゆ
「Hello, Worker」KEI
「erase or zero」クリスタルP
「ピアノ×フォルテ×スキャンダル」OSTER project
「スキキライ」HoneyWorks
「shake it!」emon
「Last Night, Good Night(Re:Dialed)」livetune
「Leia」ゆよゆっぺ
「東京テディベア」Neru
「アンハッピーリフレイン」wowaka
「glow」keeno
「Tell Your World」livetune
「39」sasakure.UK×DECO*27
「ODDS & ENDS」ryo(supercell)

<アンコール>
「ゆめゆめ」DECO*27

■夜公演の写真もお届け!

 10000人のファンが持つサイリュームで、横浜アリーナが美しい緑の海になった夜公演。昼公演の曲目に加え、下記の3曲が演奏された。

「Weekender Girl」kz (livetune) × 八王子P
「FREELY TOMORROW」Mitchie M)
<アンコール>
「1/6 -out of the gravity-」ぼーかりおどP(noa)