初音ミクと同じ世界に入れる“Mikulus”などが集結! 話題のVRデバイス“Oculus Rift”の体験イベントが開催

3D世界に没入できるVRデバイス、“Oculus Rift”。国内の開発者有志による体験イベントが、8月4日と10日に秋葉原で行われる。

●ゲーム体験にもう一度魔法をかけるRiftを遊んでみるしかないでしょ!

OculusRift_1

 Oculus VR社のVRデバイス“Rift”は、ヘッドトラッキングセンサーつきの3Dヘッドマウントディスプレイ。プレイヤーの頭の動きにゲーム世界の視界が追従する、VR(仮想現実)体験が手軽に構築できるのが特徴だ。

 現在は開発用キットのみの販売ながら世界中で大きな話題を呼んでおり、ゲーム世界を自分の足で歩けるデバイス“Omni”(本誌では体験リポートを掲載済み)など、Riftと合わせて使うことでさらに効果を高めるVR機器や、果てはRift対応アダルトゲームの開発に至るまで、さまざまなプロジェクトが世界中で展開中。

 そして、そんなRiftに魅せられた国内の開発者有志による“Oculus Festival Japan”(OcuFes)が、8月4日と10日に秋葉原のハンバーガーショップ“RM burger&break”の一角を借りて行われる。
 当日はGOROman氏制作の、初音ミクと同じ世界に突入してタッチできる“Mikulus”や、warapuri氏による「進撃の巨人」にインスパイアされた立体機動ゲーム“Titan”など、その威力を体感できる専用ソフトをRiftでプレイできるとのこと。


 Riftで遊ぶのは、ドット絵の向こうに本当にモンスターがいる気がしたあの頃の感覚、レースゲームを初めて遊んでつい身体を傾けた時の感覚に匹敵する、“ゲームの魔法”を味わえる全身体験。百聞は一Riftにしかず、未体験の人はぜひこの機会に体験してみてほしい。

 なお開催時間は8月4日が午後4時から午後10時、8月10日が正午から午後10時まで。両日とも入場締め切りは午後9時30分ごろを予定している。また、店内が一杯になってしまった場合は、入場を待ってもらう可能性もあるとのこと。
 入場料は無料だが、せっかくなのでここはハンバーガー(メチャウマとの関係者談)やドリンクを注文し、お店のご好意に応えつつ、エネルギー充填してVR世界にダイブしよう。