オンラインFPS『スペシャルフォース2』は8月に4週連続アップデートを実施。新キャラクターや新マップが実装される。

●変革の夏、『SF2』の夏

 オンラインFPS『スペシャルフォース2(以下、SF2)』では2013年8月に4週連続アップデートを実施する。“『SF2』史上最強のアップデート”と銘打っており、これまでとは雰囲気が大きく異なるコンテンツが多数実装される。

 これまでの『SF2』は硬派なアップデートが主流だった。今夏は間口を広くできるアップデートを行い、コアなFPSプレイヤーだけでなく、FPS初心者が始めやすいタイトルにするフェーズに入ってきたと言える。そのプランのひとつが2013年7月10日に実装された“ヒーローモード”だ。FPSにMOBAやAOSの戦略性をプラスしたモードで、対戦ゲームが苦手な人でも遊びやすくなっている。

 変革のときを迎えようとしている『SF2』の8月のアップデートをまとめて紹介する。

▲大半のゲームモード(左)では特殊部隊どうしによるリアルな戦闘が楽しめるが、ヒーローモード(右)はSF的な世界観のなかで戦闘を行う。

●怒涛の4週連続アップデート情報を初公開!

【1週目 常夏】
 最初のテーマは“常夏”。女性キャラクター・Rita.Iの待望の新アバターと新マップ“ヘビーサマー”が実装される。

 Rita.Iの新アバターはニット系素材のハーフトップ(ビキニタイプ)とデニムのショートパンツ。ハーフトップのニットの繊維質まできっちり再現されていたり、腰つきが妙に艶かしかったりと、グラフィック担当者の執念を感じてしまう作り込み。従来のRita.Iの体型はやや男っぽかったが、この夏服バージョンはかなり女子力が上がっている。実際、腕や脚が少し細くなっているのだそうだ。とはいえ、当たり判定に変化はないので、ゲームバランスに影響はない。ひと安心。

▲デニムの質感もよくできている。よく見ると裾に微妙な隙間があるのもいい。取材時にスクリーンを凝視したのだが、衣装の作り込みを確認するためであって、やましい気持ちはない。

 ヘビーサマーは、既存マップ“ヘビーレイン”をベースにしており、森のなかのリゾート地のような作りになっている。マップの形自体に変化はないが、視界が雨が上がって視界が開けているため、敵の位置を目視しやすいのが特徴。

▲ウォータースライダーのようなオブジェもあるが、さすがに滑ることはできない。ゲーム終了時に「うわ~!」という叫び声が聞こえるとのこと。
▲通常のヘビーレイン(左)と比べると、これだけ雰囲気が違う。
▲第1週目には新武器“QBZ97 Tempest”も追加される。龍が巻きついており、龍の口が照準になっている。

【2週目 海賊】
 2週目のテーマは“海賊”で、海賊帽や眼帯といったアバターが実装される。投擲武器の“黒髭の爆弾”はボーリング玉大の爆弾で、両手で持って下手投げで投擲する。なぜわざわざ新モーションを作り起こしたのか、なぜ海賊なのか、という理由は、運営プロデューサーの佐野亘氏にもわからないらしい。

▲“バーソロミューの帽子”、“バッカニーアの眼帯”、“黒髭の爆弾”を装備。バーソロミューとバッカニーアは実在した海賊の名前だ。
▲“銀鉱の髑髏”を装備した姿。夜中に突然これが出てきたら泣く。

【3週目 帰ってきたカルマ】
 オンラインFPS『戦場のカルマ』で人気の高かったチームデスマッチ用マップ“ベースキャンプ”が『SF2』に実装される。『戦場のカルマ』は『SF2』と同じく韓国Dragonfly社が開発し、NHN PlayArt(当時の社名はNHN Japan)が運営していたタイトル。『SF2』のクローズドβテストがスタートする直前の2012年5月1日にサービスを終了したということもあり、そのまま『SF2』に流れるプレイヤーも多かった。

▲左は『戦場のカルマ』、右は『SF2』のベースキャンプ。雰囲気は異なるが、マップの形は同一。

 佐野プロデューサーは『戦場のカルマ』の担当を経験したこともあって思い入れが強く、オフラインイベントで「『スペシャルフォース』のマップは入ってるけど、『戦場のカルマ』のマップは実装されないんですか?」という意見も多かったことから、企画したのだと言う。佐野プロデューサーが「Dragonflyも『戦場のカルマ』が好きなんだと思います」と語るほど、実装はスムーズに進んだとのこと。

▲中央のスペース、階段を降りた先の地下施設、外壁の外側の通路がおもな戦場になる。

【4週目 新女性キャラクター】
 夏服が実装されたRita.Iに続き、第4週目にはふたり目の女性キャラクターが実装される。中国の運営会社からDragonflyに「Rita.Iは男っぽすぎるから違う女性キャラクターを開発してほしい」と提案があり、実装されることになった。腰が細くて位置も高く、顔が小さいというモデル体型。キャラクター名は実装直前に発表される予定だ。名前はスタッフから取るつもりらしい(キャラ名をスタッフから取るのは『SF2』の伝統)。

 このほかに、AIモードのマップに“デザートキャンプ”が追加され、初めてサイレンサー付きの銃が実装される。

▲衣装はショート丈レザージャケットとダメージデニムのショートパンツ。
▲下から見るとわかるのだが、インナーはブラトップではなくカットオフしたタンクトップだった。走ったら大変なことにならないか? 揺れるかどうかは確認中とのこと。

 また、2013年8月24日(土)には最強のクランを決定するオフライン大会“スーパーリーグ 2nd シーズングランドファイナル”が開催される。ベテランにもルーキーにもうれしい今夏の『SF2』の動きに注目しよう。