ゲームを愛し続ける生きかたを強く肯定する連続テレビドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』が放送決定

2013年10月4日(金)深夜0時52分より、テレビ東京、テレビ大阪ほかにて“ゲーム”を題材にした連続テレビドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』が放送されることが決定した。

●連続テレビドラマ単独初主演・田中圭×豪華制作陣で挑む連続ドラマ

 2013年10月4日(金)深夜0時52分より、テレビ東京、テレビ大阪ほかにて“ゲーム”を題材にした連続テレビドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』が放送されることが決定した。以下、リリースより抜粋。

【タイトル解説】
ノーコン・キッド=ワンコイン(ノーコンティニュー)でゲームをクリアーする人物

【企画意図】
あれだけの“熱”と“出会い”があった“物語”の舞台だった“ゲーセン”。1980年代に思春期を過ごした世代にとって、“ビデオゲーム”という存在は、まだ当たり前ではなく、毎日のように驚きがあふれた正真正銘の“未来”があった。ゲーセンから始まった“ビデオゲーム”はその後、家庭へ、そして個人にまで浸透していく。2013年、ゲームという文化が我々の生活に根付き始めて30年余り。あのころと現在をつなぐ手に汗にぎるゲームの“物語”を作るのはいましかない。いまやハリウッド映画にさえ、“ゲーム”文化は影響をあたえている。“ジャパニメーション”や“クールジャパン”といったかたちで持ち上げられているさまざまな日本文化の中で、きちんと総括されていない“ゲーム”文化をここでもう一度、しっかり“ドラマ”として現在の文化と繋がっていることを物語にしたい。それは、あのころから、当たり前のように“ゲーム”を楽しんで大人になったぼくらの世代にとって“ゲーム”への恩返しとなるようなみんなの、そしてある種極私的な“物語”を。そんな想いから生まれた物語がついにドラマになりました。

【あらすじ】
2013年。渡辺礼治(45)は、かつてゲームセンターを営んでいた実家を訪れ、親友の木戸や憧れの女性・高野との出会いを思い出していた。1983年、礼治の父親が実家で始めた“ゲームセンターわたなべ”には近所の子どもたちはもちろん、仕事中のサラリーマンまで集まり大盛況。同級生の木戸(15)も毎日通い、小遣いの大半を遣ってゲームの腕を競っていた。そんな中ゲームにはあまり興味のないレイジだったが、見たことのない美少女・高野がゲームをしている凛々しい姿を見て遅ればせながらゲームに手を伸ばし、ひょんなことから、木戸とゲームで対決することとなる……。1983年~2013年。3人はゲームと出会い、楽しんで、人生のさまざまな壁にぶつかりながら、ときには悩み、ときには喜び成長していく。

【キャスト&スタッフ】
主演には映画・ドラマ・舞台と幅広い活躍を見せる実力派俳優の田中圭。連続ドラマ単独初主演として挑む本作で、その確かな演技力とともに15歳~45歳という幅広い年齢を演じます。原案及びシリーズ構成は、『カウボーイビバップ』、『交響詩篇エウレカセブン』、『鉄拳 BLOOD VENGEANCE』の佐藤大。 演出は、『平成仮面ライダーシリーズ』、『アキバレンジャー』など数多くの特撮作品を手掛けファン層から厚い信頼を得る鈴村展弘を始め、『モテキ』で日本アカデミー賞“優秀編集賞”を受賞した石田雄介、 独自の世界観で観客を魅了する『パビリオン山椒魚』、『乱暴と待機』の冨永昌敬、『南極料理人』、『横道世之介』などでその実力をいかんなく発揮している沖田修一、『イエローキッド』で鮮烈な長編映画デビューを果たした新鋭、真利子哲也が参加。 脚本は、原案の佐藤大のほか、Theatre劇団子の石山英憲、関西演劇界の雄ヨーロッパ企画の上田誠、数々のテレビドラマの脚本を手掛ける森ハヤシ、2008年岸田國士戯曲賞を受賞、五反田団主宰の前田司郎。 企画ブレーンとして、あの『ゲームセンターCX』の仕掛人酒井健作が加わり作り出す、日本が世界に誇る文化“ビデオゲーム”の歴史と同時に成長していく少年少女の物語にどうぞご期待ください。

【主演・渡辺礼治役:田中圭コメント】
ゲームのCMでデビューしたこともあり、この作品に関われてとてもうれしいです。進化してくゲームとともに、礼治がどう変わってどんな人生を送るのか。15才からの30年を演じます。そのとき、そのときの流行や、友だちとの関係性も変化してくのが魅力的な作品だと思います。毎週楽しみにしていてください!

【テレビ東京プロデューサー・五箇公貴コメント】
30代以上の男子にとって、ビデオゲームは懐かしい日々の想い出の象徴として記憶に残っています。ゲーセンで対戦した日々、家でレベル上げをした日々……。僕らの生活の中には必ずビデオゲームがありました。今回のドラマは礼治、高野、木戸という3人がゲームと歩んだ30年の人生を描きます。受験、恋愛、就職といった誰しもが経験する人生のイベントに3人がどう向き合って、それを乗り越えていくのかを実在するビデオゲームを通じて描こうと思っています。いちばん中心に描いている年代は1983年から90年代中盤。涙が出るような懐かしいゲームがたくさん出てきます。もちろん出てくるゲームはすべて実物、実名です。企画を実現するにあたり、アーケード、コンシューマーを問わずたくさんのゲームメーカー様にご協力をいただきました。 テレビ番組の非常にタイトな制作スケジュールの中、番組サイドの無茶なお願いに本当にご尽力いただきました。そこで感じたのは皆さんの純粋な“ゲームへの愛”でした。番組のタイトルは『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』。番組では大きな意味でのゲーム史をなぞっては行きますが、あくまでも礼治、木戸、高野という3人の極私的ゲーム史です。ゲームに対する想い出はプレイヤーの数だけ存在します。もちろん僕のゲーム史とも違います。なので、「あれが出ていない!」と思われる方もたくさんいらっしゃるとは思います。ですが、あくまで3人のゲーム史ということをご理解いただければと思います。ゲームメーカー関係者ならびに視聴者皆さんひとりひとりが思い描くゲームへの愛を汚すことなく、最高のドラマにするべく尽力したいと思っております。ぜひ、お力添えよろしくお願いいたします。

【原案・佐藤大】
1969年生まれ脚本家。 放送作家や作詞家、音楽ライターとしても活動。秋元康主宰のソールド・アウト、田尻智のゲームフリークを経て、現在はストーリーライダーズ(株)の代表。
<手掛けたアニメーション作品/一部>
カウボーイビバップ(1998年)舞台設定、脚本
交響詩篇エウレカセブン(2005年)シリーズ構成、脚本
鉄拳 BLOOD VENGEANCE(2011)脚本

タイトル:ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~
放送日時:2013年10月4日(金)放送開始・毎週金曜深夜0時52分~
放送局:テレビ東京、テレビ大阪ほか
原案:佐藤 大(ストーリーライダーズ)
監督:鈴村展弘、石田雄介、冨永昌敬、沖田修一、真利子哲也
脚本:佐藤 大、石山英憲、上田 誠(ヨーロッパ企画)、森ハヤシ、前田司郎
主演:田中 圭
製作著作:「ノーコン・キッド」製作委員会